excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Colorado High Country 1200 プリ・ライド~チェックイン
 前日、ホテルに入ってからすべての荷物を自転車に積み込んでみた。あらかじめ作っておいたリストに従って、ドロップバッグも3日分の着替え、補給食などそれぞれ袋に入れて当日悩まないように分類。そして、共用の予備パーツとか、湿布類、充電器関係など持っていることを確認した。キャメルバッグも水を満たして重さを確かめた。いまさら変更しようは無いのだが・・・。

 翌日、朝食時ブルベ参加者と思われる人たちが沢山いたが、挨拶を交わす程度、これが、走り終わった頃には皆友達になるんです。朝ホテルの周りを散歩したが、なかなか良い天気。
e0059231_10162835.jpg

午後のチェックインの前に今日やることは、フル装備での走行テスト。主催者のお勧めのエルドラド・スプリングの25kmを走ることにしました。なぜこのルートかって?エルドラドって何か響きが良いじぁないですか。
e0059231_10164379.jpg

朝9:00雲も出てきたこともあり早めに走り始める。やはりこちらでもトレーニングで走っている人が沢山。自転車人口の多さを感じる。フル積載の自転車は、去年よりは軽量化しているはずではあるが、結構重たい。こんなんで大丈夫なのかとちょっと不安。
e0059231_1017205.jpg

エルドラド・スプリングに向かう道に入るよなかなか良い感じの風景。ここでも向かい風・・・。
e0059231_10174449.jpg

そして、舗装路の終点。何か先に行きたくなるような雰囲気。
e0059231_10182798.jpg

砂利道なので自転車を押してしばらく歩きました。
e0059231_101924.jpg

この間も先に進んでいく車が沢山。ちょっと秘境っぽくてもっと先に行きたかったが、雷も鳴り始めたので、ちょうどあったロータリーのところで記念撮影して引き返しました。
e0059231_10391330.jpg

帰り道も景色の良いところではちょくちょく止まっては記念撮影。
e0059231_10193431.jpg

誤算は、ホテル直前が思いのほか登りが長かったこと。
ホテルに戻って、シャワーを浴びて中華で昼食。
e0059231_1020988.jpg

e0059231_10204440.jpg

ホテルに戻って、翌日のことを考えてチェックインまで昼寝。ここで、日中の水分補給が少なかったのか起きると頭痛。水を沢山飲んでしばらく横になっていたらよくなってきた。高山病は2500m以上と聞いてが1500mのDenverでも場合によっては影響あるんだと体験。

夕方3:00受付+車検。ホテルの入り口の所で主催者のJohn一人で行っている。他のお客さんに迷惑にはならないんだろうか。ちょっと心配になります。
e0059231_10212588.jpg

名前を言って、フロント・テールライト、反射ベスト、反射アンクルバンドの確認、そしてキューシートとブルベカードをもらっておしまい。車検はバックアップ用のライトを確認された他は実に簡単で普通の200kmとかのブルベと変わらない感じだった。
e0059231_1022924.jpg

前と後ろの人が別々に回せるタンデムの参加者もいた。
e0059231_102244100.jpg

そして、カナダの鉄人、ケン・ボナー。もう60才台後半と思うが、年4~5回1200kmブルベを走り、しかもベスト3あたりでいつも完走している人です。私がブルベ走り始めた頃から知っている人ですが、全然スピードが衰えません。彼の歳になるころにはあんなふうに走れるんだろうか・・・。無理だろうなぁ。なんせ、600kmの途中でフルマラソン走っても他の人より早いなんて逸話がある人ですから。
e0059231_10234174.jpg

チェックイン後、ケンともう一人カナダからの参加者がホテルのパソコンの前で何かやっていると思ったら、この期に及んで、CHC1200のWeb-siteからコースデータをGPSにダウンロードしようとしていた。速い人って、事前準備とかしないんですか?別の同じカナダからの参加者が助けてくれると言うことになったので、そこから離れ、荷物の最終チェックをして早めに寝た。標高のせいか夜中何度か目が覚めたが、6時間はしっかり寝られた。

本日の走行距離
距離 30km
総時間 1時間30分(実移動時間 1時間21分)
累積標高差 345m

次はいよいよスタート。しかし、このペースで書いていったらいつになったら終わるんだろう。まぁ、ねたがあるわけじゃないから良いか。

そうそう、朝、散歩からホテルに戻ってきたらウサギが木の葉っぱを食べていた。
e0059231_10253134.jpg


続く
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2012-07-20 19:34 | Colorado High Countr
<< Colorado High C... Colorado High C... >>