excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
反射材の貼り付け
VanIsleでの装備です。これにキャメルバッグを背負って走ります。
早朝の気温が10度くらい、日中も20度前後になりそうなのと、雨もありそうなのでちょっと荷物が増えそうです。

自転車の全景。シートスティ、クランクアーム、フロントフォークに反射材を貼っています。シルバーの反射材はRUSAから無償でもらったもの。赤いのは車用品の所で売っていたものです。反射が全然違いますね。反射材は剥がす事を考えてビニールテープの上に貼っています。
e0059231_2219457.jpg


これが鈍行車を示す三角表示板。反射素材でできています。真ん中をくりぬいてテールランプを付けています。
e0059231_2220399.jpg


そして、シートスティ。機能重視で美しくはありません。
e0059231_22201327.jpg


クランクアーム。
e0059231_22202367.jpg


点灯式のテールランプは、シートスティとリアのバッグ、キャメルバッグ、ヘルメットに取り付けています。消し忘れがありそう・・・。安全グッズはこれに、反射たすき、アンクルバンド、リストバンドが加わります。これで、2回目の1200kmに臨みます。

そうそう、今回のValIsleの参加者数は37名。平均年齢は53歳。最年長は74歳だそうです。60歳代も3名。一番多い年齢層は50-59歳で20名です。39歳以下は2名。う~~む、ブルベの世界ではまだまだ若輩者です。参加者はドイツから1名、米国とカナダから半々です。

ちなみに、7月20日に更新されたWeb-Site上の参加者リストにまだ私の名前がありません(泣)。でも主催者から送られてきた最終の参加者リスト、受付時間の割り当てとかには私の名前がありますので大丈夫でしょう。参加取りやめになった人の番号を割り当てられので混乱したのかな。ロッキーの時もあったけど、どうもBC RandonneursのWeb-Siteと相性が良くないみたい。きちんと走れれば、良いことなんですけどね。

さぁ、荷造りしなくっちゃ。

ブログランキングへ参加しています。ここをクリック!m(__)m
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-06-30 22:54 | VanIsle1200-2006
サイコンの設定変更
 GPSを装備してから、サイコンはスピード表示用としてしか使っていません。
殆どの機能を使っていないサイコンですが、来週カナダに行くので、スピード・距離設定をkmに変更しました。
 米国でブルベに参加するまでは慣れたkm表示を使っていましたが、米国のブルベではキューシート他全てマイルが使われているので、ここ数年はマイル表示にしていました。カナダはkm表示、もちろんキューシートも全てkmで表記されていますので、2年ぶりくらいで設定を変えました(スピード表示にしか使っていませんが、GPSが故障した時の保険です)。米国もマイル、インチを止めてメートル法にしてくれればいいのに。

 そうそう、今使っているサイコンは猫目のEnduro2というもの。もう7年以上使っています。シンプルな機能で、表示も大きく見やすく、雨天使用でもいまだトラブル無し。電池交換は今回で2度目(もしかしたら3度目?それくらい記憶がありません(笑))。良くできた製品だと思います。単位の変更は、本体をリセットしなければならないのが欠点か・・・。あっ、2種類の周長が設定できるから、それで、km、マイルで使えるように設定すれば良いのか!今度時間ができたら試してみようっと。これとは別に、ケイデンス・ハートレートも測定できるものも持っていますが、表示が小さく、これを見ながら夜間ナビゲーションするのは無理。ということで、こちらはトレーニング用になっています。

e0059231_1223544.jpg


 自転車の方は、反射テープ貼りの作業が終わりました。後から剥がせるようにビニールテープを貼って、その上から反射テープを貼りました。O氏の様な美しい仕上げには程遠いです(^^;?。機能優先ということで・・・。後日写真を掲載しようかなぁ。 

ブログランキングへ参加しています。ここをクリック!m(__)m
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-06-29 23:44 | VanIsle1200-2006
これで完璧!1200km完走プラン
 オーバーホールに出していたC-40が戻ってきました。今まで気になっていたペダル周りの異音も無くなりました。やっぱりたまには専門家に見てもらうのも必要ですね。

 さて、来週の水曜日の朝にVanIsle1200がスタートするわけですが、今回は殆どがサポート無し。CPでのチェックも大半がインフォメーションCPやコンビニでサインをもらう形式です。当然ながら、仮眠場所も自分で確保する必要があり、いけいけどんどんで適当に道端で仮眠というわけにはいきません。特に380km~800kmにかけては熊、クーガー(ピューマ?)などがいるために道端で寝ないようにと主催者から注意が来ています。この区間、CPに指定されたところ以外は民家もほとんど無いようです。

