excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
コントロールに使うお店
 先日走った200kmの時、また走りにくると皆が言ってくれたが、ルート作成者にとってこれ以上のうれしいことはないですね。今回のルートは路面状況もかなり良く、フェリーをうまくルート上に組み込めたことが成功だったかな。

 ルート作成上気をつけているのは、自販機も無い道を走るのが殆どなので50kmくらいおきに補給できる箇所を設けておくこと。トイレも結構重要なポイントです。特に100kmおきにきちんと食べられるものが入手できるようにしています。それと、後半は自販機でも良いから25kmくらい間隔で補給ができる可能性を残しておくようにしています。

 補給箇所はコンビニをしているけど、最近のお気に入りはUnited Daily Farmers というお店。店内に椅子とテーブルもあり、アイスとかシェイクとかも買えるのでなかなか良い選択だと思っています。今回気がついたのは、ちょっと前までなら、氷・水は無料で分けてもらえたけど、最近の不景気を反映してか、氷は$0.25取る所が増えていること。まぁ、たいした金額ではないので、それで気持ちよく利用できるなら問題ないんですけどね。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2010-07-30 01:14 | ブルベ
Permanent Milford-Ohio River 203K 詳細
 Permanentは事前にスタート日時をルートオーナーに対して申請して走るもの。当日は、基本的にはブルベと同じルール。ルートの累積標高差は1350m程度。2月に走っているがこの時はルートのチェック他も兼ねていたので13時間くらいかけてゆっくり走った(というか結構多めに走った)。今回コロンバスから4名が走ると言うことで、一緒に走ることにした。スタート時間は彼らの移動時間を考慮して8:30。この時期としては遅いスタート時間である。マイミクのMattさんも走る予定だったが、参加できなくなって残念。
e0059231_4151556.jpg

e0059231_4163558.jpg

 自転車はライト類は不要なので外し、念のためCatEye EL400を取り付けた。雷雨という予報もあり、カーボンホイールは使いたくなかったが、メインで使ってきたOpenProのリムが限界なのでアイオロス6.5に履き替えた。その他に雨対策と加えて気温が高いこともあり電解質のタブレットを多めに持った。

 当日、スタート地点に8:00頃到着。一緒に走るRoss,Donn, Roy,Donnaも程なくして到着。彼らを待つ間リアのシフトワイヤーのテンション調整。これで、多少良くなった。最初のコンビニのレシートをゲットしてスタートチェックは完了。既に気温は20度後半、立っているだけでも汗が流れはじめる。8:30丁度にスタート。
e0059231_491697.jpg

ブルベ400kmでも使ったことのある小川沿いのフラットな道を先頭で道案内。5kmも走ったところでこの春のFlecheのルートと合流。最初の街Bataviaまでは16km。快調にここまで先頭で引いて来たが、Bataviaを超えたところの登りはゆっくり行きたかったので先頭を譲る。ゆっくり登って、平坦になったところでグループを再構成。フラット区間を先頭で引く。50km地点のFelicityには2時間ほどで到着。ベンチに座って30分程休憩。他のメンバはポテチで塩分補給。皆まだまだ元気。

 Felicityからは軽いアップダウンを繰り返し、そしてオハイオリバーへ向かうダウンヒル。気持ちよく下るとUS52。
e0059231_49429.jpg

Flecheではここからオハイオリバー沿いに100km以上一本道で進んだが、今回は数キロ先のフェリー乗り場から対岸へ。フェリー乗り場に着くとフェリーは対岸を出たところ。しばし木陰で休憩。さらにフェリー上でも休憩。皆気に入ってくれたようで一安心。
e0059231_410214.jpg

e0059231_410319.jpg

e0059231_4104085.jpg

 フェリーで渡った先はケンタッキー州のAugusta。お祭りなのか出店とか出ていて寄りたかったが、時間も気になり先に進んだ。ここから30kmほど一本道で折り返しのMaysvilleへ。途中RoyのGPSが気温36度を表示したとか。帰りに使うWilliam H. Harsha Bridgeが自転車通行可能であることを念のためチェック。(この街にはもう一つ橋があるが、交通量が多いため今回変更した。)そしてMeysvilleには12:50くらいに到着。フェリーで時間がとられた割には良いペース。Maysvilleのコンビニで氷をボトルに満たすと共に軽くサンドイッチを食べる。ポテチで塩分補給も。40分ほどの休憩でまた暑い中走り始めた。
e0059231_4175818.jpg

