excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2018 Florida T..
at 2018-12-22 21:50
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ブルベ( 247 )
2018 Florida Tip and Tail 1600km
久々に投稿しました。
リカンベントで初めてのRMなのでそのメモ書きです。

参加したのはフロリダで開催されたTip and Tail 1600km。MiamikからKey Westまでの200kmも1度は走っておきたいし、獲得標高3500mという超フラットコースという事でリカンベントで走らねばと思った次第です。参加要件はSR。オハイオで200,300,400kmをリカンベントで走りましたが、RAAM (Race Across America) でクルーをしたりと日程的にBRMの600kmが走れませんでした。そのため、Explorer 600 という自分が管理者のPermanentの600kmを走り主催者に相談したところ快諾してもらえ、無事参加にこぎつけました。9月に日本に行ったりしたため、継続的なトレーニングができず直近の1カ月の走行距離は300km程度で不安を残しての参加でした。
距離は1600km。主催者推奨は430+360+330+280+200kmで参加費にホテル4泊分が含まれています。ずっと1部屋を一人で使っていました。制限時間は5日半です。ここまで長いとどう作戦を立てたら良いか分からない。毎日朝出発できるようにというアバウトな計画です。徐々に距離が短くなることから2日目は朝9:00、2日目は8:00、3日目は7:00、4日目は7:00、5日目は6時出発で、日没をKey WestのSouthernmost Pointで迎えたいと漠然と考えました。Natchez Trace 1500kmの時も思ったが、自分には細かい計画を立てて走るのは1200km、4日間が限界です。

参加自転車はCruzbike Vendetta (V20)。Cruzbikeのリカンベントのフラグシップモデルです。V20はシートアングルが20度という意味です。前輪駆動でBBとハンドルが直結しており、腹筋が使え力がかけやすいのですが、半面ペダリングに対してハンドルが振られるためかなり癖の強いリンカンベントです。駆動系はSram Etap+Shimano 50x34 11-32。昨年8月から乗り始め、1年かかってフラットなコースであれば長距離でも大丈夫かなというレベルになってきたという感じです。勘の良い人ならもっと早く慣れるんでしょうね。ボトルはステムに1つ、両サイドに1本づつ積載しました。ライトは最初の2日はMagic Shine+大容量充電電池で乗り切り、後半はCateye Volt 800という作戦です。。霧の中では見づらく苦労しましたが、明るさ、電池の持ちは予定より良かった。補給食は低粘度のジェルを携帯し、それ以外はコンビニ補給で対応しました。荷物は、リアラックとシート下のバッグに入れました。
ここまで10年以上使ってきた、Garmin GPSMAP 60csxが自転車を立てかけ方が悪く、倒れた時にケースを打ってしまい防水機能がゼロになってしまったので、今回のブルべで引退となったのが残念でした。
e0059231_04030600.jpg

スタート地点はフロリダ州の西端のPensacola、ゴールはKey West。One Wayのブルべでまさにスタートからゴールまで1600km離れた所で、家からスタート地点、そしてゴールから家までのアクセスが問題になります。今回は娘がPensacolaからKey Westまで車を運んでくれたので非常に助かりました。これがなかったら、レンタカーでKey WestからPensacolaまで移動したことでしょう。同じ地域から参加したJimは車をPensacolaに置き、ゴール後飛行機でPensacolaに戻るよう手配していました。飛行機輪行がしやすいBike Fridayならではプランです。

