excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
明日はケンタッキーで600km
 フリーの件はショップに電話して直ぐに修理して欲しいと連絡しておいて夕方持ち込みました。普段ならそれで預けて2~3日だけど、今回はその場でフリーにグリースを圧入、汚いグリースが沢山出てきました。で、大丈夫かとチェックしたけどラチェットの引っかかりがうまく働いていないところがあり、交換に決定。問題は部品、最初数日かかるとな・・・。
どうしようかと考えていたら、ショップの人がにこにこしてポケットから部品があったと出してくれた。そして交換、$25なり。新しいホイール購入も仕方ないかと思っていたので安く修理できて良かった。これで、やっと週末の600kmを走れる目処が立ちました。ちなみに、それから家に帰って、チェーンの洗浄、ベアリングの組み立て、変速機の調整をやったので寝るのが遅くなってしまった。玉あたりの調整なんて何年ぶりだろう。

 そして明日はケンタッキー州で600km。同じところで200~600kmまで全部参加するのは初めてです。今回はきちんと仮眠を取って翌日の200kmでどれだけ貯金が確保できるかのチェックをしたいと思っているので完走時間はそれほど気にしていません。予定は、朝4時スタート。21~22時間で400kmを走って、翌日は朝6時くらいにスタート200kmを11時間で回ってくれば38時間でゴールできるはず。
e0059231_11213172.jpg

[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2008-05-30 21:11 | ブルベ
自転車が重い・・・、続きです
 違いの分からない事では自信があるのですが、日に日に状況は悪くなっている感じで、最近いよいよやばいかもと思い始め、今日駆動関係をばらして確認作業をしました・・・。余裕はなく、写真はありません。土曜日にはケンタッキーで600kmブルベがあるのに・・・。

 チェーンはMissing Linkのおかげで簡単に外して、最後に洗浄しようとZipロックのビニール袋へ。BBが怪しいと思っていましたが、チェーンを外して回すと問題無さそう。
そして、ディレーラのプーリーをばらして清掃。ここも問題なし。
そしてフリーを手で回すと・・・。重い・・・。ちなみに1年以上使っていないシマノのWH-R535と比べても雲泥の差。さらに、しばらく手で回すと重くなったり少し軽くなったり。フリーを取り外そうとベアリングまでばらしたけどフリーに合うアーレンキーが見あたらずそこまでで断念。

フリーを交換すれば対策できると思いますが、この辺りでは基本的にショップに補修用のパーツの予備は無く、取り寄せに数日とても週末には間に合いません。

 ためしにWH-R535に10Sのカセット入れて使えそうな気がしましたが、シマノは公式に対応不可と言っているし、使って問題なかったという話も聞いたことが無いので600kmでは使わない方が良いんでしょうね。

 明日中に新規購入も含めて対策が見つからなければ今週間のLBC-600kmはDNSにするしかないかも。ショップからの返事に期待するしかありません。

この600kmが終わったらメンテに出そうと思っていたのに・・・。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2008-05-29 12:18 | 自転車装備
何か自転車が重い・・・
 自転車通勤兼トレーニングもある程度継続中。しかし、最近自転車がなんとなく重い気がしています・・・。スピードが出ないとかじゃないんだけどペダリングが何となく重い・・・。いままで静かだったフリーも何か乾いた音がしてきたような気がする・・・。ケンタッキーかオハイオの600kmが終わったらショップにチューンナップに出そうと思っているけど、600km走るのにちょっと不安です。
 BBは2000年に購入したもの、使わなかった時期が結構長いけどそろそろ交換時期?
 フリー・ハブはどれくらいもつんだろう。これも2000年に購入したもの。
 リムは2004年から使い続けていて指で触っても結構減っているのが分かるし・・・。
 ブレーキシュー、タイヤ、チェーンはそろそろ5000kmになるので交換時期は想定内
ブルベを走り始めて6年目に突入、同じ物を結構使い続けているので、いろんな物が交換時期が来ているような気がします。ケンタッキーの600kmは再来週、補修するのは間に合わないし、自転車本体以外なら途中でだめになっても何とかなるはず。とりあえず、この週末にチェーン、ディレーラ、スプロケをきれいにしてみようかな。

と言いながらただ調子が悪いだけだったりして・・・。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2008-05-22 11:46 | 自転車装備
RAAMボランティア
 Race Across America、アメリカ横断自転車レースが今年は6月に開催されます。その走行距離は4840km。オハイオはほぼ中央部を通過します。ブルベでも結構なじみのある地域がルートになっています。途中54カ所のTimeステーションと呼ばれるチェックポイントがあるわけですが、ここで5~6時間ボランティアすることになりました。参加者は1200kmブルベを65時間以内で走れる強者ばかり、そういう人たちの走りを見られればちょっとは刺激になるかな。
仕事は簡単なものだけだよと言われたけど、さて何をすれば良いんだろうか。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2008-05-21 19:36 | その他
ライトあれこれ
 こちらは春が雨が多いシーズン。自転車を洗うと雨が降るというパターンが続いています。

