excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
OH600km
オハイオで開催された600kmに参加してきました。
結果は呟いていたので既に知っていると思いますが、160kmくらい走ったところでDNFを決めました。
前兆は朝3:50に起きた時に足が攣った・・・。

朝4:30にHome Depot(DIYショップ)の駐車場に集合。参加者は7人。寂しい600kmとなりました。
e0059231_0382849.jpg

かなり暑くなる予報だったので、サプリ類を多めに持ちいざスタート。

今回のテーマは「頑張らない」。無理して前を追わず、坂でも無理して重いギヤは踏まない。厳しいコースなのでエナジーを極力セーブした走りに徹したはず・・・。スタート直後は涼しくて気持ちが良い。既に半袖半ズボンなんですが・・・。3週間前に走った400kmでは気温数度で寒さに震えていたのが信じられない。

57km地点のSomerset。頑張らなかったが2時間半かかっていない。
e0059231_0443338.jpg

このルートはSomersetから本格的なアップダウンがはじまります。ちょっと長めの登りを終えた後で休憩。頑張っていないはずなのに足が攣りそうな感じ。ボトルの水の残量に注意しながら足にかけたり冷却に努めます。
e0059231_0511643.jpg

2つめのコントロールは110km地点のMcConnelsville。大型バイクを乗った人が沢山。日陰で休憩するが、食欲が後退しているのが分かる。既にピザとかハンバーガーとか臭いも嗅ぎたくなくなっている。TUMSを飲んで回復に努める。

McConnelsvilleを出るとしばらくは川ぞいの気持ちの良い道。後に続く登りを考えつつ今を楽しむ。
e0059231_0544785.jpg

そして川を離れると、かなり厳しいアップダウン。セーブしていたはずなのに力が出ない。何かがおかしい。
e0059231_13512.jpg

景色はオハイオらしいうねった丘が続く。しかし、完全に足が回らなくなっていた。日陰で10分ほど横になると多少ましになるが回復が遅い。この区間60km。唯一補給可能なのは40km走ったWatertown。過去に何度かお世話になったお店がある。そこまで行けば水も手に入るし氷で体が冷やせる・・・、はず。しかし、お店は廃業していた。Watertownって名前なのに水一滴買えるところ無し。とりあえず、庭に出ていた人にお願いして水道を使わせてもらい、ボトルを満たすと共に頭から水をかけた。そして木陰で横になるが、両足・両手が攣って動けなくなってしまった。過ぎていく時間が気になるが、足も手も指も曲げられない。1時間くらいしてやっと動けるようになったが、次のコントロールはどう頑張っても制限時間ぎりぎり。さらに次の区間は気象条件もルートも厳しく、引き返すことも難しい区間。残念だがDNFを決めた。

前のコントロールからここまでおよそ40km程に4時間近く費やしてしまった。公共交通機関がないアメリカ、妻を呼んだとしても片道5時間のドライブ。往復することを考えると自走で帰れる。日没を過ぎればもう少し楽になるだろうと、ゆっくり引き返した。ただし、ルートはある程度補給可能な大きな道を選んだ。無事スタート地点に戻ってきたのは深夜2時半。21時間を越えるの冒険になってしまった。

今回、天気は快晴、最高気温は32度。体感気温はもっと高かったはず。参加者は7人、完走者は2人だった。

次は、RUSA CUP達成のため、ノースカロライナの1000kmを走ることを計画していましたが、ちょっと別の問題が発生してしまい走らないことにしました。まぁ、その話はまとまったらしたいと思います。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-25 09:05 | ブルベ
ドライブトレイン見直し
 誰が決めたか、ロードはフロントダブルの52/39T、リヤは11-23T(25T)、タイヤは700x23C(20C)。でも最後はやはりエンジンである人間。ランドナータイプの鉄フレーム、フロントギヤはトリプル、リヤはマウンテンバイクのギヤつけて、タイヤは32C、変速はダブルレバーそんな仕様で参加する70過ぎたサイクリストもいます。でもって、ブルベやセンチュリーランでは、そんな人たちにもぶち抜かれます。その繰り返しで、最近では乗るのはロードである必要なんてないかなと・・・。えっ、気付くの遅すぎ?!でもできたら軽い自転車で楽に乗れたら良いなぁ・・・・。そんなことを思いつつ、スプロケ交換に合わせて色々変更しました。
e0059231_8514916.jpg

