excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:未分類( 6 )
Permanent Loveland-Adams County 208K
カレンダー上では秋。最近朝は寒くなってきました。

9月初旬に失敗したR-12の9月分を埋めるため、PermanentルートのLoveland-Adams County 208Kを走ってきました。

R-12ですが、前から何度か書いていますが、12ヶ月連続で最低月1回200km以上の公認ルートを走るともらえる賞で、今年最初に達成し、現在も更新中で8月までで19ヶ月間続いています。24ヶ月達成で一息つこうかと考え始めています。

それとPermanentですが、これはRUSAの会員であれば誰でもルート作成できます。ルートはショートカットできないかなど細かなチェックを受けます。で、自前のルートの一つがLoveland-Adams County 208K。紅葉やハロウィンの飾りなどを楽しみに走りましたが、紅葉にはちょっと早かったのが残念。
e0059231_21404.jpg

朝、気温10度程度、霧の中7:30に走り始めた。転倒後3週間くらい乗っていなかったのでリハビリも兼ねて11時間くらいで走れれば良いと思いながらスタート。55kmくらいの最初のコントロールSardiniaまで殆どノンストップで到着。霧は10時頃にはなくなったが、太陽が顔を出したのは1時近かった。
e0059231_215540.jpg

e0059231_23060.jpg

想定外はコントロールになっているAmishストアの先が工事中で通行止めだったこと。1本手前の道が迂回路に指定されていたが砂利道だった記憶があり、もう1本手前まで戻る。結局3kmちかくの遠回り。しかも高速の車が多い道で長~~い緩やかな登り。嫌になりました。
e0059231_22842.jpg

疲れもあったけど後半追い風に助けられて朝スタートしたコンビにUDFに夕方6時ちょっと前に到着。約10時間半のサイクリングでした。
e0059231_261860.jpg

e0059231_222789.jpg

今回チェーンを交換したが、ギヤ類を清掃しなかったためか今一だった。時間があるときにきれいにしなくちゃ。それと、クリートを交換した。これのおかげか分からないけど、アキレス腱痛は再発しなかった。もしクリートが鯨飲だったなら、もうちょっと頻繁に交換したほうが良いのかもしれない・・・。3年近く使ったのは内緒です(笑)。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2011-09-27 02:07
今年の夜間走行対策は?
 昨年は夜間走行対策に自転車のフレームに反射シートを貼り付けましたが、本来フレームとかにシールを貼るのは嫌いなんです。車のボディにシールを貼るのも嫌いなんです。ということで、新しい自転車に反射シールを貼るのはやっていません。

 ブルベではRUSAロゴ入りの反射たすきを使っています。しかし、キャメルバッグを背負うと後ろの部分の反射たすきが隠れてしまうのです。ということで、今年はキャメルバッグに反射テープを縫いつけました。作業は娘がやってくれました。これとたすきの併用で今年は走ります。
e0059231_12251438.jpg

それと反射シールを1mm幅くらいに細く切ってヘルメットのふちに貼り付けました。こちらは機会があればまだ後日。

 ブルベ用の反射材については色々議論がありますが、基本的に反射ベスト、反射たすき、または、反射デバイスを着用することとなっています。そのため、ウィンドブレーカやジャージに縫いつけた反射材では車検をパスできないし、キャメルバック等に反射材を取り付けてもやはり着用したことにはならないのでだめでしょう。アンクルバンドだけというのは論外ですね。
 オハイオでは加えて反射材入りアンクルバンドの着用も義務づけられています。これは、シューズやタイツに付いている反射材ではやはり車検は通りません(経験済みです(笑))。話はずれますが、ライトは1灯の場合、予備電球が必要となります。LEDは予備電球はありませんから、2灯にしないと車検は通りませんね。最終的に車検を通るかどうかは主催者の判断になりますが、変にルールを解釈して安全装備をケチるのは止めた方がいいですね。自分の安全のためですから。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-02-02 12:31
注目の製品Inolight 10+
 今ブルベ関係で登録しているメーリングリストは、Ohio RandonneursとNational Randonneursです。最近になって後者は登録したんだけど、そのメーリングリストでライト関連について盛んに議論(?)されています。その中でも実際のデータも含めて投稿しているのが、私がシュミットのハブダイナモを購入したお店の人です。非常に参考になります。

 で、今注目は、1WのLEDライトを使ったInolight 10+だそうです。これはダイナモでも電池でも駆動可能だそうです。写真は勝手に借りてきたので、まずそうだったらすぐに削除します。まぁ、宣伝にもなるからいいかな?
e0059231_8431266.jpg

