excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Colorado High Country 1200 Laporte~Saratoga
最初のコントロールのLaporteで20分ちょっと休み、次はLaramieまで100km弱、ハイウェイの一本道。
e0059231_482236.jpg

後ろにあと何人いるか判らないが、とりあえず、自分のことに集中して前に進む。予報に反して追い風が吹いてきた。風は助けになっているんだろうが、基本登りが多く全然そういう感じがしない。
e0059231_422550.jpg

何も無い一本道。結構アップダウンがある。ここを、エド、別のケン。と前後しながら進む。自分も含めたこの3人グループ、実は昨年DNFで、今年再挑戦組です。最後まで前後しながら走るとは思っていませんでした。プチ峠みたいな所は景色が突然変わったりします。
e0059231_42458.jpg

途中休憩中のケン・ボナーを抜いたりして進みます。なんか変な感じ。
e0059231_425932.jpg

e0059231_431330.jpg

ワイオミングに入る手前にボランティアの車。この辺りから天気は完全に晴。気温も上がり始めた。無補給区間(実は途中に一箇所店はあった)のため、水と食べ物を提供してくれました。迷わず止まります。
e0059231_432627.jpg

水は十分あるので、ここではオレンジを1個もらい食べました。おいしかった。しかし、先を見るとやる気を無くすような登りが見える。まぁ、これが走りたくってここに来てるのだからと言い聞かせて、この登りにとりかかる。
e0059231_43367.jpg

そして、ここを超えるとワイオミング。
e0059231_43465.jpg

そういえば、RUSAの賞に10州制覇というのがあり。これを完走すれば10州になるのを思い出した。
e0059231_435329.jpg

ワイオミングに入ってもアップダウンは続く。そして峠と名はついていないが最高地点を通過すると、下り基調になり、景色も開け、Laramieまで真っ平らな道になる。DHバーを握ってひたすら飛ばす。今まで抜いて言った人達を追いかけます。
e0059231_44057.jpg

Laramieの街の中でレストランに入った人たちもいたが、時間をかけたくなかったので、さらに進みこちらでの定番マクドへ。
e0059231_441382.jpg

ケン・ボナーもまだ買い物が終わったばかりだった。彼が買ったのはヨーグルト4つ。うむ、それで良いんだぁ。でも自分なら4つもきっと食べられないから同じような補給は無理と悟った。マクドではビッグマック(ポテトなし)、あとヨーグルト。次の区間のため、氷と水を満たさせてもらった。

Laramieまで200km弱を9時間で走りきったとこになり。追い風が助けてくれたとはいえできすぎです。

Laramieまで
 総距離   198km
 総経過時間 9時間1分 (4.01マージン)
 区間距離  96km
 区間タイム 4:28 (実走行時間 4:16)
 区間平均速度 21km/h(実走行平均 22.3km/h)
 区間標高差 1156m
 CP休憩時間 35分

Laramieの次はRiversideのインフォーメーションコントロール。間に今日最大の峠、Snowy Rangeが待っている120km区間。まずは40kmほど先のCenntinalまで走って、お店で休憩、そしてSnowy Rangeの登りを攻略する作戦で挑むことにした。
e0059231_483267.jpg

が、いざ走り出そうとすると前輪の空気が甘い。もう一度戻って、チューブ交換するか思案の結果、空気を入れるだけにして様子を見ることにした(なかなかここでチューブ換えるって決断ができないんだよね)。そして、Cenntinalへの一本道、平均1%の登りで40kmちょっと。追い風もあって淡々と進む。
e0059231_442361.jpg

何にも無い荒野、牧場だからちと違うかな。とにかく、大きな木も無い、限りうす緑というか黄色っぽい平原を一人爆走。そんなことをしている自分にちょっと酔ってる感じ。が、そんなこと思っているには1時間が限界、どんなにすばらしい景色でも一日中同じものを見ていると、飽きがくる。人間って贅沢な物です。太陽の光は刺すように痛い。ちょっとした登りでだんだんへたれモードになってくる。

Cenntinal手前でまた空気が甘いようなので作業していたら、車が止まって空気入れを取り出して、”どれくらい入れるんだ?”と聞かれて、答えると、シュコシュコ入れてくれて、終わると、”グッドラック”と言って、Uターンして帰っていった。てっきりボランティアの車だと思ってたが、違ったみたいである。Laramieからもう40kmくらいになろうかという所、誰だったんだろうか?何でこんな所車で走ってたんだろうか?分からないが、ちょっと元気になった。山のふもとが見えてきたらCenntinal。
e0059231_442930.jpg

Cenntinalの街に到着。感じのよい、いかにもアメリカの田舎って感じの町。そこの、Friendly Shopというコンビニに行こうと思っていたら、手前のお店で、ケン・ボナーとカナダから参加のボブが声をかけてきた。彼らに声をかけられたら逃げられません。そちらに入ることにした。アンティーク兼アイスクリーム屋。彼らに倣ってアイスクリームとコーラで休憩。しかし、ケンは乳製品よく食べます。
e0059231_443587.jpg

