excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
OH400
at 2013-06-04 19:12
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


BCBCBCBC 160km
 1000kmブルベの替わりと言ってはなんだけど、地元のサイクルクラブが主催するBCBCBCBCというサイクルイベントに参加してきました。日本人と思われる人を見かけたが声をかけるタイミングを逸してしまった。
 ここ数年、このイベントには参加していなかったけど、これが4回目の参加。所謂センチュリーランで、基本的なルートは100,75,62,50,35マイル(1マイル=1.6km)と実力に合わせて自分で距離を設定できるようになっている。ルートもショートカットできるところが多数あり、途中からでもルート変更が簡単にできるようになっている。160kmで物足りない人は2カ所ほど特別サービス区間(?)もある。参加費用は当日参加で$14。フードストップの設定は1カ所のみ、徹底的にコスト削減している。
 参加した距離は160km。累積標高差は先日走った200kmの3倍弱。結構難易度の高いコースである。

 朝5時過ぎに家を出てスタート場所に着いたのは6時過ぎ。まだ日の出前で暗い。High Schoolの中が受け付け。
e0059231_0412093.jpg

スタートは各自勝手に走り出し、ゴールも特にチェックは無く勝手に解散という開催方法。明るくなって5~6名が走り始めた後、7時20分にスタートした。
e0059231_0434687.jpg

最初の40kmくらいは距離調整のためか比較的フラットな道。今回も比較的好調で平均速度25km/h、トータル6.5時間を目標にした。

 最初のフードストップは60km地点。水は殆ど使っていなかったのでメロン・スイカをもらい、5分くらいの休憩で先に進んだ。
e0059231_103597.jpg

小さな街をぬけ、このコースで一番長い登りをゆっくり越える。90km地点のお店で給水、補給を考えていたが、その場所にお店は無かった・・・建物の跡も見あたらなかった。ボランティアの人にも確認していたのに・・・。これでやる気モードが一気に下がり、目標の6.5時間は完全に消えてしまった。下の写真は2005年の時のお店。
e0059231_152776.jpg

さらに大きな丘越えをいくつか越えていく。最近の傾向でちょっと重めのギヤでゆっくり回す。このルートの一番の目玉は120km地点のアーミッシュの街。ここのベーカリーが補給箇所として指定されている(ただし自分で購入しなければならない)。ここはいつもながらすごい人。長い列に並ぶ気にはなれず、別な雑貨屋のようなお店でコーラと水を買っておしまい。(ちなみに、このイベントではここで購入したものをゴール地点まで配送してくれる。)
e0059231_1391114.jpg

 残りは40kmと甘く見ていたが、気温は30度近く。おまけに風は向かい風、へろへろになりながら140kmほどの地点のお店に到着。残った水を頭からかけ、さらに冷たい水をボトルに満たした。しかしそれでもこれまでの水分・カロリーの補給が足りなかったようで頭痛までしていた。木陰で止まったときそのまま寝てしまいたかった。
e0059231_122182.jpg

ゴール地点の学校には7時間15分で到着。疲れた。ゴールしてから氷水をボトル2本分くらい飲んでやっと落ち着き、軽く食べたら眠気も無くなった。

 前回同様200km弱ということでまじめに補給は考えずにはしったが、こちらのセンチュリーランでも7時間前後で走れる事が確認できたのは良かった。ただし、後半苦しんだので次回からはもうちょっと補給の準備をして走るようにしたいと思う。
[PR]
by ntoshiyuki_jp | 2008-09-02 01:39 | センチュリーラン
<< 米国での2009年の1200k... OR 1000km 途中経過 >>