何か、いろんなものが少しずつ自己主張していてアンバランスなような・・・。まぁ、他の人は気がつかないんだろうけどね。

まずはフロントチェーンリング、使いづらかった50x34Tから、今年の春まで使っていた48x34Tに戻しました。多くの人が50T使っているから問題ないんだろうけど、7年も48T使っているとなかなか50Tが使い切れず慣れませんでした。BBは戻したくなかったので、クランクはそのまま。外した50x34Tは使用頻度の低い方の自転車へ。
e0059231_855237.jpg


そして、スプロケは今まで11-27Tを使っていましたが、これを12-30Tに変更。使用頻度の低い11Tを外して、30Tに換えたような感じ。
e0059231_8585678.jpg


で、ここから先、これを読んでやってみようと思う人は、製品の仕様外の使い方なので自己責任でお願いします。使っているリヤディレーラは、10速が出た初期の製品、RD-7800SS。仕様ではリヤの最大ギヤは27T、キャパシティ(フロントとリアの最大-最小のギヤの総歯数差)は29T。今までもキャパシティこれに対して32Tだったので規格外の使い方していました。まぁ、そこは日本製、仕様はかなりマージンを持っていると思います。フロントを48x34にしたので、このディレーラそのままでも行けそうですが、ここは安全みて、使わずに保管しておいた、9速トリプル用のディレーラ、RD-7700GSに交換しました。この頃の仕上げが一番きれいだったと思います。最大ギヤは27Tまでですが、キャパシティが37T。
えっ、9S用が10Sで使えるのかって?経験上問題起きたことありません。プーリーの交換もしたことありません。厳密には変速性能が落ちるんだろうけど、シマニョーロにしている段階で誤差の範囲だと思います。
仕様外は最大ギヤのみ。Bテンションの調整で対応できた。試走の結果、変速は大丈夫みたい。でも楽になったかは不明・・・。
e0059231_9122099.jpg


そして、タイヤ。25Cに変更しました。これが、この自転車に入る最大。見てくれなんてブルベでライトやらGPSや大型バックを取り付け始めた段階で崩壊しています。とにかく、乗り心地重視です。ちょっとクリアランスが少ないのが不安要素です。走った完走は23Cに比べてなんかもっさりしている感じ。長距離走ってみないと分からないね。走っても分からないかもしれないが・・・。
e0059231_9155470.jpg

そして、外したタイヤはこれまたスペアホイールに移植。あと2000kmはいけるでしょう。最後まで走ってもらいます。

さて、これで、OH600は楽になるんだろうか???
その前にOH600の仮眠場所どうしよう。安モーテルはどこも満室なんだよなぁ。いっそ460km走った所のモーテルかコンビニテーブル爆睡か???
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-05 10:07 | 自転車装備
OH400
ケンタッキー600kmの翌週、5/25、オハイオの400kmに参加してきました。
ルートは2010年と同じ。前回は19時間半で走れたコース、安易に考えていました。

一生懸命走っている時、トラブルを抱えながら走っているときは基本写真ありません。
ということで、今回は写真殆どなし。

 ケンタッキーでは暑かったが、今回のスタート時の予想気温は2度。一度30度近い気温を体験しちゃうと数度が想像できない。日中の気温上昇との天秤で、スタート時の服装は、ウールのアンダーウェアにウールジャージ、ウィンドブレークベスト、レインジャケットの重ね着。下はレーパンにレッグウォーマ・・・、下はそれしかバッグに入れてなかった。足は夏用の靴下にレインカバー。手袋はウールの手袋に指きりグラブ。それに、ウールのフェイスマスク。上半身は良かったけど、下半身は失敗だった。スタートしてから4時間くらい足の指は痛かった。
e0059231_833318.jpg