スタートの2日前の金曜日、同じ地域のJ氏の自転車も載せて朝7時に車で出発。ケンタッキー、テネシー、アラバマを経由して約12時間のドライブでスタート地点のPensacolaに着きました。J氏は仕事の都合で翌日の飛行機で現地入りし合流予定。スタート地点のPensacolaは時差1時間、イリノイ州と同じ時間帯です。ブルべ中、1日目の夜に被害海岸の時間帯に入る予定です。加えて、スタート直前の深夜1時Daylight Saving time終了。スタート時間は朝4時ですが、実際の体感時間は朝6時で普段の起きる時間とあまり変わらない状態のはず。
e0059231_00503617.jpg
翌日土曜日、朝焼けを見るため少しドライブ、その後、ホテルの朝食を食べ、チェックアウト。ひとまず海を見に行きました。
e0059231_00522947.jpg
ドライブがてら走っていいたら有料道路。迂回するには遠すぎるのでそのまま有料道路を通過して海へ。橋を渡る時に結構な坂があるなというのが第一印象。久々の砂浜。砂は真っ白でした。それから、スタート地点のホテルに移動し、J氏、娘が到着するまで2時間程のサイクリング。予想通り橋は結構昇りがいがありました。
e0059231_01014216.jpg
e0059231_01023063.jpg
J氏、娘と合流した後は、海でしばらく遊んだ後に、車検(主催者がパンクで到着が遅れて予定通りには進まず)、ミーティング。ミーティングが終わったら、3人で夕食。翌日は朝4時スタート、準備を済ませて早めにベッドに入りました。

11/4 朝3時起床。着替えをして、預ける荷物を所定の部屋に運ぶ。ゴールまで運んでほしい荷物を車に入れて、カードにスタンプをもらい主催者が準備してくれた朝食を食べる。スタート15分くらい前に娘に連絡。そうこうしている間に朝4時になり暗い中スタート。

e0059231_01055286.jpg
最初の50kmは真っ平な直線コース。丁度良いスピードのグループについていく。J氏がその少し後を走っていたが信号で離れてしまったようである。グループも徐々に長くなり、自分のいたグループも5~6人になる。明るくなってくると走りやすくなり、向かい風の中ペースが上がる。50kmの左折ポイントで多くの人が休憩を入れる。止まらずにそのまま進んだのが4名程、徐々にうねった地形になり、ペースが合わなくなってくる。80km、最初のコントロール Nicevilleeに7:20に到着。約80kmを3時間半。まずまずのペース。チョコレートミルク・バナナ・ピーチのスライスで補給。10分程の休憩だったがコントロールに残っていたのは2人だった。この二人と2日目まではずっと前後しながら走ることになる。大柄で後ろに入ると全く風が来ない。あたかも熊が小径車に乗っているように見えたので熊さんペアと心の中で呼んでいた。


Nicevilleを出るとしばらくアップダウンが続いた。フロリダ走っている感じが全然しないなぁと思いながら淡々と進んでいく。途中足が攣りそうになりしばらく歩いてしまったのは内緒である。US331に出る手前で参加者と思わしきサイクリストを抜いたが気のせいか?Defuniak SpringsでUS90に乗る。ここからは平坦な道を西に、Tarahasseeの手前まで一本道である。町を出て直ぐに娘が運転する車に抜かれる。直接Tampaに向かったと思っていたが、ここまでコースを走ってきたようだ。
e0059231_01081921.jpg
およそ150km地点のPone de Leonのコントロールに11時に到着。向かい風の影響か、それほど貯金が稼げている訳ではなかった。ここでもおよそ10分の休憩。娘とはここで話をして別れた。
e0059231_01072645.jpg
Pone de Leonからも景色は変わらず。途中Alligator Creekという名前の看板にフロリダらしいなと思いながら先に進んだ。天気予報通りならこのあたりから風は弱まってくるはずだった。キューシートではMariannaの町の中で工事で迂回路の指示があったが工事は終わっていたようだったので、迂回路には入らずにそのまま進んだ。町を抜けて、高速道路の手前がコントロール。当初はレストランに入ってゆっくり食事と思ったが、予定より時間がかかってしまったのでコンビニで休憩・補給した。ここまで約230km、3:40に到着。25分の休憩で出発した。

