excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


OH 300km
走ったのは、5/4。一ヶ月ほど前です。

 スタートは朝6:00。家を朝4:00に出てスタート地点に向かった。スタート30分前に着いたが誰もいない。しばらくして主催者のBobが到着、そしてぱらぱらと人が集まり始めた。結局今日のスタートは13人。なんとも寂しい。他のイベントと重なったため参加者が少なかったらしい。少人数なので車検も特に無し。暗いうちのスタートなので見れば分かりますから。
e0059231_6232727.jpg

気温はそれほど寒くなく、指切りのグラブでも何とか我慢出来る範囲。が、とにかく風が強く、冷たい。車の影でスタート時間を待つ。雑談しているうちに時間になり、全員まとまってスタート。追い風、皆がんがん飛ばしていきます。50km地点のNew Lewisburgのコントロール手前で先頭でグループを引いて見たりもする。ありえない・・・。まぁ、最後までこのペースで行けるわけないので挨拶がわりです。
New Lowisburgの街に入った所で先頭グループから脱落。コントロールは51km地点。1時間40分くらいで到着。速すぎ。お店の開店は8:00から、開店前なのでガソリンの値段をカードに記入し、日焼け止めを塗って先に進。先頭グループは見送ったが、Flecheを一緒に走ったJimが待っていてくれた。

 New Lowisburgから103kmのRussell's Pointまではアップダウンのある区間。ここからはマイペースで進む。Jimの話では途中通過したBellefontaineの近くがオハイオの最も標高が高い所らしい。追い風の助けもあって、Indian Lakeの湖畔のRussell's Pointのマクドナルドまで4時間かからずに到着。Indian Lakeは家の近くを流れるLittle Miami Riverの源流らしい。ともあれマクドナルドの朝食ではらごしらえ。そして十分補給して先に進む。

Russell's Pointからはひたすら南に100kmほど。次のコントロールのはその中間地点のSt. Paris。何も風を遮る者のない畑の中の道。ひたすら我慢。風が強く吹くと10km/hも出ない、一人ならぐだぐだモードになるところだが、Jimがいたおかげで集中力が切れずに走れた。
e0059231_6233478.jpg


St. ParisからLondon、ここもひたすら我慢、途中Jimについていけずに離れた所で、Jimがミスコース。声をかけたが届かなかった。追いかけても追いつくける保証がないので、先に進み、自販機のある消防署で彼を待ちながら休憩・・・、見えるところに自転車を置いたはずだったが、気づかずにJimは先に行ってしまった。パーマネントやブルベで何度も来たYellow SpringでJimに追いつき一緒に走り、Xeniaのコントロール。ここからゴールへは東に進む。苦しい区間は終わったが、残りもまだ斜め前方からの風。

Xeniaから次のコントロールLondonまでは2週間前にFlecheで走ったバイクトレイル。木々が風よけになってくれる区間もあり少しは楽ができる。2週間前は氷点下で寒さに震えていたが、今回は暑いくらいだった。Londonのコントロールで最後の補給、日没前にゴールできそうだった。GPSは14時間ぎりぎりのゴール時間を示している。向かい風で無理したか左アキレス腱が痛み始める。ペースを崩さないように集中。そして、ゴールのモーテル到着。日没前にゴール。疲れた。シャワーを浴びて一日の汗を流し帰路についた。家には12時前には到着。心地良い疲れだった。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-03 06:22 | ブルベ
<< KY600 2013 Fleche >>