excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


RM1200 走行記13 Revelstoke
 GoldenのコントロールではJasperでの反省もあるので、しっかり食べた。そしてシャワーを浴びて、器械体操のマットの上に毛布2枚を使って寝た。爆睡で3時間、朝の3:30にボランティアの人に起こされるまで気がつかなかった。
e0059231_3275421.jpg

 起きるとTさんが朝食を摂っていた。彼からM&Mさんが先ほど着いたと聞かされた。そして私より一足先にTさんはコントロールを出発した。

 着替えだが、長袖の化繊のインナーウェア・ジャージをドロップバッグで送っていたが、次のRoger Passを早朝に登る事になり、冷え込みが厳しかった時に備えて替えるのをやめウールのアンダーウェア・ジャージをそのまま持つことにした。また、レインジャケットも軽量のものを持ってきていたが、それもまた使わずにゴアのレインウェアをそのまま持つことにした。そして朝食を食べた。そして、ドロップバッグで送っておいたオイルをチェーンに塗った。

 今まで気がつかなかったが仮眠できるコントロールでは夕食と朝食のメニューが異なっていた。今回はきちんとまんべんなく食べているような気がする。このコントロールでの滞在が今回最長の5時間20分だった。ここでもフロントタイヤの空気を入れなおして、ボランティアの方にお礼を言って最後の大きな峠Roger Passを目指した。

 Goldenの街を出るところで貨物列車で足止めされる。長い待ち時間だった。
e0059231_3285812.jpg

 それからハイゥェイ1号線に戻り、まずは今までとおなじような緩やかなアップダウンが続く道を進んでいく。
e0059231_3295028.jpg

都市までの距離を示す案内板にもゴールのKamloopsまでの距離が出始める。
e0059231_331393.jpg

道の両側には今までと趣は異なるが雪をかぶった山々が続いている。峠の上りはゆっくりでも一定のペースで登っていく。時間の余裕は十分にある。峠5kmくらい手前に5箇所のトンネル(スノーシェード?)がある。ここが狭くて危険と言うことだったが、Lake Louise-Golden間と比べるとそれほど危ないとは感じなかった。
e0059231_332988.jpg

途中休んでいたTさんをパス。トンネルを抜け、建物が見えてくるとRoger Passはすぐそこである。Roger Passにあるコンビニでカップラーメン、オレンジジュースで休憩。標高が高いせいか、単にお湯の温度が低いのが麺が固かった。30分ほどの休憩の後に、Revelstokeに向かった。この休憩の間、Tさんは先行していった。
e0059231_3324627.jpg

e0059231_3331555.jpg

 Roger Passを越えた先にもトンネル区間がある。ここで横にすっと寄ってきた車がいたと思ったら主催者のカメラ班だった。
e0059231_335373.jpg

 Revelstokeに向かう途中、キューシートに示されているCanyon Hot Spring Cafeで休憩を入れようと思っていたが、かなり道から離れているような感じに見えたため、寄るのをやめてそのまま進んだ。Revelstokeの町に入る手前で、テキサスから参加しているShelleneがパンク修理のため停まっていた。何か手伝えることがあるかと思い声をかけたら、一緒に走っているMarkに伝えて欲しいと言うことで先に進んだ。すぐに心配して引き返してきたMarkとすれ違った。

 ハイウェイ1号線から離れてRevelstokeの街に下っていくところは制限スピード50km/h。BC Randonneursのメーリングリストではスピード違反に注意と書かれていた(過去に自転車で違反切符を切られた人がいるとかいないとか)。違反切符を切られるかは分からないが、ブレーキをかけないと簡単にスピード違反してしまうのは確かだった。そしてRevelsokeの街に入り、コントロールへ。ここは自転車ごと建物の中に入るように指示される。Revelstokeのコントロールには12:40くらいに到着した。

<続く>
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2008-08-11 00:09 | RockyMoutain1200
<< RM1200 走行記14 En... RM1200 走行記12 Go... >>