Mariannaからは先日のハリケーンの復旧工事の区間が続く。道の横には倒れた木々が纏めておかれていた。これが、路肩に出ているため、夜間は注意しないとぶつかってしまう。それと、落ちた電線も路肩に置いたままでこれまた注意が必要だった。コントロールを出てしばらく走ると、熊さんペアと中華ペアの4人に抜かれる。しばらくは一緒に走っていたが、復旧工事の作業区間でのストップ・アンド・ゴーで置いて行かれる。リカンベントにある程度乗れるようになってきたが発進はまだまだ苦手である。そして4時過ぎるとすぐに暗くなり始めた。ちょっと早すぎ。暗くなると、対向車の明かりで路肩に積まれた廃材の山が見えず危険だったがぶつかることなく済ますことができた。Mariannaから次のコントロールまでは約120km。40kmくらいの地点のBlountstownがこの区間唯一の補給可能な所だが、ハリケーンの影響で店は閉まっている。ここではボランティアスタッフが水やスナック類を提供してくれた。さらに80kmあたりの閉まったガソリンスタンドで手持ちの補給食でエネルギーを補給。ここで、前にいた熊さん+中華ペアに追いつく。多分この区間で時間帯は東海岸の時間帯に入ったはずである。ブルべカードは中部時間帯。まぁ、平坦ルートで5.5日の制限時間なので1時間の時間差は気にするほどではないはずである。340kmのCrawfordvilleには夜11時に到着。ガソリンスタンで済ませたかったが、開いていたのはWalmartのみ。大きなお店は時間がかかるが仕方ない。ここで、チキンヌードルスープを食べる。中華ペアはうまいこと店員に頼んでスープを温めてもらったようだが、頼み損ねた。熊さんペアは沢山食料をゲットして食べていた。

Crawfordvilleのコントロールではおよそ30分休憩。今日の宿泊場所のPerryに向かった。Perryまで100kmは無い・・・。まだ100km近くあった。中華ペアと一緒に出たが眠気もありペースがおち一人旅になった。25km走って、開いているガソリンスタンドで中華ペアが休憩していた。食べたくは無かったが、眠気があったので、彼らとは反対側の閉まっているガソリンスタンドの物陰で5分横になった。このあたりから霧雨が振って来て前が見づらい。US98に合流するとPerryまで一本道。65kmくらいだが、なかなか前に進まない。久々のロングライド、しかもナイトラン、疲れていないはずが無い。朝4:30、モーテル到着。約430kmなり。モーテルを行き過ぎてしまったのは内緒である。軽く食べて、部屋へ・・・。2階まで自転車を運ぶ気力は無く、出発しようとしていた人の部屋に入った。部屋に入ると、まずはテールライト類の充電。ヘッドライトは充電が間に合うとは思えないので電池交換。ヘッドライト点灯およそ14時間、200lm程の明るさで電池交換無し。予定通り大容量のバッテリーにして正解だった。シャワーを浴びて、翌日の準備を済ませて就寝。長い1日だった。部屋に蚊がいたのは余計であった。ここまでコントロールのクローズ時間は平均15km/h(普通のブルべと同じ)で計算している。

11/5、朝7:00起床。1時間半くらいは横になれた計算だが、多分睡眠は1時間程度か。走行スピードが遅いので仕方ない。朝食を食べて、7:45スタート。霧雨だが、数時間の辛抱だろう。眠気があるなか、約40km地点のTenilleのガソリンスタンドで休憩。2日目もそれほど気温は上がらない。休憩後、同じ市内に済むJimが抜いていった。彼は小径のBike Fridayで参加している。丁度良いペースメーカーが見つかったのでついていったが、眠気からタイヤを路肩に落としてしまい転倒してしまった。芝生の上で肘を擦った程度ですんだ。ここからしばらく眠気から走っては少し寝ての繰り返しだった。そこうしていることろで、中華ペアが追い付いて来た。彼らと一緒にCross Cityのマクドナルドで休憩。ミルクシェイクで復活。Fanning Springs手前で熊さんペアに追いつく。そして、本日最初のコントロールFanning Springsに午後1:00くらいに到着。95km程走った事になる。ここで熊さんペアとレストランへ。中華ペアはガソリンスタンドで昼寝。ルーベンを頼んだが、パンは殆ど食べられず中身しか食べられなかった。胃がやられているなぁ。

