人気ブログランキング |
excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2018 Florida T..
at 2018-12-22 21:50
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2008年 04月 09日 ( 1 )
LBC Brevet 300k 走行記その2
 170km地点で10分間のコンビニ休憩のち、長指のグラブ、頭に巻いていたバンダナを外して、先に進んだ。気温は上がってきているが、風は冷たく体感気温は高くない。冬用のタイツを選んで正解だった。

 コースに戻り、直後にある小さめの峠を越えるとあとは200km地点のHarrodsburgまではケンタッキーフラットと呼ばれる緩い(?)アップダウンの連続。CPまで10kmほどの地点で前走者が目に入る。彼は同じ地域に住んでいるDaniel、オハイオの200kmでもはぼ同じ時間にゴールした人である。追いつきそうだったが、Harrodsburgの街の中の信号でつかまってしまった。そしてCP、着いた直後に3名が入ってきた。この3人はチェックだけ済ませると先にCPを出て行った。ここでボトルを満たし、後半区間の一番厳しい区間、且つ向かい風を越えるべく先に進む。
e0059231_11352529.jpg

 CPを出て10kmほど、先ほど充分な補給を済ませたはずだが足が回らない。サプリメントを摂っていない事を思い出し、一度自転車を止めて補給。また回せるようになる。大きく下ると一番長い登り区間。川は先日の雨の影響か水の量が多い。
e0059231_11355593.jpg

 あせらず着実に登り、Salvisaの街へ。休憩する理由も無く、今回はパス。街の中を過ぎるところで前方に、Danielを見つける。
e0059231_11362838.jpg

e0059231_11373996.jpg

彼をパスして、Lawrenceburgの街へ。CPまであと5kmくらいの所で先行しているはずの3人に抜かれる。途中で休憩を入れていたようで元気な彼らに着いていく力は無かった。CPには夕方6:45に到着。カードのチェックを受けると、トップはこのCPを3:45に到着したとの事。CPで彼らに迂回路について聞いたら、朝大丈夫だったから普通のルートを通れば大丈夫と言われる(何故知っている?!)。
e0059231_1137216.jpg

 このCPでどうしても固形物が食べたくなり、チキンヌードルスープを購入。そして、トイレに行っている間に、先ほどの3名とDanielが出て行った。気温が結構下がってきたのでグラブを長指に変える。日没後はカメラは使えないと思いポケットに入れていたカメラをバッグに入れた。残り60km、あと一がんばり。追い風区間が多いかなと思ったが、夕方になって風は止んでしまった。今朝迂回路を通ったために今回通っていない正規の20kmの区間に放し飼いの犬が多かった。朝なら比較的楽にかわせるが、250km以上走った後では振り切るのはかなり力がいる。以前放し飼いの犬に噛まれたこともあり、気が抜けない。そんな追いかけっこを何度か繰り返すと、前方にまたまたDaniel発見。残り30kmくらいで彼に追いついたものの、こちらはナイトランの準備がまだできていない。自転車を立てかけられる場所を見つけてナイトランの準備。ヘルメットのライトに電池を入れ、テールライトを点灯させた。程なくして日没。本格的なナイトランは今回が初めて、ライトの感じとかを見ながらゴールを目指す。残り10kmほどになるとゴール地点のShelbyvilleの灯りが見える。ここからが結構遠い、どこで上げているのか分からないが、花火も見える。ゴールのモーテルに入ると、先にゴールした3人が片づけをしていた。そして主催者のSteveの部屋に入るとDanielがちょうどカードにサインを終えた所だった。

 Steveの部屋でシャワーを借りて今日1日の汗を流し、そして帰りの2時間のドライブ。家では家族が食事を作って待っていてくれた。感謝。

 まだまだ補給関係のトライは続くが、今年3回走って、ある程度補給がうまくいけば航続距離を延ばせることは確認できた。この試行はまだまだ続く。

走行距離 310km
走行時間 15時間48分
実走行時間 14時間25分
累積標高差 4200m(GPS測定値)
天候 曇り 最低気温4度、最高気温14度
最大風速 北北東 5m/s
by ntoshiyuki_jp | 2008-04-09 00:54 | ブルベ