 特に新しい話もないので、最近のライトについて書いておきます。ブルベではライトが必須で、結構重要なアイテムです。私のライト類の装備は、他の人やWebを参考に、試行錯誤しながら現在に至っています。

 現在メインで使っているのがハブダイナモ駆動の2WLEDのInolight 20+。
e0059231_8431266.jpg

配光パターンも良くなかなか使えるライトなんですが、頭痛の種は熱問題。56km/hを越えると壊れるらしい。ローカルブルベ、PBPでは夜間こんなスピードで一定時間走れるわけは無く気にしていませんでした。しかし今年はロッキーマウンテン1200kmがある。ナイトランのロングダウンヒルがあるのは確実・・・。そこまで走れればだけど・・・。販売元に連絡したら、ちょっとだけ電気をテールライトに分けることでこの問題は無くなるそうで、今更ながら無償で送ってくれるらしい。部品が届いたら詳細は報告したいと思います。

 最近ではもっと明るい物も出ていて、ダイナモ駆動で注目の製品はSupernova E3。円筒と直線を組み合わせたアルミボディのデザインが物欲をそそります。ブルベ関連のメーリングリストではこれを手に入れた人が絶賛しています。気になるお値段は・・・・・・・・、テールライトと合わせると$300くらい。今使っているライトの2倍を軽く超えてしまう・・・。ちと高いなぁ。
e0059231_11431014.jpg

e0059231_11445972.jpg

ただこれ、ドイツ製なのにテールライトは明るすぎてドイツでは使ってはいけないらしい。どこ向けの製品なんだろう。

ちなみに、バッテリー式のライトも色々見ているけど、ランタイム、明るさ、配光パターン、重量を満足する、決定打がまだ見つかりません。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2008-05-15 10:21 | 自転車装備
LBC-400km 走行記 その3
 LBC-400kmの走行記も今回で終わりです。

 遅い昼食でお腹を満たし、ここからが復路。まずは最初の16%ののぼりを片付けなければならない。坂へのアプローチ、反対車線がやけに渋滞していると思ったら、馬車が下ってきた。この坂を馬車で下るのは結構勇気がいるかも。そしていよいよ16%の登り・・・、あまり無理しません。押しました(汗)。そしてフラットから下り基調へ。追い風を期待したが風は止んでしまった。そこからは大きなうねった道を行く、250km地点のStanfordにできれば4:30までに到着しておきたかった。雨は無くなったが、今度は日差しが痛い。中間地点で一度休憩を入れ、 250km地点のStanfordのCPには思惑通り4:30ちょっと前に到着。CPでSteveと顔を合わせる。まだ平均20km/hペースを維持している。これで、最初の目標どおりSalvisaで日没を迎えられそうである。
e0059231_1111306.jpg

 StanfordのCPを出るとコースは西へ、しばらくは向かい風区間。本日一番の我慢の区間である。遠くにSteveが見える。牧場の一角がタンポポで一面真っ白の所があった。写真を撮ろうと思ったけど、きつい区間で止まる余裕が無かった。向かい風区間がほぼ終わったところで一度休憩。そして丘を越えると、次のCP Harrodsburgまでは比較的なだらかな道になる。Harrodsburgの街の直前でSteveに追いつく。CPの手前で彼はライトの電池を買うために別のお店に寄った(コンビニは高いからね)。私はそのままCPへ。そして、直ぐにSteveがきた。彼はPBPから同じ電池を使っていたとか・・・。CPでボトルを満たして、軽くホットドッグを食べた。向かいのハンバーガショップに参加者が一名休んでいた。Steveの知り合いらしく彼がお店をチェックしていた。これまた後日談だが、彼はここでDNFを決めたと言うことである。

 このCPで軽く食べた後、日没前に一番苦しい区間を越えるべく重い腰を上げた。一足先に出たSteveが途中でウィンドブレーカを着ている所で追いつき、彼と一緒に一番苦しいOregon Rdに入っていく。彼も日没前にここを通過したいようで先を急ぐ。太陽はほぼ沈みかけていた。日没まであと何分あるんだろう。急な下りを下りきった所では薄暗くなってきた感じがある。川の近くで冷え込むと思ったら逆に暖かだった。そして長めの登り、ゆっくりだが着実に登っていく。途中車を道の真中に止めてこちらに向かって叫んでいた女性の人がいたが、相手にせずに進んでいく。Steve曰く、ここを他人が通るのを嫌がっているらしい。ちなみにここは一般道、身勝手な人はいるものだが、まぁ、顔も見せずに物を投げつけて逃げる人よりは少なくてもまともだと思った。

 登りの途中でGPSが日没が来た事を示した。しかし、ここでは止められない。ヘッドライトだけ点灯させてひたすら登る。上りきって開けたところで一度自転車を止めてナイトランの準備をする。気温が下がってきたのでここでレインジャケットの上、レッグウォーマも着る。 そしてすぐにSalviasの街、先行しているSteveを追いかける。彼と併走しながらLawrenceburgの街へ向かう丘をいくつも超えていく。