Fanning Springsではレストランに入ったこともあり50分程休憩してしまった。フロリダの海岸線を走りたくて参加したはずだったが、ハリケーンの被害のためルート変更があり、4日目まではずっと内陸、オハイオ走っているのとあまり変わらないなと・・・、集中力が切れかけていた。途中、何でもない直進の交差点で左折してしまったりした。次のコントロールDunnellonの手前で日没となった。夜になって、目が冴えてきた気がする。Dunnellonのコントロールには夕方6:30に到着。走行距離180km。中華ペア、熊さんペアもほぼ一緒に到着。熊さんペアにメキシカンレストランに行こうと誘われたが、時間を浪費したくなかったので断った・・・。断っても全然引き下がらないので、後から行くねと言って別れた。今回のブルべで一番めげるのは、日没まで走っても1日の工程の半分くらい残っていること。日の出から日の入りまではが約11時間。まぁ、仕方のない事ではある。今日のホテルのTavaresまであと180km。30分の休憩の後、中華ペアと一緒に走り始めた。

Dunnellonから次のコントロールTrilbyまで約90km、ほぼバイクトレイルを走る。バイクトレイルまでの路面の色と霧、ライト全部真っ白で道が良く分からない。既に一人旅。慎重に進むも何度か道を間違えつつやっとバイクトレイルに入る。インフォーメーションコントロールのクイズにあったサインは良く分からなかったが、別の答えが書いてある看板を撮影して先に進んだ。途中町らしいところのベンチで横になったりしながら進んだが、一人旅だと結構心細い。Trilbyのコントロールにはボランティアスタッフの人が待機していた。ここではカップ麺で補給。スタッフからは水を分けてもらった。約30分の休憩。中華ペアは途中のお店に寄っていたようで出ようとしていたところで入ってきた。

次はSugerloaf のインフォーメーションコントロール。このルート唯一の山岳(?)区間。約70kmなり。Websterの町で休んでいたところで熊さん+中華ペアに抜かれるが、すぐに追いつき一緒に走ることになった。やっぱり夜間は一人よりは複数で走った方が走りやすい。が、Sugerloaf 手前のアップダウンが始まった所でスピード差がありすぎるため先に行ってもらった。ここですでにエネルギー不足だったと思われる。彼らも道を間違ったりしてSugerloafまではそれほど離れることはなかった。Sugerloafのインフォーメーションコントロールの答えを写真撮影してTaravesに向かった。ここからはほぼフラットなはずだったが、全然足が回らない。ホテルまであと数百メートルという所で道を間違える。キューシートのコメント通り最後、道路の左側の歩道を走ったが、間違いだった。歩道まで出ている草を気にしていたら、右側のコンクリートの壁にペダルを当ててしまい右ひざをコンクリートの壁で擦ってしまった。チェーンリングが破損しなかったのは幸運だった。そして、明るくなり始めた朝6時Taravesのコントロールに到着。本日の走行距離約360kmなり。コントロールのクローズ時間は600kmまでは15km/h、それ以降は13.3kmで計算しているようである。

Taravesのコントロールのボランティアスタッフはオハイオでブルべを走っていたポール。彼と多少話をするも披露困憊であまり良い受け答えが出来ていなかったと思う。食べて、部屋に行って、充電をセットして寝る。2日目にしてルーティン化してきた。ヘッドライトはMoonshineの電池をほぼ使い切ったのでVolt 800に切り替えた。朝8時過ぎに起床。1.5時間は寝たと思う。朝食を食べて8:40に走り始めた。

