excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Colorado High Country 1200 即席高地トレーニング
CHC1200はとにかく高地を走る。

普段の標高が250mくらいの所、スタート地点で既に標高1500m。
スタート地点は陸上とかの高地トレーニングで有名なボルダー郊外。2日目の仮眠コントロールはSteamboat Springs。この冬スケートの国際試合があったところで、日本選手が高地のため力を出し切れなかった所。そんな所を仮眠所に指定して、さらに上の山間部を走るわけで、普通じゃないですね。考えただけで心臓がどきどきしてきます。問題は高地にどう体を慣らせるか。ということで、半日強化訓練してきました。まぁ、すぐに体が慣れる訳じゃないので、やらないよりはましという程度です。

高地ではとにかく水を飲むこと。これが、高山病対策の始めの一歩です。

昨年標高2600mのDillonで湖の周りを軽くサイクリングして、それから数時間滞在しました。
今回も場所は同じだが、1日早めに着いたことで、昨年車で通り過ぎたLoveland Passに自転車で登ることにしました。何故って?やはり自転車乗りなら高い所に登らなきゃね。こんな高さ日本では富士山しかありませんからロードバイクじゃいけない高さです。標高差は15kmで1000mほど。峠の頂上は3600m。森林限界を超えて、富士山の標高に手が届きそうな高さです。そんな所を舗装路で自転車で登っていくわけです。高いと言ってもスタート地点も高いので標高差1000m。それほど驚く登りではありません。ちなみに、CHC1200の最高地点がSnowy Rangeの3300m(予備ルートだと3800mの峠を越えます)。自分の体調の確認、高地を想定するには良い峠です。名前も良いしね。
e0059231_1042615.jpg

朝8時。昨夜の雨で路面が濡れているが、太陽をが顔を出し始め良い天気になりそうな予感。
e0059231_2183158.jpg

デンバー近郊は本当に良い天気。
e0059231_2192535.jpg

e0059231_224844.jpg

e0059231_2195786.jpg

自転車のウェアに着替えて、ハイウェイをさらに西に進む。途中Idaho Springsでボトルに入れる水と朝食を取る。
e0059231_2203342.jpg

ここから北米の舗装路最高地点にMt Evanceにも行けるのだが、それは後のお楽しみ。
Dillonに向けてさらに進む。
e0059231_2211325.jpg

雲行きがちょっと怪しくなり雨もぱらつき始めたが、大きなトンネルを越えると雨は無くなっていた。

モールの駐車場に車を停めて出発準備。観光地だと思うが、モールがあり無料で車が止められるのはありがたい。いざ出発。始めはバイクトレイルで湖畔を流す。
e0059231_2214125.jpg

風は向かい風。自転車に乗っていれば、追い風の時もあれば向かい風もある。まぁ、仕方が無い。そして峠の方に向かうが、しばらくはバイクトレイルでのんびりサイクリング。残念なのは曇っていて景色が昨年ほどきれいではなかったこと。10kmも走ったところで、いよいよLoveland Passに向けて州道6号線に乗る。

最初からコンスタントに登っていく。10%超とかいう坂は無いが、ひたすら淡々と登らされる。
e0059231_2231269.jpg

トレーニングに走っていると思われるロード乗りにばんばん抜かれる。体慣らしで走っているのでそれほどプッシュしているわけではないがちょっとへこむ。いつでも引き返せると思って登り始めたが、引き返す決断ってすっごく勇気がいるなと思った。
e0059231_2234450.jpg

休憩を入れながら、軽々と登る人を見ていると、こんな峠を毎日走れるなら強くなるだろうな思った。登り始めて2時間以上、時間はかかったが無事到着。登りは苦手だけどやっぱり登りきった景色は良い物です。
e0059231_2275444.jpg

峠の頂上では記念撮影大会。どこの世界も同じです。やっぱり皆苦労して登ってきたのね。
e0059231_2245230.jpg

峠では、同じバイク乗っていたというアメリカ人に話しかけられた。でも今はもってないって。何故かって聞いたらC50買うのに売ったらしい(ちなみに今乗っているのはColnago C40というバイク。古いですが有名なものです)。そんな話をした後、帰りはダウンヒル。今回は15kmほどの下りだが、CHC1200では最後は100km近い下りがある下りも経験できたのは良かった。
e0059231_2265366.jpg

長いダウンヒルも経験できたので、結構有意義な時間が過ごせた。そして、車を止めたモールで食料を買い込み、ホテルに向かった。デンバー郊外の風景。
e0059231_2254017.jpg

今日はスタート地点のホテル伯。CHC1200に向けて寝だめ、夜まで部屋でごろごろしてた。

夕方はにまた夕立。外を見るとウサギが雨の中動こうともしてなかった。
e0059231_2285381.jpg

走行距離 52.5km
走行時間 3時間30分(実走行時間3時間)
最高速度 62km/h

登坂区間 13.7km
標高差  1024m
登坂時間 1時間40分
最大斜度 8%

翌日は、CHC1200の荷物をフルに積み込んで近場のサイクリングとチェックインです。

CHC1200が終わったら片道45km、標高差2000mのMt Evans(標高4300m)か、標高3800mのRocky Mountain National Park内を自転車で登りたいな思ってました。でも、走り終わった翌日はもう自転車に乗って山登りする気になれませんでした。これはまた次回のために・・・、って次回があるのか(笑)?!

続く
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2012-07-20 10:08 | Colorado High Countr
<< Colorado High C... Colorado High C... >>