 街に入ってからもアップダウンが続く。次の信号を曲がればコンビにまで一直線、Steveに声をかけようと後ろを振り向くといなかった・・・。ゴールまで残り60km、コンビニに一度立ち寄る。時間は夜10時。昨年より1時間ほど早い。コンビニ前でインナーウェアをウールの長袖に替える。これで手持ちの服は全てである。気温は10度前後。風が冷たいためかちょっと寒い。それと眠気防止のためカフェインのタブレットもここで1錠飲む。 そしてSteveと共に残り60kmを片付けるべく先に進んだ。
e0059231_11192033.jpg

 一人よりも二人の方が集中できるのか、今まで押していた区間も何故か楽に登りきる。犬の攻撃も二人いると分散するのかかわすのが楽である。30kmほどの所でSteveが見えなくなっていたので休憩も兼ねて一度自転車を降りる。そしてストレッチ。Steveがきたところでまた先に進む。

 残り20km地点で残りの水が心配になり、自販機で水を購入。時計は12時を回っていた。21時間台でゴールできるのは間違いない。今日のナイトランは晴れており、星がきれいに見える。速い人達はこんな星空を見ることは無いんだろうなと勝手に優越感にひたる。しかし予想以上に寒い。ペダルを回しても体が温まってこない。真北へ向かう道に入るとここからゴールまで10kmもない。ここでGPSのバッテリー残量警告が出る。気温が下がってきたため予想より早く消耗しているようである。電池交換するような距離でもなく、ログだけ残しておきたかったので、ナビゲーションを止め、バックライトも消した。もう遠くにゴール地点の明かりは見えている。力を残しておく必要は無い。

 下りは冷えるがひだすらペダルを回しつづける。ハイウェイを越えると、残り数キロ、ふと気がつくとSteveがいない。星空を見ながら彼を待つ。Steveが追いついた所で再び走り始める。そしてゴール。疲れはしたが先週の300kmよりはダメージが少なかった。私がゴールしてほどなくSteveも到着。彼と握手をして分かれた。

 このペースで走れれば、ケンタッキーの600kmでは4時間近く睡眠時間が確保できそうである。最終走者のDavidは深夜に迷走していたようで、12:30の段階で主催者のSteveにコースに戻る方法を電話で問い合わせをしていた。3:30には到着できそうだということだった。

 主催者の部屋のシャワーを借りて、着替えさっぱりしたところでモーテルの前のレストランで食事。先にゴールしていた一人が食事をとっていた。夜2:00頃だというのにやけに店は混んでいた。このお店でちょっとしたいざこざがあり、警察を呼んだりどたばたしていたため、注文した物が出てこないどころか、作っている途中のものは全て黒こげ、フライパンからは炎が上がって店の中が煙で白い・・・。落ち着くまでに時間がかかりそうだったので、出てきたスープだけ食べて店を出た。そして、途中のガソリンスタンドの駐車場かパーキングエリアで仮眠するつもりで帰路についた。

 実はここからハイウェイに乗るまでに一般道で40分くらい運転しなければならない。ハイウェイ近くでやけに後ろに張り付く車がいるなと思ったら、いきなりまぶしいサーチライトで照らされる。加えて赤や青の光の点滅でかなり眩しい。警察・・・、スピード違反はしていないはずなのに・・・。車を停めて待つこと数分、警官が懐中電灯でこちらを照らして、スピードがやけに遅いけど道に迷ったのかとの質問。疲れているからと言うと、数キロ先にガソリンスタンドがあるからそこで休むように指示を受ける。そうしようと思っていたんだけどね。しかも、親切にその直前まで着いてくるし・・・。ただで車を停めて寝るのも悪いので、ガソリンスタンドでコーヒーを買って、シートを倒したら、一瞬で寝てました。

 気がついたら2時間くらい寝ていたか。それからはハイウェイを使って家へ。朝7:00到着。それからまた寝て、気が付いたら朝の9:00だった。ともあれ、無事400kmを走って、帰ってくることができた。 200,300km地点で食事を摂ったのが良かったのか今回最後にスローダウンすることは無かった。今までの失速は補給不足からだったのか。さて、次は600km。できればロッキー1200kmまでに2回600kmを走りたいと思っている。1回は400km走ってCPクローズ1時間前まで寝て、次の200kmでどれだけ貯金が作れるか試そうと、もう一方は2時間の仮眠でどれくらい走れるか試したいと思っている(仮眠無しで走りつづけるのはメリットが無いのでもうしません)。とは思ってもこれは、スケジュール次第で、どうなるかは分からない。参加したらまた報告します。

走行距離 404km
走行時間 21時間28分
実走行時間 18時間40分
累積標高差 5250m(GPS測定値)
天候 曇り 最低気温11度、最高気温21度
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2008-05-01 03:28 | ブルベ