Travaresのホテルを出ると、最初にLake Doraの湖畔を走る。気温も朝から20度を超えやっとフロリダを走っている感じがしてきた。ApokaからOrange Trailに入るが、途中通行止め。イベントの準備のための封鎖と思われる。数ブロック、トレイルをパスする。キューシートだけで走っている人はどうしたんだろうか?結構曲がりくねった町の中を通っていくトレイルで気が抜けない。今日最初のコントロールはSubway併設のガソリンスタンド。12:30に到着。ここでサンドイッチを食べる。主催者のJohnがいて写真を撮ってくれた。約70kmなり。

25分の休憩で再びトレイルに戻った。ここからしばらくアップダウンが続く。途中、ボトルを落としてしまい、芝生に自転車を置いて、ボトルを拾い走り始めたら足首に刺すような痛み。十数匹の蟻が足に登って来ていた。ルート上、道路わきに芝生がずっとあるが、蟻の巣が多く、あまり寝られる場所は無かったのは事実である。湖畔に天井に扇風機付きの休憩所があり、そこで5分だけ横になった。

トレイルから一度一般道に戻り、民家の少ない道を行くと、舗装路が切れるところが今日2つ目のトレイルの入り口。ここから40kmくらいの距離である。トレイルの前半は人気が少なく、誰が使うのか疑問に思うようなトレイルだった。休憩したところに亀がいたので撮影。眠気防止にiPhoneで音楽をかける。リカンベントではリアのバッグに頭が近く、iPhoneのスピーカーでも十分聞こえる。トレイルの終端Auburndaleで日没。ここまでおよそ160km、本日の半分の工程である。

Auburndaleのコンビニで休憩のち、はしりはじめるが、盛大にミスコース。注意しなければ。さらに左折個所を間違いミスコース。中央分離帯有の交通量が多く戻るのが難しかった。そして、今日走り始めて180km、トータルで970km、Bartowのコントロールに7:15に着いた。実は、トレイルを出て直ぐにAvon Parkのコントロールと間違って記憶して、ちょっと焦った。約25分の休憩。その間、ボランティアスタッフが来て、すぐ後ろに数名いること、J氏が車に足をぶつけたことなど話してくれた。J氏は大丈夫だろうか?

Bartowのコントロールを出るとすぐに1名追い付いて来た。ちょっと追いつかれるのが早い気がした。話していると、彼はコントロールを飛ばしてしまったみたいで、6kmくらいの距離を戻っていった。ナイトランはどこで走っても変わらない。ただ、フロリダでは夜間も寒くないのは良い。Avon Parkのコントロールには10:40に到着。本日の走行距離240km。トータルでも1000kmを超えた。600km以降1000kmまではクローズタイムは13.3kmで計算されていたようだが、これ以降ゴールまでは10km/hで計算されているようである。主催者の推奨プランに従って走る分には全然関係ない時間ではある。このコントロールではカップ麺を食べる。買い物の途中でシアトルから参加しているベテランのビンセントが来た。25分くらい休憩して、彼にはまた会おうと挨拶して先に出た。

コントロールを出て直ぐに後続の1名とすれ違った。先ほどコントロールをミスした彼だった。ここから今日のホテルのOkeechobeeまで100km弱である。この区間で苦しむとは思わなかった。町を出てUS98に入るまでは大きな問題は無かったが、ここから眠気との闘い。前に同じような所を走ったような気がしていたがどの場面に記憶を重ねているのか思い出せない。それとも眠気から幻影をみているのか?まぁこの2日間トータル3時間くらいしか寝てないのだから仕方がない。ガムを噛んだりしても眠気が消えない。ビンセント、さらに後続の1人に抜かれてから、体を起こして30秒ダッシュをすれば眠気をある程度緩和することができることが分かった。リカンベントで体を起こして走るのは、普通の自転車ではたち漕ぎするようなもの、体力勝負である。町にはいってからもなかなかコントロールに到着しない。後から確認すると町に入ったと思った所から10kmくらいあったのだから遠いはずである。苦労したが、朝5時、Okeechobeeに到着した。トータル1125km。グラブを外そうとふと手に目をやると大きなまめがいくつもできていた。30秒ダッシュを繰り返した予想外の代償だった。朝8時前に起床。2時間ちょっと寝られたはずである。朝食を食べてFlorida Cityに向かった。