 今回は安全のため、前泊。朝5:00に起きて、集合場所の映画館の駐車場へ。参加者の集まりが悪い。結局スタートしたのは13人。あれっ、3回続けて参加者13人???帰りのゴール直前の橋が工事中で進入禁止。迂回するかは任せるとか、なんかしまりがありません。頑張って走るぞって気になれない。そんな感じで、スタート時間。遠くの出口を回っても、芝生をショートカットしても良いとか。迷わず芝生を乗り越えて道路へ。で、どちらに走ればよいの???本当にしまりのない始まり方。でも走りだせば、まとまって走り始める。が、今回はスピードののりが悪い、すぐに無理して着いていくことはせずに一人旅モードへ切り替える。下半身の服装の選択ミスの影響か???先行していたMattさんはサドルの高さを変えるとかで止まったりしていた。この400km、最初の100kmがアップダウンが多い区間、足の力を温存して進む。40kmも走ったところで前走者2人を捕まえたが、上り坂でロー側3枚くらいのギヤの入りが悪く登りで失速。だめだめモードです。とにかくフロントをインナーにしてトルクをかけると歯飛が醜い。83kmのButlerには4時間弱で到着。とりあえず必要な物を補給。

 Bulterを出ると、アップダウンのあるMohican State Forest、そして、Pleasant Hill Damと入っていく。使えないギヤにいらいらしながら何とか使える所を探しつつ前に進んでいく。Pleasant Hill Damの湖畔の道、何度も走ったが好きな道。ここをを超えると、開けた畑の中の道、風は向かい風。時間が経つにつれ風が徐々に強くなってくる。こんなパターンが今シーズンは続いている。163km地点のLodiは7時間半程で到着。ペースはまずまずである。ここはSubwayでしっかり食べる。サンドイッチ、ポテチ、それとヨーグルト。食べたら、次はほぼ1本道で100km、Tiffinまで西に進む。風は横風・・・、が、予報どおり徐々に北西の風に変わっていった。つまり斜め前方からの風。40km走ってNew Londonのコンビニで休憩。コントロールではない。ここまで予定通りと思ったが、New Londonを出て、景色の変わらない一本道にやられたか、今シーズン初の眠気が来た。小さな町にあるお店、残っていたコーヒーをカップに入れてお金を払おうとすると、もっていけという合図。最近こんなのばっかだなぁ。何かオーラが出ているのかな。とにかく、ありがたくいただいて、向かいのベンチで休憩。20時間切るのは難しそうだった。
e0059231_8335045.jpg

Tiffinまで行ったら向かい風から開放される、とそれだけを思って走っていた。TiffinのコントロールはサークルK。日本でもなじみのあるマーク。中は普通のアメリカンなコンビニ。おにぎりなんて無い。次のコントロールまで40km。そこまでもてばいいという感じで食べる。そして、いざ追い風と思って走り始めたが何か変。気がつくと風は北東のほうから吹き始めていた。横風から向かい風・・・。あきらめモード、でも日没前に次の町Bucyrusに着きたいと頑張る。Bucyrusには日没とほぼ同時に到着。

ここでカップラーメンを食べる。まずいが、他よりましというレベル。まぁ、慣れました。
e0059231_834894.jpg

そして、ナイトランの準備、ここからゴール手前まで約80km無補給区間、気温も下がり始めた。真っ暗な中でバッグは開けたくないから。必要な物は全てポケットに移した。足の対策は、雨用に持っていたビニール袋で靴を覆いレインカーバーをした。今までの経験だと、これで耐えられるはず。月は不気味に赤かった。夜間、15kmくらい真っ直ぐな一本道では何度もGPSでどこまで走るのか確認してしまった。中間地点で止まってポケットに入れておいたバナナで補給。月は真上に来ていて、色も普通になっていた。そして、真っ暗な湖畔の道を経由して、ゴールのコロンバスへ、最後は前を走っていたJohnと一緒になる。迂回路は把握していたが最後の大きな道を走る気にはなれず、工事区間を選んだ。工事区間は歩道を走って通過。ゴールは夜中1時過ぎていた。ビールを1本もらい、シャワーを浴び、着替えをして、眠くなる前に帰りたかったので、他の参加者を待つことはせずに先に帰った。朝6時前には家に着いた。ギヤの不調で思ったよりしんどい400kmだった。

次の600kmまではきちんと整備しておかないといけないなぁ。3週間後で助かった。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-04 19:12 | ブルベ
Ksyrium SL修理
 ケンタッキーの600kmでメインで使っているKsyrium SLのスポークが折れたわけだが、早速月曜日修理のためにショップへ。どうぜ部品の取り寄せとかで数日かかるだろうからフロントも含めてオーバーホールしてもらおうと丁寧にタイヤもスプロケも外して持っていった。
e0059231_8204863.jpg

