excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


OH400
ケンタッキー600kmの翌週、5/25、オハイオの400kmに参加してきました。
ルートは2010年と同じ。前回は19時間半で走れたコース、安易に考えていました。

一生懸命走っている時、トラブルを抱えながら走っているときは基本写真ありません。
ということで、今回は写真殆どなし。

 ケンタッキーでは暑かったが、今回のスタート時の予想気温は2度。一度30度近い気温を体験しちゃうと数度が想像できない。日中の気温上昇との天秤で、スタート時の服装は、ウールのアンダーウェアにウールジャージ、ウィンドブレークベスト、レインジャケットの重ね着。下はレーパンにレッグウォーマ・・・、下はそれしかバッグに入れてなかった。足は夏用の靴下にレインカバー。手袋はウールの手袋に指きりグラブ。それに、ウールのフェイスマスク。上半身は良かったけど、下半身は失敗だった。スタートしてから4時間くらい足の指は痛かった。
e0059231_833318.jpg

 今回は安全のため、前泊。朝5:00に起きて、集合場所の映画館の駐車場へ。参加者の集まりが悪い。結局スタートしたのは13人。あれっ、3回続けて参加者13人???帰りのゴール直前の橋が工事中で進入禁止。迂回するかは任せるとか、なんかしまりがありません。頑張って走るぞって気になれない。そんな感じで、スタート時間。遠くの出口を回っても、芝生をショートカットしても良いとか。迷わず芝生を乗り越えて道路へ。で、どちらに走ればよいの???本当にしまりのない始まり方。でも走りだせば、まとまって走り始める。が、今回はスピードののりが悪い、すぐに無理して着いていくことはせずに一人旅モードへ切り替える。下半身の服装の選択ミスの影響か???先行していたMattさんはサドルの高さを変えるとかで止まったりしていた。この400km、最初の100kmがアップダウンが多い区間、足の力を温存して進む。40kmも走ったところで前走者2人を捕まえたが、上り坂でロー側3枚くらいのギヤの入りが悪く登りで失速。だめだめモードです。とにかくフロントをインナーにしてトルクをかけると歯飛が醜い。83kmのButlerには4時間弱で到着。とりあえず必要な物を補給。

 Bulterを出ると、アップダウンのあるMohican State Forest、そして、Pleasant Hill Damと入っていく。使えないギヤにいらいらしながら何とか使える所を探しつつ前に進んでいく。Pleasant Hill Damの湖畔の道、何度も走ったが好きな道。ここをを超えると、開けた畑の中の道、風は向かい風。時間が経つにつれ風が徐々に強くなってくる。こんなパターンが今シーズンは続いている。163km地点のLodiは7時間半程で到着。ペースはまずまずである。ここはSubwayでしっかり食べる。サンドイッチ、ポテチ、それとヨーグルト。食べたら、次はほぼ1本道で100km、Tiffinまで西に進む。風は横風・・・、が、予報どおり徐々に北西の風に変わっていった。つまり斜め前方からの風。40km走ってNew Londonのコンビニで休憩。コントロールではない。ここまで予定通りと思ったが、New Londonを出て、景色の変わらない一本道にやられたか、今シーズン初の眠気が来た。小さな町にあるお店、残っていたコーヒーをカップに入れてお金を払おうとすると、もっていけという合図。最近こんなのばっかだなぁ。何かオーラが出ているのかな。とにかく、ありがたくいただいて、向かいのベンチで休憩。20時間切るのは難しそうだった。
e0059231_8335045.jpg

Tiffinまで行ったら向かい風から開放される、とそれだけを思って走っていた。TiffinのコントロールはサークルK。日本でもなじみのあるマーク。中は普通のアメリカンなコンビニ。おにぎりなんて無い。次のコントロールまで40km。そこまでもてばいいという感じで食べる。そして、いざ追い風と思って走り始めたが何か変。気がつくと風は北東のほうから吹き始めていた。横風から向かい風・・・。あきらめモード、でも日没前に次の町Bucyrusに着きたいと頑張る。Bucyrusには日没とほぼ同時に到着。

ここでカップラーメンを食べる。まずいが、他よりましというレベル。まぁ、慣れました。
e0059231_834894.jpg

そして、ナイトランの準備、ここからゴール手前まで約80km無補給区間、気温も下がり始めた。真っ暗な中でバッグは開けたくないから。必要な物は全てポケットに移した。足の対策は、雨用に持っていたビニール袋で靴を覆いレインカーバーをした。今までの経験だと、これで耐えられるはず。月は不気味に赤かった。夜間、15kmくらい真っ直ぐな一本道では何度もGPSでどこまで走るのか確認してしまった。中間地点で止まってポケットに入れておいたバナナで補給。月は真上に来ていて、色も普通になっていた。そして、真っ暗な湖畔の道を経由して、ゴールのコロンバスへ、最後は前を走っていたJohnと一緒になる。迂回路は把握していたが最後の大きな道を走る気にはなれず、工事区間を選んだ。工事区間は歩道を走って通過。ゴールは夜中1時過ぎていた。ビールを1本もらい、シャワーを浴び、着替えをして、眠くなる前に帰りたかったので、他の参加者を待つことはせずに先に帰った。朝6時前には家に着いた。ギヤの不調で思ったよりしんどい400kmだった。

次の600kmまではきちんと整備しておかないといけないなぁ。3週間後で助かった。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-04 19:12 | ブルベ
<< ドライブトレイン見直し Ksyrium SL修理 >>