ここまでの走行距離は250kmほど。ここで、まったりしていると今日は充分という気がしてくる。
e0059231_454091.jpg

しかし、ゴールは向こうからはやってこない。重い腰を上げて、ここから先20kmで900m登るSnowy Rangeに取り掛かった。さすがに、最初の登りで、ケンとボブは見えなくなってしまった。
e0059231_45529.jpg

最大斜度は8%くらいだが、とにかく長い。なんで登りが苦手なのにこんな事やってんだか自分でも疑問だが、来てしまったものはしょうがない。ただただ登る。途中何度も休みながら・・・。
e0059231_455982.jpg

何人かの参加者と前後しながら、標高を稼いでいく。木々が無くなり開けると頂上。20kmの登りに2時間ちょっとかかった。
e0059231_46791.jpg

ここは峠の看板は無い。
e0059231_461378.jpg

展望台らしきところで写真を撮ってもらう。しかし、明るい所の写真が全然だめ。カメラの設定のどこが悪かったのかは未だになぞである。
e0059231_4620100.jpg

CHC1200のルートの最高地点なので、GPSの標高も確認。
e0059231_462692.jpg

頂上を過ぎると一旦ミラーレイクまで下る。
e0059231_463818.jpg

e0059231_464557.jpg

e0059231_465234.jpg

そして、登り返してピークを過ぎると40kmのダウンヒル。これが長い。10kmも下ると下り勾配も緩くなってくる。ここが時間の稼ぎ時とDHバーにつかまってさらに距離をかせいだ。あっという間に・・・、約1時間で下り、そして、突き当り。右折すると15kmくらいで今晩の宿泊地Saratogaだが、距離調整のため左折して、Riversideという小さな街まで行かなければならない。

が、タイヤの空気がまた抜けてきた、Saratogaまで行けばちゃんとした空気入れもあるはずで、どうにかそこまでもたせたいと思ったが、いくら頑張っても空気をが入らない。反対車線のSaratogaに向かう参加者が声をかけてくれる。結局、チューブ交換することにした。そして、15km先のインフォーメーションコントロールに向けて走り始めた。
e0059231_47213.jpg

風が向かい風になったこともあるが、ペースが全然上がらない。疲れもあるがこの極端なペースダウンはエネルギー不足か眠気か?気付くまでに結構時間がかかった。補給食に持ってきたジェルを食べる。しばらくがまんしていると徐々にまたスピードが上げられるようになった。途中、GPSが日没を示した所で、安全グッズ身に付け、ヘッドライト、テールライトを点灯させた。すれ違う人の中に、マークやケン・ボナーも見かけた、距離にして20kmもない。1時間弱の遅れだろうか。思ったほど離れていない。前走者に追いつき、インフォーメーションコントロールへ。質問はバーの名前。2つ建物があって悩ましかった。まぁどちらでも大丈夫だろうと思った。

Riversideまで
 総距離   325km
 総経過時間 16時間56分 (4.44マージン)
 区間距離  127km
 区間タイム 7:20 (実走行時間 6:03)
 区間平均速度 17km/h(実走行平均 21.1km/h)
 区間標高差 1559m
 CP休憩時間 6分

今日の、Sleep ControlのSaratogaまでは30km弱。そこまでもつだけのエネルギーとしてジェルを2つ口にした。約200カロリーなり。そろそろ行こうかと思ったら後続が来たので答えを教えてあげる。すぐ出るつもりだったが、ついでにバーに寄って念のためキャメルバッグに水をもらった。

そして、エネルギーが回り始めたら、DHバーを握って、本日のつじつまあわせ。ひたすら飛ばす。前の人たちをごぼう抜き・・・。って5人くらいしか抜いていないと思う。この区間平均30km/hで終了。

 Saratogaのコントロールは、モーテル。しかもモーテル全体を借り切っていて、やりたいほうだい。
ライダーが到着するとボランティアの人が鐘をならして迎えてくれた。その鐘ってどこで手に入るんだろうか?そして、ホテルの受付前に飲み物やら食べ物が置かれ、廊下にもテーブルが出ていて、食器、洗面用具、薬類まで並べられていた。夕食はベイクドポテト。もうちょっと肉々しいのが食べたかったが、食べられるだけありがたい。
e0059231_471937.jpg

これをたいらげて、ドロップバッグを受け取り、部屋へ。部屋は豪華に一人一部屋。ライト、iPhoneの充電をセットして、シャワーを浴びて、湿布やら筋肉痛を緩和するクリームなどを体に塗りたくって寝た。高所のためか頻繁に目がさめたが、時計の針はきちんと進んでいたようなので 寝たんだと思う。

Saratogaまで353km。休憩混みで約18時間。平均20km/hをちょっと割ったがまずまずのペース。ここまで5時間半の余裕を作り、仮眠と食事などで5時間弱使い、2日目は約45分の余裕からスタートした。

Saratogaまで
 総距離   353km
 総経過時間 18時間05分 (5.31マージン)
 区間距離  27.7km
 区間タイム 0:57 (実走行時間 0:56)
 区間平均速度 29km/h(実走行平均 29.6km/h)
 区間標高差 140m
 CP休憩時間 4時間38分

続く
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2012-07-22 05:32 | Colorado High Countr
<< Colorado High C... Colorado High C... >>