 会社の昼休みに行ったのだが、棚の下の工具箱をごそごそ探して、「シルバーならあるぞ」とか・・・。「赤か白なら許容範囲だがシルバーはなぁ」なんてやっていたら、丁度合うものが見つかった。早速取り付けて振れ取り。簡単に終了。ついでにフロントも。正味5分で終わってしまった。お代は$20。

 ちょっとブルース・ウイルス似の親父、前回のフロントの異音の対策といい良い仕事をしてくれます。前回なんてかっこよく「お金はいらないから友達連れて来い」でおしまい!

 このブログ読んでいる人がそのショップまで行くとは思えないが、まぁ近くまで来る事があったらぜひ寄ってみて下さい。こちらです。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-04 08:39 | 自転車装備
KY600
これまた古い記事で、5/18開催のケンタッキーでの600kmのお話です。

ケンタッキーはルートは厳しいけど、走るのは好きな所です。いつも遅いですが・・・。
で、ブルベをはじめて10年、ケンタッキーで600kmを走るのは2度目。なかなか日程の調整が難しいんです。今回は満を持しての参加。スタート・ゴールのモーテルが取れなかったのでお隣のモーテル泊となった。

ケンタッキーのルートは初日400km走り、スタート地点に戻ってきて、翌日200km走りまた同じ所に戻ってくるルート。なので、ドロップバッグは不要。荷物を運ぶ必要もありません。

スタートは朝4:00。3:00に起きる。気温は10度前後。指きりのグラブでも走れる。問題は朝8:00くらいまでの雨の予報。受付を済ませたときは降っていなかったがスタート直前でぱらぱらと雨が降り始めた。レインウェアを羽織って、レッグウォーマ、アームウォーマを着けた。が、他の人はレインウェアどころかレッグウォーマも着けていない。まぁ、人種の違いか・・・。
e0059231_875591.jpg

4:00になりスタート。暗い中走り始める。ケンタッキーのルートは最初の小さな登りでその日の調子が分かる。スピードは上がらないが、踏み込まずにゆるゆると登っていく感じ。自分のペースをキープすれば良い感じで行けそうだった。300kmで苦労したアップダウンも今回は良いペースで超えられる。50km地点のコンビニはパス(今回はコントロールでは無い)。雨は時折強く降るが感じは悪くない。97km地点のGeorgetownのコントロールにノンストップ4時間半で到着。一人旅にしては良いペース。いつものタンデムペアが休んでいた。

Georgetownを出ると雨は上がり、日が出て気温がぐんぐん上昇していく。良い感じでペースを刻んでいく、ケンタッキーの道は厳しいと思ってたけど、走りやすく10年かかってやっと友達になれたような気がした。そして、前走者に追いつき始めた。いつもはずるずる離れて一人旅が定番、こんなこと滅多にない。できるだけ足の残すため、ペースを維持すれば追いつけると言い聞かせて無理なペースアップは避ける。前を走っていたのはStephen。そしてタンデムペアも見えてきた。157kmのMiddle Townのコントロールまであとひと頑張りという所でチャリンと音がしてワイヤーみたいなものを踏んだ感じ。普段ならそのまま進んでしまうところだが、気になり引き返してみたら、見たことあるような棒・・・。この平たいアルミの棒ってキシリSLのスポーク・・・。止まってホイールを確認するとリヤのスポークが無くなっていた。ブレーキを開放すればとりあえず走行可能だが、キシリSLのニップル回しなんて持ってない。調整不可。完組ホール使用の問題点です。残り450kmをそのまま走るかしばし考えたが、スポークが少ないこのホイール、もう1本折れたらまず走行不能。夜間に動けなくなったら死活問題。それと、このホイールをだめしてまでこの600kmを完走する意味は無い。今年は1200kmを走らないので600km完走は必須ではない。ということで、残念だが走れるうちに引き返すことにした。それでも150km近く走らなければいけないのだが・・・。そういえば、学生時代旅していた頃は1日の走行距離は120kmくらいが常識だったような・・・。距離感が壊れているなぁ。
e0059231_893313.jpg

