excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ブルベ夜間走行用反射材
 昨年は夜間走行対策に自転車のフレーム、クランクに反射シートを貼り付けましたが、本来フレームとかにシールを貼るのは嫌いなんです。車のボディにシールを貼るのも嫌いなんです。人がやっているのは全然気にならないのですが、自分の物だと・・・。嫌いな物に理由なんてありません(笑)。ということで、新しい自転車に反射シールを貼るのはやっていません。

 ブルベではルールに従ってRUSAロゴ入りの反射たすきを使っています。昼間身につけていても気にならないし気に入ってます。しかし、キャメルバッグを背負うと背中の部分の反射たすきが隠れてしまうのです。これが非常に気になっていました。ということで、今年はキャメルバッグに反射テープを縫いつけました。作業は娘が担当。きれいな仕上がり、娘に感謝です。これとたすきの併用+反射バンドを手首・足首に付けて今年は走ります。
e0059231_313114.jpg

それと反射シールを1mm幅くらいに細く切ってヘルメットのふちに貼り付けました。こちらは機会があればまた後日。

 ブルベ用の反射材については色々議論がありますが、基本的に反射ベスト、反射たすき、または、反射デバイスを着用することとなっています。そのため、ウィンドブレーカやジャージに縫いつけた反射材では車検をパスできないし、キャメルバック等に反射材を取り付けてもやはり着用したことにはならないのでだめでしょう。アンクルバンドだけというのは論外ですね。オハイオでは加えて反射材入りアンクルバンドの着用も義務づけられています。これは、シューズやタイツに付いている反射材ではやはり車検は通りません(経験済みです(笑))。話はずれますが、ライトは1灯の場合、予備電球が必要となります。LEDは予備電球はありませんから、2灯にしないと車検は通りませんね。最終的に車検を通るかどうかは主催者の判断になりますが、変にルールを解釈して安全装備をケチるのは止めた方がいいですね。自分の安全のためですから。

ブログランキングへの協力をお願いします。ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-02-05 03:24 | 自転車装備
<< MotionBased.com... この週末はBrass Monk... >>