 今までのハロゲンライトとの比較では電球切れの心配が無いのと、低速から明るいのが魅力だそうです。夜間走行でも十分な明るさだそうです。こればっかりは個人差がありますけどね。
 今使っているのは、良いと言われているシュミットのE6。明るいけど欠点は照射幅が狭いこと。コーナーの内側がみづらいんです。で、今考えているのがハブダイナモで2つのライトの駆動、いわゆるデュアルライトです。E6をメインとして照射パターンの違うライトをセンカンダリーに使いたいと思っています。これで普段はメインのライトのみ、高速のダウンヒルでは2つという風に使えるはず。Inolight 10+は照射パターンも良さげなんですが、今のところ1つだけの使用しか推奨しないということ。何故かな?1つをLED,もう一つをハロゲンにするなら、DLumotecをメインに、E6をセンカンダリーにするのがこのお店ではお勧めだそうです。でもね、Inolight 10+も良さそうだし・・・、結論は出ません・・・。

 ちなみに、2W LEDを使ったInolight 20+というのもあるそうですが、あまりお勧めではなさそうです。その他には、Solidlights1203D LEDというのも明るいらしいですが、道路を照らすには向いていないと言う結論をだしているようです。ブルベの様に夜間走行が長いとライトの問題は永遠の課題ですね。HIDの様に明るくて、6Vで駆動できて、LEDのような消費電力のライトがあったら買いなんですけど・・・。

ブログランキングへの協力をお願いします。ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-01-21 09:14
ちょっと遠くのバイクショップ
 昨日家からちょっと離れたバイクショップに行って来ました。


 子どものスイミングの間の時間つぶしだったのですが、見たかったのはサドルくらいかなと思っていたのですが、いろいろ話していたら30分以上が過ぎてしまい、結局何も買わず、何故かオーダメイドのカーボンフレームのメーカのカタログを手にしていました。
 そのお店の人自身、4台の自転車を持っていて、自分でフレームの寸法も決めてオーダして、現物はこれって感じで見せてくれるのです。お客がいなかったというのもありますが、話が止まりません・・・。どうもお勧めはオーダーメイドのフレームみたいですが、それとは別にこれは良いよと言って持たせてくれたのがScottのフレーム。軽いです。フレーム重量は950gくらいだそうな。紙みたい。目の保養をさせてもらいました。

 サドル話でも、このサドルはロードで100kmなら大丈夫だったけどローラでは30分でだめだったとか、こちらのサドルではローラ台で3時間でも大丈夫だったから長距離でも大丈夫だとか話がやけに具体的です。思わず3時間もローラ台に乗るのって聞いてしまいました(笑)

 そのお店の人自身はトライアスロンをやっているということだけど、ブルベもPBPも知っているというか、PBPでアシストバー禁止というのまで知っていました。そこまで知っているなら装備面でのお願いもしやすいかなと思いました。ちょっと注目のお店です。

 話の途中で結構日本人の客もいるけど、カンパを使っている人が多いのは何故って聞かれました。値段は高いし、性能も飛び抜けて良いとは言えないしと。そうなんですけどね、ちょっと返答につまりましたが、ブランドイメージだと思うよと無難な解答をしておきました。

 それともうひとつ、コンパクトドライブの話になったとき、シマノはどうと聞かれ、いつも言っているようにあれは嫌いとついつい言ってしまいました。そのために、何故ってしつこく聞かれてしまいました。前にも書きましたがデザインが嫌いなだけなんです・・・。

 このお店に、メンテのお願いをしようかと思っていますが、メンテの時間よりも話が長そう・・・。英会話の勉強には良いんですけどね。

そうそう、最近プログランキングへのピングがうまく通りません。何でかな。
ブログランキングへの協力をお願いします。ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-01-11 11:38
寒い夜はローラ台で
 いやー本当に寒くなってきました。日中も氷点下です。
今夜は10cmくらいの積雪があるとかないとか・・・。
こんな夜は地下室でローラ台が一番です。アメリカといっても全部を指すわけではありませんが、多くの一軒家には広い地下室があります。我が家も1Fの広さと同じだけの地下室があります。その半分ほどに絨毯がしいてあり居室として使えるようになっています。もちろん冷暖房完備です。・・・というか、冷暖房の機械が地下室に置いてあるので必然的に冷暖房が入ります。水道管とかも地下室に剥き出しで通っているので暖房が壊れて凍結となると恐ろしいことになります。