完全にサイクリングモードで引き返す。できるだけホイールに負荷をかけたくないのでダンシングするような所で迷わず押した。のんびりモードで走り、Georgetownではコントロールのコンビニの近くのマクドへ。昼ごはん。追加料金無しでポテトをLにしてくれたり、飲み物ただでつけたりの大サービス。食べ切れませんでした。
e0059231_895482.jpg

それからは、ちょっとコースから外れてみたりしてスタート地点に戻ってきたのは8:00近かった。でも16時間かかっていない。300kmでは18時間かかったのに・・・。確保していたモーテルの部屋でシャワーを浴びて仮眠。そして、帰路に着いた。これで今年のダブルSRは無くなった・・・。

体力的にはまだまだ余裕があっただけに、残念な結果だった。400kmで一度戻ってくるルートならスペアのホイールを車に入れとこうと思った。まぁ、日曜日に妻のバレエのパフォーマンスを見にいけたのでそれはそれでラッキーだった。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-04 08:17 | ブルベ
OH 300km
走ったのは、5/4。一ヶ月ほど前です。

 スタートは朝6:00。家を朝4:00に出てスタート地点に向かった。スタート30分前に着いたが誰もいない。しばらくして主催者のBobが到着、そしてぱらぱらと人が集まり始めた。結局今日のスタートは13人。なんとも寂しい。他のイベントと重なったため参加者が少なかったらしい。少人数なので車検も特に無し。暗いうちのスタートなので見れば分かりますから。
e0059231_6232727.jpg

気温はそれほど寒くなく、指切りのグラブでも何とか我慢出来る範囲。が、とにかく風が強く、冷たい。車の影でスタート時間を待つ。雑談しているうちに時間になり、全員まとまってスタート。追い風、皆がんがん飛ばしていきます。50km地点のNew Lewisburgのコントロール手前で先頭でグループを引いて見たりもする。ありえない・・・。まぁ、最後までこのペースで行けるわけないので挨拶がわりです。
New Lowisburgの街に入った所で先頭グループから脱落。コントロールは51km地点。1時間40分くらいで到着。速すぎ。お店の開店は8:00から、開店前なのでガソリンの値段をカードに記入し、日焼け止めを塗って先に進。先頭グループは見送ったが、Flecheを一緒に走ったJimが待っていてくれた。

 New Lowisburgから103kmのRussell's Pointまではアップダウンのある区間。ここからはマイペースで進む。Jimの話では途中通過したBellefontaineの近くがオハイオの最も標高が高い所らしい。追い風の助けもあって、Indian Lakeの湖畔のRussell's Pointのマクドナルドまで4時間かからずに到着。Indian Lakeは家の近くを流れるLittle Miami Riverの源流らしい。ともあれマクドナルドの朝食ではらごしらえ。そして十分補給して先に進む。

Russell's Pointからはひたすら南に100kmほど。次のコントロールのはその中間地点のSt. Paris。何も風を遮る者のない畑の中の道。ひたすら我慢。風が強く吹くと10km/hも出ない、一人ならぐだぐだモードになるところだが、Jimがいたおかげで集中力が切れずに走れた。
e0059231_6233478.jpg


St. ParisからLondon、ここもひたすら我慢、途中Jimについていけずに離れた所で、Jimがミスコース。声をかけたが届かなかった。追いかけても追いつくける保証がないので、先に進み、自販機のある消防署で彼を待ちながら休憩・・・、見えるところに自転車を置いたはずだったが、気づかずにJimは先に行ってしまった。パーマネントやブルベで何度も来たYellow SpringでJimに追いつき一緒に走り、Xeniaのコントロール。ここからゴールへは東に進む。苦しい区間は終わったが、残りもまだ斜め前方からの風。

Xeniaから次のコントロールLondonまでは2週間前にFlecheで走ったバイクトレイル。木々が風よけになってくれる区間もあり少しは楽ができる。2週間前は氷点下で寒さに震えていたが、今回は暑いくらいだった。Londonのコントロールで最後の補給、日没前にゴールできそうだった。GPSは14時間ぎりぎりのゴール時間を示している。向かい風で無理したか左アキレス腱が痛み始める。ペースを崩さないように集中。そして、ゴールのモーテル到着。日没前にゴール。疲れた。シャワーを浴びて一日の汗を流し帰路についた。家には12時前には到着。心地良い疲れだった。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-03 06:22 | ブルベ