 ということで、仮眠も考えた今回のプランです。予定通り走れれば、しっかり仮眠も取れて、85時間で帰ってこれます(走る前は何とでも言えますね(笑))。仮眠場所に家族も宿泊するので、着替え類は家族の車で運んでもらうつもりです。家族のサポートがなければ、バッグドロップサービスを使って、380,800km地点のCampbell Riverに運ぶことになります。

 スタートは朝の3:00、Victoria周辺を反時計回りに回って約100km、朝の9:00くらいまでにこの区間をクリア。その日は380kmのCampbell Riverまで。途中に300mくらいの峠が一つ。走行時間21時間。そして着替え・仮眠。3時間仮眠して翌日朝4:00、二日目のスタート。
 600km地点のPort Hardyで折り返し、721kmのWossまで。340kmを20時間。そして、二日目の着替え・仮眠、翌日朝5:00、3日目のスタート。
 1077kmのMill Bayまで、360kmで21時間。そして、三日目の着替え・仮眠、翌日朝6:00、最後の130km・ゴール目指してスタート。
 300mの峠を含んだ最初の40kmを走ればVictoria。初日と逆に時計回りに90km走ると1200km。Oak Bayのコンビニでチェックを受け、さらに最後の5kmはビクトリーラン。主催者宅まで走ってゴール!130kmを10時間かけても到着は夕方4:00。トータル85時間。完璧だぁ!

ってな具合でゴールできれば良いんですけどね。問題は二日目~三日目の半日のCampbell RiverからPort Hardyの往復。アップダウンが多い道をどれだけ余裕をもって走れるかにかかっていると思います。これを無難に乗り切り、四日目のMill Bay直後の300mの峠道を越えればVictoriaに戻ってこれるはず。

 不安は仮眠数時間でどれだけ体力が回復するかです。悲しいかなまだ経験がありません。回復・疲労の関係を研究している人はいないかなぁ。栄養の取り方とか含めて一度きちんと勉強した方が良いかなと考え始めています。

VanIsle1200のWeb-Siteより


ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-06-27 10:10 | VanIsle1200-2006
C-40はオーバーホール中
 昨秋から使っているC-40ですが、今回のVanIsle1200にあわせてオーバーホールをお願いしました。頼んだのはいつものショップ。今年の仕様にしてから走行距離は3000km超、ちょっと早いかなとも思いましたが、完璧な状態で持っていきたかったのでお願いしました。

 今回のVanIsle1200は長い登りは無いけど、アップダウンが続く道で、累積標高差9200mと言われています。ちなみにロッキー1200は8100mだそうです。ということで、リアのスプロケを25Tから27Tにしようとしています。スピードは落ちるけどちょっとでも楽したいので・・・。自転車は明日には仕上がってくる予定です。少し慣らしておかなくちゃ。

VanIsle1200もこれとほぼ同じ装備にする予定です。
e0059231_22315221.jpg


 C-40が入院中は昨年まで使っていたスチールフレームのロードに乗っていますが、乗り味が全然違うのにあらためて驚きました。こちらは上り坂でスタンディングでがしがし踏む分には小気味よく登ってくれますが、平地の巡航スピードが上がりません。ハンドルへの振動の突き上げも結構あるし・・・。よくこれで600km走ったなぁというのが素直な感想です。トレーニング用に格下げになり、乗る機会も減りましたが、色々経験させてもらった自転車で捨てられません。こちらも、今度きちんとメンテしてあげなくちゃ。
e0059231_23492286.jpg


ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-06-23 23:52 | 自転車装備
飛行機の乗換時間って長いのね
 VanIsle1200のための宿の確保とか、航空券の確保とかいろいろやらなくちゃいけないことがあってばたばたしています。で、とりあえず飛行機のチケットは確保できました。距離的には北米大陸を横断するような感じだけど、乗換が片道につき2回。結構待ち時間が長いです。
行きは、ミネアポリスで2時間弱、シアトルで1時間半。これはまぁ、普通ですね。問題は帰り・・・。夕方バンクーバーを出て、家に午後着くようなスケジュールにしたため、シアトルで3時間(深夜)、ミネアポリスで5時間(早朝)の待ち時間・・・。これ、飛行機に乗っている時間より長いんです。ゲート前で寝ているしかないのかなぁ。まぁ、帰りだから何とでもなるかな。

ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-06-22 21:48 | 日々雑多
ブルベのルールも色々
 今回1200kmのブルベVanIsle1200に参加することは前に書きましたが、このVanIsle1200は、北米で開催される1200kmの殆どに毎年参加し、かつ、トップグループで常に完走しているKen が主催しています。彼は昨年は生涯総ブルベ完走100,000kmを達成したそうです。今年は4つの1200kmブルベに参加するとか・・・、60を過ぎているというのに・・・、凄すぎます。

 で、本題ですが、そんな彼がリリースする今回の1200km、累積標高差は9000mくらいあるそうで、ロッキー1200kmよりきついコースになっていると言っています。で、現在キューシートを見ながらルートを研究しているところですが、そこでCPのクローズ時間がかなり遅くに設定してあるのに気付きました。いくつもの1200kmを走っている彼のこと、間違いはないと思いましたが、確認させてもらいました。

 どう違うかというと、一般的なRM1200kmは600kmまでを15.5km/h、600~1000kmまでを11.4km、1000~1200kmが13.3kmで計算しますが、今回のVanIsle1200は全てのCPのクローズ時間を13.5km/hくらいで計算しています。結論は、主催者判断でどちらにしても良いらしいです。知らなかったぁ。

 ちなみに、VanIsle1200では反射材関係の装着が結構うるさいです。反射ベスト/たすき、反射アンクルバンド、反射リストバンドは走行中常に着用していなければいけません。ライト、尾灯の装備は普通のブルベと同じです。これに、フロントフォーク、シートスティ、クランクに反射材を付ける必要があります。それと鈍行車を示す3角の反射板が必要です。こんな時に飾り職人が近所にいればきれいに貼ってもらえるのにと思いましたが・・・。安全最優先で貼るしかないかな。

 そうそう、BC Randonneursは泥よけについても確かリアは180度以上カバーしなくちゃいけないとか、フロントもカバーする範囲が決められていたと思いましたが、これまた、昨夏よりルールが変わり、泥よけの装着義務は無くなったそうです。ブルベのルールは殆ど変化無しと思っていましたが、変わるものですね。

 え、オハイオでは?反射ベスト/タスク、アンクルバンドの着用が義務づけられています。ただし、日没以降のみです。ケンタッキーではアンクルバンドの装着義務もありません。場所によって必要事項が異なるので、違った地域で参加する場合注意が必要です。

これが、VanIsle1200の地図です。1200kmを1枚の画像で表すのはちょっと難しいですね。
e0059231_9161383.jpg


ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-06-21 09:18 | ブルベ
エコサイジャージとデジカメ
世界限定エコサイジャージ、45着のうちの1着がはるばる海を越えて我が家に届きました!

私、エコサイのメンバーでは無いのですが、Yさんが私の為にオーダーしてくれました。ありがとうございました。足を向けて寝られません。で、肝心のエコサイジャージの写真ですが、買ってから6ヶ月しか経っていないソ●ーのデジカメが壊れました・・・。ということで画像がありません(泣)。

PCやらビデオカメラやら色々我が家にはこの会社の製品がありますが、こんなに早く壊れたのは初めてです。壊れ易いというイメージがあるのは確かですが、はじめてはずれ(当たり?)を引きました。ということで、写真もYさんからいただいたものを掲載します。m(__)m
e0059231_9472138.jpg


で、感想ですが、目立つ色で具合が良いです。着心地は・・・、Lサイズをお願いしたけどぴったりです。というかちょっとでもお腹が出たらきついかも・・・。ウェイブワンってこれが標準サイズなのかな?ということで、このジャージを着る限り油断できません。春先は着られそうにもない予感が・・・。まずはVanIsle1200で着ようと思っています。

書いてある意味、米国人に理解できるかなぁ。

ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-06-20 09:55 | 日々雑多
バンクーバー・アイランド・1200kmブルベ
 春のブルベシリーズも一段落、当初の目標のSRを達成でき、次は・・・。
実は7月5日から開催されるバンクーバ・アイランド1200kmブルベに申し込みを済ませています。主催はカナダ BC Randonneurs。参加資格は今年、または、昨年のSR取得者です。遅くに申し込みをしたのと、参加資格が確定したのがセントルイスの600km完走後だったので、参加者リストに名前が載っていませんが、主催者からはOKの返事をもらいました。募集人数は35名、参加申し込みをしたのは私を含めて46名のようです。主催者からOKの返事をもらったってことは全員走らせるんだろうか・・・。基本的にサポート無しの1200km、ロッキーやBMBのような至れり尽せりのブルベではないので完走できるか未知数の私にはちょっとは気が楽です。とりあえずやるだけやってみようと言う感じです。
 コースはカナダバンクーバ・アイランドを端から端までを往復。スタート・ゴールのVictoriaでは結構曲り角が多いのでGPS頼りになりそうです。GPSが壊れないことを祈っています。CPはインフォメーションCPを含めて30箇所(ちょっと多すぎという気がしています)。クイズの意味が理解できなかったら序盤でアウトです。