 折り返して数キロ、来るときに確かめた大きなサスペンションブリッジのWilliam H. Harsha Bridgeへ。ここを超えるとオハイオ州に戻り、US52へ。車が多く走りづらいが、5kmくらい走ると路肩も広くなり走りやすくなった。Ripleyの街を過ぎ、Old-US68に入るとオハイオの南部の台地に戻るべくすぐに登りが始まる。激坂では無いが距離が長い。一度大きく下って登り返す。途中ミスコースしたDonn, Ross, Royが抜いていく。彼らは追わずに自分のペースで淡々と登る。登り切って、平坦になったところの木陰で皆が待っていてくれた。皆そろったところで数キロ先のGeorgetownのコンビニに移動して給水。ブルベでもおなじみの所。
e0059231_4121552.jpg

 ボトルを満たし、次の目標は25kmほど先のSardiniaのコントロール。Donnが30km/hくらいで引きはじめるが暑さから長くは続かずグループのペースがずるずると落ち始める。それでも150km地点のSardiniaのコントロールに4:20に到着。ボトルを満たす。Royが熱中症気味でかなりつらそう。Donnもミネラル不足からか足が攣ったとか。応急処置としてジップロックの袋に氷をつめてRoyの背中に入れ先に進んだ。残り50kmなり。
e0059231_413011.jpg

 ここから先頭でグループのペースを上げすぎないよう20~25kmをキープ。今年はこんな状況が多いような気がする・・・。中間地点にあるお店まで持たせればと思いながら進んだが、数キロ手前でダウン。木陰で休憩。一息ついてお店のある地点まで走り、氷を購入して全員のボトルに詰める。残った分は全てRoyの背中へ。
e0059231_4132123.jpg

気温も多少下がってきたこともあり少しは楽になってきた。最後に快適な3kmくらいのダウンヒル。そして朝通った小川沿いの道。ゴールのMilfordのコンビニには夕方7:15に到着。全員完走。最後に皆のカードを回収し、長かった一日が終わった。皆このコースを気に入ってくれたようでよかった。また走ることを約束して分かれた。

走行距離 203km
走行時間 10時間46分(実走行時間 8時間30分)
累積標高差 1310m

RUSA5000kmまで残り:1186km
R-12まで残り:6ヶ月
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2010-07-29 07:30 | ブルベ
Permanent Milford-Ohio River 203K
 日曜日、自分がオーナーになっているPermanent Routeのひとつ、Milford-Ohio River 203Kを走ってきました。詳細は後日。とにかく暑かった。この日の気温は公式には32度。一緒に走った人のGPSでの測定値では36度。暑いはず。後半は25kmおきに氷水を補給して、頭からかけながら走りました。
e0059231_1133319.jpg

 今回は普段使用しているオープンプロのリムが限界と言うことでカーボンディープリムのアイオロス6.5で走りました。このホイールで100km超を走るのは初めてです。使っての感想ですが、低速でごりごり走るとホイールの剛性のためか、はたまた体重が重いのかきしむような音がして精神衛生よくない。ペダリングがうまくないと性能を発揮できないような気がしましました。ただし、それは低速での話でスピードが上がれば問題なし。20km/hくらいまではそれほど軽さは感じられなかったけど、25km/hを超えるとすっと軽くなったような感じでスピードが伸びるように感じました。高速ダウンヒルでも不安なし。雨、氷点下といった悪環境での使用は向いていないので、使いどころが難しいけど乗って楽しいホイールです。

 一方でギヤがうまく決まらないと先週書きましたが、シフトワイヤーの伸びのようで調整したら調子は戻りました。ただ、後半はまた同じような症状が出始めたのでワイヤーが切れる予兆か?とりあえずワイヤー交換しようと思っています。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2010-07-27 11:05 | ブルベ
Garminの地図データ
 最近というか、もうここ数年自転車にGPSは欠かせないアイテムになっています。ルート案内はもとより、走行距離/ルートなどのログ取得にも重宝しています。Permanentなどでルート情報を提供する機会も増えてきているけど最近やけにGPSデータをくれという人が多くて、ちょっと不思議に思っていたというか、それくらい自分で作れよなと思っていました。特に最近の機種を使っている人に多いような気がする。それと、GPSできちんとルート案内できるならキューシートを常時見えるところに置く必要もないと思っていました。
e0059231_1855275.jpg

