excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2012年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
Permanent Blue Ash - Caesar Creek
Colorado High Country 1200に向けてのトレーニング、機材他のチェックも兼ねて、Permanent Blue Ash - Caesar Creek を走ってきました。距離は206km。

このルートは比較的初期に作り、全後半にいくつか登りがあるものの、平坦区間も多く、機材のチェック等には向いていると思ってます。今回は、エアロバーのセッテイングの確認と新しく購入したカナリという会社のレーパンのチェック。

エアロバーは・・・、休憩後1時間くらいしかポジションキープできなかった。ビデオゲームのブースターアイテムみたい・・・。慣れと、もうちょっと高さがあると楽かもしれない。スピードが上げられることは確認できたが、結構足とかにくる。こんなんで大丈夫なのか・・・。
あたらしいレーパンはカナリのジェル入りのパッドがついたもの。変な感触だが特に問題はなかった。300kmは大丈夫だろう。概ね良好だった。

Permanentは前半にある丘をゼーゼー言いながら登り、畑の中の一本道を爆走(?)して、最初の街Blanchesterへ。57km地点。2.5時間弱で到着。休憩して出発と思ったら、RAAM(アメリカ自転車横断レース)のTime Stationが目の前。既にゴールしている人も結構おり、撤収したと思ってました。写真を撮らせてもらって話をして出発。またまた畑の中の一本道、ゆるい向かい風。全然スピードがのらずだめだめオーラ全開。折り返しのJamestownまでの107km、5.5時間もかかってしまった。救いは、風が冷たく、気温が高くてもそれほど暑く感じなかった。ただ、走っている間に汗が出なかったのは、風のおかげか、ミネラル不足かは分からなかった。

Subwayでゆっくり食事をして帰路、待望の追い風(と思っていたが殆ど無風だったか?)。平地で25~30をキープ。エアロポジションのテスト。やっぱりスピードが数キロ上がります。後半のバイクトレイルは日陰もあり、川からの風が気持ちよい。折り返してから、後半の100kmを4時間以内で走れば10時間切れるとかなり頑張ったが、10時間を3分のオーバー。まぁ、こんなものです。前半100km、5.5時間、30分休憩、後半100km、4時間。だいたいこんなペースでした。

不具合は、ステムのねじの締め付けトルクが甘かったのか、ハンドルが若干下た向いたこと、エアロバーも動いてしまい途中で修正。フロントブレーキレバーもねじが緩んでしまった。ブレーキレバーは手持ち工具では修復不可で殆ど前ブレーキが使えなかった・・・。と、機材関係はなかなかびしっと決まりません。まぁ、ここでだめだししておけば、1200kmまでにはきちんと仕上がることでしょう。

そして、今回の大失敗は、せっかくリ粉末ドリンクをボトルに入れたのに、家に忘れたこだった。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2012-06-27 21:54 | ブルベ