参考までに関連のWeb-Siteは下記です。
 BC RandonnerusのWeb-Site
 VanIsle1200kmのWeb-ste

さぁ、先週の疲れが取れたらもう少し走りこまなくっちゃ。

ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-06-14 22:24 | VanIsle1200-2006
オハイオ400km
オハイオのブルベ400kmを走ってきました。疲れました。

スタートは朝の5時、朝の2時に起床、家からスタート地点まで車で移動。400km超の時にはもっと睡眠時間を確保すべきと反省。朝5時、小雨が降る中、24名の参加者が暗闇の中一斉にスタートした。

e0059231_213013.jpg


いつものように住宅街はちょっとスピードを落としての走行。住宅街を抜けると徐々にペースが上がる。30名の集団は主催者のBobの先導で30km/hくらいで進んでいく。30kmも走ったところでオハイオ南東部特有のアップダウンが始まる。先週の600kmから右ひざがちょっと痛く、今回はあまり踏み込まないようにと集団を先に行かせ、自分のペースで走る。幸いな事に雨は殆ど降らなかった。ただ、気温がそれほど上がらず、登りは良いが下りが寒く、服装の選択が難しかった。
 最初のCPである New Lexingtonは100km地点。ここまで殆ど休憩を入れずに到着。半分以上の参加者は出た後だった。いつも見慣れた数名とここで顔を合わせる。20分ほど休憩したが後続が来る気配は無い。このCPを出たところでGPSにトラブル。突然液晶が消えてしまった。電池を外して戻したら動作した。良かった。後で気が付いたが、340km地点までログが残っていなかった。何だったんだろう。修理が必要かなぁ。
 150km付近で再度雨、レインウェアの上を着て、GPSに雨よけの袋をかぶせて走り出したところでシークレットCP。さきほど休憩したばかりだったのでサインだけもらって走り出す。雨はすぐに上がってしまった。
 折り返しの200km地点のMariettaは古い感じの街である。おなかが空いて街中で写真をとる余裕が無かったのが残念。200km地点まで9時間ちょっと。私としては理想的なペースである。280km地点までは結構登っては下らされるコース。できれば日没までに300kmをこなしたいと思うが思うようにペースが上がらない。280kmのCPでも4時間30分の貯金。前回の300kmとほぼ同じペースで走れた。
 300kmを超えたあたりで犬に脹脛を噛まれるアクシデント。飼い主が止めるのをきかずに走ってきた犬は左側に回りこんでいきなり脹脛に噛み付いてきた。幸い飼い主が看護士で、そこの家で消毒、化膿止めを塗ってもらった。ここで止めるべきかちょっと考えたが、どちらにしても今回のオハイオのブルベはサポート無し、ゴール地点まで戻らないと帰れない。まだ走れそうだったので、飼い主の連絡先を教えてもらい先に進んだ。脹脛の痛みから眠気は無くなった。
320kmも過ぎたあたりでナイトラン。雨上がりのせいか鹿やアライグマの野生動物を多く見かける。特に林の中を走る区間では野生動物にあたらないように気を使いながら走る。340km地点のLancasterのCPについたのは11時を過ぎてしまった。
 LancasterのCPで30分の休憩のち、残り60km。風も無く走りやすかった。今回は犬に噛まれるアクシデントがあったが、ゴールのモーテルが見えたときには無事帰って来れてほっとした。ブルベカードにサインをしてチェックアウト。シャワーを借りて汗を流し、帰路についた。途中で3時間ほど仮眠して家に着いたのは朝の8時になっていた。

 まだオハイオ・ケンタッキーでは600kmが開催されるが、家の都合からスケジュールが合わず参加は無理。ということで、これにて私の春のブルベシリーズ参加は一区切りである。

走行距離:401.3km
走行時間:21時間41分
累積標高差:4120m

ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-06-12 02:17 | ブルベ
今週末はオハイオ400KMです
先週600KMを走ったばかりですが、今週オハイオで開催される400KMに参加してきます。

ここをクリックするだけ。
自転車関連のブログ新着はこちらから
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2006-06-10 09:22 | ブルベ