 日本語バージョンは知らないけど(正規販売の日本地図は私のGPSでは動作しないので興味なし)、よく調べてみると、Garminの地図データは、従来のDVD販売の他に、ダウンロードバージョン、SDカードバージョンでの販売もあり(一体いつの話と突っ込まないように)、それぞれ一長一短。ダウンロード、SDカードバージョンの人はそのデータをパソコンにインストールして使うことはできないため、他のソフトを使わなければいけない。ただし、いろいろ制限とかあり一筋縄ではいかない。原因はこれだったのかと、理解。

DVDバージョン
 -PCが必須
 -PC上でWaypoint/ルート/トラックログを作成しGPSへ転送できる
 -地図データをGPSに転送する必要がある。
 -地図データのアンロック作業が必須。他GPSへの転送は不可
SDカードバージョン
 -入手後、即利用可能(転送作業など不要)
 -地図のアンロック作業は不要
 -カードを差し替えることで複数GPSでの利用が可能
 -PCでの利用は不可
ダウンロードバージョン
 -最短時間で入手可能
 -地図は指定GPSで使えるようにアンロック済み
 -PCでの利用は不可

使い方にもよるけど、結局、PCでルートのプランニングが必要ならDVDを買え、でなければ、他のWeb-Siteとか使って苦労しなさいということなのね。最近の傾向がやっと理解できたような気がする。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2010-07-20 18:13 | GPS活用
ケンタッキー300km
 ケンタッキーで開催された夏の300kmを走ってきました。600km以来全然走ってなかったのと、加えて日本に一時帰国で時差ぼけ、全区間に渡って眠かった。こんなに眠かった300kmは初めてでした。おまけに、調整してもらったはずのリアの変速の調子が悪く全然ギヤが決まらなかったし・・・。

 ルートはケンタッキー州のGeorgetownから2006年のルートと同じような感じで、州立公園のNatural Bridge State Park方面へ。片道150kmの往復コース。今回のルートを作ったのは前のケンタッキーでのブルベの主催者ジョニー。彼は現RUSA設立時の中心メンバーのベテランライダー。彼のチョイスは累積標高差3800mのかなりきついコース。メインディッシュは100km~200kmのState Park内。累積標高差は前後半の100kmが1000m、中間の100kmが1800m。
e0059231_1171396.jpg

 スタートはジョニーの家が集合場所。時差ぼけで当日移動に不安があったので前泊、マイミクのMattさんと部屋をシェア。朝4時に起きたけど眠い。外に出ると雨。雨の装備を全然持たずに来たので、雨は上がったとはいえ既にやる気無し。ジョニーの家には5時半前には到着。参加者は11名(100人来ても駐車は問題ない広さ!)。遠く西の空に雷を見ながら、6:00丁度にスタート。
e0059231_10585188.jpg

ジョニーの家から道路に出るまでに250mの砂利道が走りづらい。雷雲に追いかけられながらも早朝の気持ちの良いアップダウンを進んでいく。2006年に走ったときはもうちょっときつかったように感じたのだが・・・。50kmくらいで雨雲に追いつかれ、雷を避けるために雨宿り。眠かったのでこの休憩は助かった。しかし他の人たちは構わず走っていった。雷が過ぎたところでしきり直し。程なくして雨はあがった。63kmのMt Sterlingで給水。90kmくらいにある峠(?)を超えると最初のコントロール、Bowen。小さな商店で水は売っておらず水道の水を分けてもらう。ボトルに入れたリキッドフードを捨てられてしまったのはご愛嬌(笑えないけど仕方なし)。既に気温は上がってかなり暑い。ウェアは雨で濡れたのか、汗で濡れたのかわからない状態。

 ここからがこのルートのメイン、林間の道を延々と登っては下る。大きな登りは2つ。途中亀が道路にいたがよけてあげる余裕無し。2つ目の登りの大部分をこなしたところで湧き水ポイント(Mattさんが止まっていなかったらそのまま過ぎてたと思う)。頭から水をかぶって冷却。気持ちよかった。
e0059231_10598100.jpg

