excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2014 CHC1200 Part2
 CHC1200はプロフィールマップを見ればだいたいの攻略方法が見えてくると思う。まぁ、人それぞれ得意、不得意があると思うしスピードも異なるし、気象条件、体調などでも大きく変わると思うが、相対的な難易度はロッキーマウンテン1200と同程度だと思う。行程を考える所からブルベは始まっていると思うので詳しくは書きません。どういう計画を立てたか知りたい人は直接連絡下さい。でも、忘れちゃってたらごめんなさい。

 話を戻すと、スタート当日、朝3時に起床、前日までにホテルに何度も朝食のサービスが無いことを確認しておいたので、朝食は確保しておいた、パン、フルーツ、ヨーグルト。ホテルのチェックアウト時にカフェテリア見たら朝食出しているし・・・。

スタートの20分前に玄関前に出た。バッグを預けて3:50くらいから主催者からの説明が始まった。
e0059231_1085191.jpg

 CHC1200はドロップバッグ1つ。主催者が毎日、Sleep Controlにバッグを運んでくれる。参加費は$350。これに3日分のモテール泊、朝食・夕食、ドロップバッグの搬送が含まれている。かなりお得だと思う。

 主催者のJohnからの説明が終わり、朝4:00、時間になりぞろそろと参加者46人が走り始めた・・・、はずだが、アンクルバンドをするのを忘れていたのに気付き、付けている間に他の人は見えなくなってしまった。なんとも間抜けなスタートである。しかし、スタートしてすぐは信号もあり、数キロで前の人たちに追いつくことができた。今回46人中、走力的には後方から数えて10番目くらいと思っていた。今年、平地はそこそこのスピードで走れているが致命的な程登れないと感じていた。体重調整がうまく行っていないのも一つの要因かと思う。今回のCHC1200では登りで失ったタイムを下りと平地でどうリカバーできるかが鍵だと思っていた。

 走り始めて20kmくらい、Niwotの手前で、部屋をシェアしたJimがストップ。あとから聞くと、この後彼はタイヤが破裂して交換したとか・・・。Niwotを超えると参加者のスピードが安定してきたのか、CAからの参加者を中心にした7~8人くらいのグループになる。自分と同程度のスピードの人たちである。そして、初日の日の出。ゴールまであと3回日の出を見ることになるのだろうか・・・。
e0059231_10103485.jpg

 1日目、スタート地点のLouisvilleから最初のコントロールLaPorteまでの行程は、最終日とほぼ同じであるが、一部距離調整のため、1日目の方が長くなっている。その迂回路、Country Road 12へと入っていく。CHC1200最初の大きく登る場所である、過去2度通っている道で良く分かっている。一度登りきると平坦になる。シークレットコントロールがあるかと思ったが、今回は無かった。Lovelandの郊外でボランティアが飲み物、スナック類を提供してくれた。早朝からありがたい。バナナを半分もらって、先に進んだ。
e0059231_10112691.jpg

 ここからは今回新たに加わったルート。Horsetooth Reservoirへと向かう。長く登った後にダムを超えたところで10%くらいの登りがあるらしい。今はかなりの所までネットで調べられる。反面、初めて見る感動や絶望感は味わえなくなっている。どちらが良いんだろうか。話を戻すと、Horsetooth Reservoirへの登り、登りは期待していないので、ゆっくり登る。登りきったらダム湖へのダウンヒル。豪快に下る。そして、ダムを超えて10%の登り、標高1700mくらいだと思うがこのあたりにも日陰に雪が残っている。まだ全工程の序盤なのでゆっくりながらも押さずに登りきる。
e0059231_10131593.jpg

そして、急激な下りで今まで登った分を全部吐き出しFort Collinsの町へ入っていく。Fort Collinsの町に入ると平坦になり、Laporteへ。コントロールは過去にも何度もお世話になったVern's。前を走っていた人たちも休んでいた。9:20頃に到着。2012年より多少遅いが誤差の範囲である。次はGlen Echoのコントロールを通って100km先のCameron Passまでおよそ1500m登る。名物のジャイアントシナモンロールは食べる気になれなかった。コーヒー牛乳のようなもので糖分補給、あとはクラッカーを食べ、ボトル、キャメルバッグを満たした。
e0059231_1014878.jpg

