excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


PBPレポート20 パリ観光・帰国

 朝変わらず7:00起床。足首・膝とも限界で昨日の段階ではホテルで1日おとなしくしているつもりだった。朝食はこれまでと同じく、UK、カナダの人ととる。話はPBPでの出来事。朝食後、片づけをしている人を見たりして午前中ぐだぐだしていたが、やはりここまで来てパリまで行かなかったら絶対後悔すると思い、手も痛くまともに自転車に乗れる状態ではなかったが、デイバッグに呼びチューブ、鍵をほおりこんで走り始めた。

ホテルの駐車場はすでにがらがら
e0059231_31760.jpg


時速10km/hくらいでも路面から突き上げがあると悲鳴を上げたくなる。Saint-Quentin-en-Yvelinesの市内まで行った所でチーム大王のB氏がお茶してたので同じところで昼食を取りしばらく話をする。




そして2時近くになって、パリを目指して走り始める。

1日経ったゴールは人影無し
e0059231_352872.jpg


まずはすぐ近くのベルサイユ宮殿に向かう。道もそれほど上り下りも無く快調(?!)にベルサイユ宮殿へ。ホリディシーズンの日曜日のためか、人が多い。自転車を置くところが見当たらずうろうろしていたら外に停めろと注意される。中に入るためのチケットは買うまでにかなりの時間が必要なので外だけぐるっと見てパリに向かった。

e0059231_365381.jpg
e0059231_371360.jpg


 途中ガソリンスタンドで休憩。米国のブルベ方式です(笑)。このガソリンスタンドは米国のコンビニ併設のものと同じような感じだった。犬をつないでおく場所があったので写真におさめる。
e0059231_372236.jpg

そして、昨日までと同じように幾つかの丘を越えるとパリしない。だんだん車、人が多くなってくる。そして、凱旋門が見えた!ツールドフランスではこの石畳を走るのかと関心したが、既に右足首は限界、止まりたくても左足からクリートが外せません。しかも、石畳の道は手への振動もすごく、今の状態では拷問でしかなかった。凱旋門が見えてから遠かったこと。

凱旋門が見えた!
e0059231_373239.jpg


凱旋門はロータリーの外から地下道で入っていく。友人はエッフェル塔よりもこちらを登ることを薦めていたので迷わずこちらで上に登るためのチケットを購入。そして凱旋門の中へ・・・。何で階段なんだ~~~!膝も足首も痛く、拷問です。何度後ろの人に道を譲ったことか。事前の調査不足でした。でも眺めは良かったぁ。
e0059231_374240.jpg

凱旋門の上から
e0059231_375078.jpg


凱旋門からエッフェル塔に向かうために凱旋門のロータリーに入る。ちょっと勇気が必要だった。そして石畳の道に閉口しながらエッフェル塔へ。途中、カフェで休憩。

公衆電話(PBPではこのような公衆電話の中で寝た人もいるとか)
e0059231_38056.jpg


パリ市内で見かけたレンタサイクル(?)。いくらだったか忘れたけど、ちょっとの金額で30分以内なら1日乗り放題とか。
e0059231_3115491.jpg


エッフェル塔に到着するとすごい人。とても長居する気にはなれません。

e0059231_384427.jpg

しばらく川を見ながらぼんやりした後、どうやって帰ろうか・・・。ホテルまでは40km弱。乗って帰る気力既に無し。そういえば、電車一本でSaint-Quentin-en-Yvelinesまでに行ける事を思い出し駅へ。自販機で切符の買い方が分からず、窓口で購入。ついでに電車の時間も確認。そして自転車をおしたままゲートを通り、電車へ。楽チンです。やめられません。

電車内の自転車置き場が分からなかった。がらがらだったので問題なし。
e0059231_3114058.jpg



そしてまたスタート地点の街へ。駅前のスーパーマーケットに寄ってお土産を購入。

何か面白いものがないかなぁと思っていたらエスカルゴの殻。
e0059231_353931.jpg

ホテルには夕方7時くらいに到着。とりあえず昨日の汚れた服をすすいで水を切るために干し、明日のタクシーの予約をし、夕食に出かけた。ホテルから歩いて数分のレストラン。ひさびさにまともなものを食べたような気がする・・・。それから寝るまでは帰るための荷造りでばたばたしてしまい、寝たのは1時過ぎていた。

翌日、帰国の日、朝7時にホテルで朝食を取り、タクシーで空港へ。空港は自転車を持ってアメリカに帰る人であふれていた。知った顔も結構いた。私の帰る飛行機は彼らとは別でカウンターは空いていた。ラッキー♪

チェックインを待つ人の列
e0059231_35496.jpg

空港でパソコンを使おうとしたけどキー配列にとまどう
e0059231_355855.jpg


チェックインの後も話をしたりして時間があっという間に過ぎていった。出国手続きを済ませ、搭乗ゲートへ。ここでもまた、ケンタッキーに帰る参加者3名と遭遇。ここでも気付けば搭乗の時間でした。そして帰路についた。空港でまでは家族が迎えに来てくれた。そして巨大なパリ・ブレストで完走祝い(制限時間はおいといて自力で帰ってきたので完走と言うことでいいんですよね)。

持ち帰ったおみやげ
e0059231_361265.jpg

巨大なパリ・ブレスト
e0059231_362270.jpg

 10日間ほど遊ばせてもらいありがとうございました。認定されるかまだ分からないけど完走、そして無事帰ってくることができてよかった。

レポート21へ
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2007-09-10 09:32 | PBP
<< PBPレポート21 あとがき PBPレポート19 Dreux... >>