ここを超えると急激に下って(帰りは登るのだが、考えないことにする)、折り返しのコントロールIrvineへ。コントロールまで5kmの所で眠気から完全にペースダウン。ふらふらで日陰で休もうとしたところで、折り返してきた主催者のSteveのグループと会い、冷たい水を頭からかけてもらい復活。何とかコントロールに到着。Mattさんと1時間休憩で合意。エアコンの効いた店内は最初は気持ちよかったが、1時間もいると寒くなってしまった。

 そして復路、街の中の温度計は96Fを示していた。摂氏になおすと35.5度。暑いはず。そして急激に下った区間、既に力なく押しました。しかし、押してもこんなにきつい登りって・・・。皆走って超えたのだろうか・・・。押すこと30分。登りきって湧き水のポイントへ。またまた体の冷却。
e0059231_10592862.jpg

へろへろになりながらも200km地点のコントロールへ。ジョニーが出るところだった。ここでも30分の休憩。またまた、水を入れてもらうときにボトルに入れたリキッドフードを捨てられてしまった・・・(しゃれにならないが打つ手無し)。氷を分けてくれたので良しとするしかない。

 コントロールを出て最後の大きな登り、足が攣り動けなくなったりしたけど何とか復活、が、眠気からペースが上がらなくなり道端で5分の仮眠(行き倒れ状態・・・、よく考えたら家の前で寝ている人がいたらやだよね)。完走はできると思ったけど、内容は散々。Mt SterlingのコンビニでMattさんと合流。ナイトランの準備をして残り60km、ゴールを目指した。ここからはケンタッキーフラットと呼んでいる緩いうねった道、朝は気持ちの良い道だったが、200km以上走ってきた体には堪える。既に気温は下がってきたが、眠気覚ましに定期的に氷水を頭、首筋、足にかけながら走る(これは使える!)。20kmも走るとジョニーに追いつく。残り30kmの地点でジョニーが自販機休憩。頑張っても深夜0時前にゴールできそうにも無かったので彼に倣って休憩。
e0059231_10594658.jpg

ジョニーと一緒なら安心して走れる。最後に彼の家に入るドライブウェイの砂利道を注意しながら走りゴール。玄関に置かれたタイムレコーダーでカードに時間をスタンプしてゴール。疲れた。

 ジョニーの家でシャワーを借りて家路についた。途中仮眠しながら帰ったので家に着いたのは朝4時を過ぎていた。

走行距離:301km
走行時間:18時間26分(実走行時間 14時間22分)
累積標高差:3800m

RUSA5000kmまで残り:1389km
R-12まで残り:6ヶ月
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2010-07-20 11:07 | ブルベ
眠い・・・。
 いやぁ~~、眠いです。
家族が今朝(?!)日本から帰ってきましたが、その迎えで睡眠時間が2時間くらいしかとれませんでした。
Webで到着時間を確認して、到着40分くらい前に家を出たけど、もうすぐ空港に到着というところで妻から電話、早く着いたのかと思ったら、途中の悪天候で1000km以上離れた別な空港に着陸したとか。怪しいルートを取っていたとは思ったけど、別な空港に行くなんて30分前まで情報無かったのに・・・。それから待つこと3時間、皆ぼろぼろになりながらも無事到着。家に着いたのは深夜3時でした。ともあれ、無事着いてよかった。

今回、妻と子どもたちの乗った飛行機は往復共にトラブルでかなり遅れたけど、日ごろの行いが悪いのがいるのだろうか。まぁ、途中1泊ということにならなかったのが救いです。

そして、持って帰ってきた荷物山、買い物旅行でもここまでならないと思える量でした。8人乗りのミニバンで迎えに行ったけどマニュアルをみたら、人も含めた最大荷重は500kgちょっとだそうな。荷物の重さだけで300kg近く。安全係数分があると思うのである程度の超過は大丈夫だと思うけど、それを考えても厳しい総重量。結局タクシーとの分散になりました。
ところで、8人乗りで最大荷重が500kgちょっとって、一人平均65kgで考えているわけ?!?!?! この辺ではありえないと思うのは私だけだろうか。この辺ではせめて一人平均100kgにしないといけないような・・・(爆)。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2010-07-15 22:32 | 日々雑多