<続く>
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2014-07-31 00:00 | Colorado High Countr
2014 CHC1200 Part1
2014年、Colorado High Country 1200に参加してきました。
何がうまくいって何がまずかったか忘れちゃうので備忘録として書いておきます。
CHC1200の募集要綱とかはこちら。

初開催から3回連続参加になります。2011年の初開催時はセントルイスの600kmで左アキレス腱を痛め、そのまま参加して、2日目のSnowy Rangeの登りきった所で回収されました。2012年は森林火災があり1日目、2日目のルートが変更になった。3日目、暑さにまいったが雨にも降られず完走できました。2012年は完走したとは言え、ルートが変則的であったこと、デジカメの設定ミスで写真がだめだめだったこともあり、もう一度走りたいと思っていました。当初は車をシェアして行くことになっていたので往復の移動をそんなに心配していませんでしたが、一緒に行くはずだった人が仕事の都合でキャンセル。今回も単独片道2000kmのドライブでの参加になったのでした。

移動日前日、夜眠れず2:30に目が覚めてしまった。そのため、朝4:30に家を出発、おかげで日没前にデンバーにたどり着くことができました。途中止まって食べたのはマクドの朝メニューのみだった。予定していたモーテルが満室で泊まれず、結局その日は車中伯になってしまった。車に寝袋、マットを積んでいたので問題は無かった。
e0059231_9515725.jpg

 CHC1200はとくかく標高が高い所を走る。スタート地点が標高1500m。全工程のうち900kmくらいは標高2000m超のエリアを走る。体がいかに高所に適応できるかが問題になる。そして注意しなければいけないのが、3日目のSleep Control。ここの標高が2000mを超えている。日中は高所対策できるが、寝ている間は対応できない。注意が必要である。事実、毎回何人かはここでDNFする人がいる。
到着翌日、日曜日は体を高所に慣らすために、パーマネントの100kmを走った。今年、100kmのパーマネントは何度も走っていて、100km程度なら翌日に疲れがでないことを確認している。ルートは標高1600mくらいのところを走る。一人で走るつもりだったが、走る前にホテルの前でうろうろしていたらテキサスのマークと会い、彼も一緒に走ることになった。何故かカードは2枚持っていたので1枚を彼に渡した。スタート地点のモーテルを出て、Eldrado Springsで距離調整、そしてRabbit Mountainまで走り戻ってくるコース。標高差が一番少ないルートを選んだつもりだった。50kmまでは快調に走っていたものの、急激なペースダウン。原因が分からない。今までにない疲れ、走り終わると、足、手が攣り、翌々日の1200kmが不安になった。これも高所の影響だろうか。
e0059231_9542515.jpg

月曜日、まだ前日の手足の攣った感じが残っていたが、さらに高所に体を慣らしておく必要があるので、観光がてた標高3800m近いRocky Mountain National ParkのTrail Ridgeまでドライブした。気持ちの良い道が続くが空気が薄いのが分かる。半日楽しんで夕方の受付・車検のために1:00過ぎには戻ってきた。
e0059231_9572180.jpg

午後には、参加者がホテルロビーに集まってきており、話をしたりしながら受付・車検の時間を待つ。そして、4:30から受付・車検、チェック項目は反射ベスト、ライト類とドロップバッグの大きさと重さ。必要装備としては、前後ともライトを2つ以上装備していなければならない。まぁ、1200kmを走ろうとする人たちですから、車検を通らない人はいませんでした。ここで、ブルベカード、キューシート、主催のRocky Mountain Cycling Clubのボトルを受け取る。
e0059231_9581849.jpg

そして、受付の後、何名かと一緒に近くのレストランで夕食をとって夜8:00には寝た。明日は3時起き、4時スタートである。

600kmからの変更点は、ハンドルバーバッグを2つエアロバーの下側に付けた。容量が増えたと共に、アクセスしやすくなった。
e0059231_100028.jpg

<続く>
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2014-07-30 00:00 | Colorado High Countr