excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Colorado High Country 1200 レポート ルート
 Colorado High Country 1200(CHC1200)は、Colorado州のRocky Mountain Cycling Clubが主催する1200kmブルベです。今年で2回目の開催です。このクラブではもう一つLast Chance 1200(LC1200)というのを長く開催しています。LC1200はColorado州のDenver郊外Louisvilleから東に600kmの往復コース。それに対してCHC1200は同じLouisville出発で北西、米ロッキーマウンテンの高地を走るブルベです。ルートの75%くらいが標高2000m以上の高地、毎日3000m前後の峠を超えます。といっても、Denver自体が1500mの標高にあり、累積標高差的には他のブルベと同程度と思われます。

 今年、募集50人に対して、最終出走者は42人。仮眠場所も決まっており1日の走行距離とかの自由度は少ない反面、殆どの人と顔を合わせるし、スタッフも一緒の仮眠場所を移る人もおり、アットホームな感じで最終的に皆お友達状態です。走るのは苦しかったけど、楽しい4日間でした。話を簡単に終わらせるのはもったいないので思いつくままゆっくり書いていきたいと思います。

 ルートですが、今年は、山火事の影響があり直前までルート変更があり、なお、当日も予備のルートを配っていたという状態でした。最終的に走ったルートは、直前に投稿したルートです。問題は標高。とにかく高いところを走るので高山病対策に水分補給が重要。登りは斜度はそれほどではないがとにかく長い、15km~50kmくらいの単調な登り、そして最後は100km下り基調の区間もある。

 補給はキューシートに書かれた所意外、まず不可能。夜間営業しているお店は殆どなし。携帯は街中でも使えないところも多く、3G接続に至ってはLaramie,  Saratoga, Steamboart Springsくらいでしか使えなかった。世の中何が起きてるか全然分かりませんでした。

 景色は、背の低い木だけが広がるうねった平地と峠をただただひたすら走るルート。普段見ることのない景色、普段感じることの無い標高の中を走る。気温は最低気温数度から最高気温は35度くらいまで上がり、非常に気温差があり、さらに山岳ということもあり、天候も変化が激しい。今回雨は殆ど降られなかったが、数時間毎に変わる風に翻弄された。
e0059231_1201878.jpg

今回のルートは、山火事の影響で2日目の前半の難易度が下がったおかげで走りやすくなり、完走率も上がったと思われます。といっても2日目全体の標高差は変わらなかったことから、後半かなり皆苦しみました。最終案前のRocky Mountain National Parkの標高3800mを超えるルートだったら完走できたか分かりません。

次は参加権獲得とか装備について書いておきたいと思います。

という感じで、しばらくレポートは続きますが、お付き合いください。

続く
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2012-07-15 12:05 | Colorado High Countr
<< Colorado High C... CHC1200 またまたルート変更 >>