 話を地下室に戻すと、地下室の内装は前のオーナーがやったので、うちは全然手を加えていません。そして、その隅っこにローラ台があり、テレビを見ながら乗ることができるようになっています。そう、DVDやテレビを見ながら乗れるのです。冷暖房も入っていますから冬でも半袖半ズボンで自転車をこげるのです。つい数日前から、1ヶ月半ほどお休みしていたトレーニング再開です。とぎれないように続けなくっちゃ。

 さて、話はGarmin用の地図作成ソフトに戻りますが、日本語の地名をローマ字表記になおすのは、MapView25000 V0.81から改善されていまして、無事変換することができましたので追記しておきます。前にも書きました、処理はおっそろしく時間がかかりますので、小さなエリアでGPSに地図を転送するところまで確認してから全国の処理をしたほうが良いです。ちなみに私のかかった時間ですが、おおよそ次の通りです。
 国土地理院データのダウンロード・・・半日以上(Gethtml使用、ケーブル常時接続)
                     (転送速度は1Mbps弱ですから妥当な時間だと思います。)
 MapView25000へのデータのインポート・・・1日以上(PⅢ 700MHz RAM384MBのPC)
 等高線の作成・・・半日以上(PⅢ 700MHz RAM384MBのPC)
 Garmin用地図の作成(等高線無し)・・・9時間(Xeon 3GHzX2 RAM2GBのPC)
 Garmin用地図の作成(等高線有り)・・・12時間ほど(Xeon 3GHzX2 RAM2GBのPC)
ちなみに上記の時間はあくまで目安です。どれくらいの情報が必要か、等高線の有無などで時間は大きく変わって来ます。ちなみに作成したデータは、林道も入れたかったため1.5m以下の田んぼのあぜ道のような道路まで含めています。さらに等高線の処理までMapViewでさせてしまったため、処理にかなりの時間がかかっています(MapView内のデータは等高線の有無でサイズが大きく違います)。もし等高線が必要なければ、処理は大幅に短縮されると思います。それと、私のように古いPCで処理しないほうが良いです。CPUは速い方が良いです。メモリは512MBはあったほうが良いと思われます。
 時間はかかるにしても、簡単な操作でGarmin用の地図が作成できるツールを公開してくれたMapView25000の作者には大変感謝しています。

 しかしね、興味があったとはいえ、殆ど使うことのない日本地図作成になんでこんなに時間をかけてしまったんだろう・・・。

 それとGPSのメモリに転送した地図の消去ですが、他の地図をアップロードするときに自動的にリセットされるようです。うーむ、これまた一長一短です。ただ、USB経由なので30MBくらいでもそれほど時間がかからないのが救いです。

ブログランキングへの協力をお願いします。ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2005-12-09 00:42
GPSで夜間のナビゲーション
 非常に便利と思われるGPSですが、ワイヤレスのサイクルコンピュータと干渉することがあるようです。もし購入を検討されている人がいましたら一応考慮してください。私はワイヤレスのサイクルコンピュータは、他の機器との干渉も考慮して導入していませんでした(買えなかった?)

 で、夜間の使用感です。ただし、外は寒いので自転車で走る根性はありません。今回は車で電池で動かして確認しました。
 (1)まず、コースをPCのマップソフトで作成し、GPSに転送
 (2)GPSでそのルートを呼び出し、ナビゲーションを動作させる
 (3)画面上は動作していますが、バックライト無しでは夜間は画面が見えません
 (4)曲がり角の500mくらい手前で1回ビープ音、そして曲がり角の直前で2回のビープ音
   でコースを知らせてくれます(設定で消すことも可能)。
 (5)音がしたときにバックライトのスイッチをいれると、それ以降、ビープ音と共に
   バックライトが自動点灯、そして一定時間後に消える。
 (6)途中一度電源を切り、電池をはずす。そして再度スイッチオン
   ナビゲーションはそのまま継続。バックライトの設定は元に戻ってしまいました。

このバックライトの自動点灯の機能はとっても有効!これなら、夜間走っても曲がり角をロスすることはかなり減ると思います。問題はバックライトを使ったときの電池の消費量。電子コンパスをオフにして、省電力を図ったとして、どれだけもつか。一番気になるところですが、さて、どうやって試そうか・・・。やはりきちんと毎回メモしないとだめかな?

ブログランキングへの協力をお願いします。ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2005-12-01 12:31