8:30に出発、まずは湖畔のトレイルを目指す。朝から暑い。トレイル入口のランドマークは良く分からなかったが普通にトレイルに入ることができた。Lake Okeechobeeは対岸が見えない、海の様であった。ワニはいないのかと気にしながらトレイルを走るが見かけることは無かった。途中にあるゲートの注意書きがあったが確かにスピードを落とす必要があった。今日最初のコントロールCanal Pointには11:30に到着。ここまで50kmに対して3時間。気温が上がったこと、緩い向かい風もありペースが落ちているのを体感している。20分の休憩。

ここからはマイアミを目指して走ることになる。市街地に入るまで、映画にあるような川沿いのような道まっすぐ進んでいく動物の死骸に目をやると緑が買ったちょっと手足の短い・・・、これってワニ?!いくつも目にするが生きたもの見ていない。朝から走り始めて100kmくらいで交通量の多い市街地へと入っていく。約115km地点のコンビニで休憩を入れる。暑いが驚くほど水を摂取していない。大丈夫なのか自分?コンビニを出るとLyons Rdで30km真直ぐ南下する。この道路に夕方4時。夕方のラッシュの時間帯に入り始めていた。交通量が多く走りづらいとかかなり渋滞を作ってしまったと思う。Parklandのコントロールまで数キロという所で日没。今日もほぼ半分の工程を残して日没になってしまった。Parklandのコントロールには夕方6時到着。25分の休憩で先に進んだ。

Paklandのコントロール後のCoral Ridge Drの約10kmの直線も車が多くて辟易した。何故か知らないが、左のレーンが空いているのに自転車の後ろについてクラクションを鳴らす車が結構いたのには驚いた。このあたりはできればもう走りたくないと思った。Coral Ridge Drから離れると車も少なく、抜いていく車もスムーズに抜いていってくれて安心して走ることができた。そしてバイクトレイル。予想通り、大きな通りを横切るところが走りづらかった。それと、大きな黒いものが見えたと思ったら3人ほど乗馬している人たちがいた。せめて明かりは点けてほしいと思った。US27に入ると高速道路の様な道で路肩も広く走りやすかった。200km地点のWestonのコントロールには9:45に着いた。カップ麺を食べて15分ほど休憩。

Westonのコントロールを出ると、同じようにUS27の路肩の広い道を南下。途中でUS27からSR997に分かれ、同じような路肩の広い道をさらに南下、240km地点のMiamiには深夜0時到着。15分程の休憩で、40km先の今日の目的地Florida Cityを目指した。Miamiのコントロールを出るとしばらくは新設されたバイクトレイル。快適な道である。トレイルの終端で道路を渡り、トレイルが続いているようで従ったが数メートルで終わり。一般道に戻った。ここから5km程が路肩が無く、高速で車が抜いていきちょっと危ない区間であった。SR997から離れると全く車の通らない道。走りやすい。が、5km程走ったところで雨が降ってきた。iPhoneを袋に入れている間に土砂降り、頭からつま先まで一瞬でずぶぬれになってしまった。寒くならないようにレインジャケットを着こみ走り出すも、前が見えない。唯一救いはフロリダは道路の陥没が皆無な事。センターラインを頼りによろよろ進む。もうFlorida Cityに入ったのだからもうすぐと思っていたが、予想以上に広い。結局1時間くらい雨の中走ってやっとモーテルに着いた。夜2:40くらいになっていた。これでシャワーを浴びて寝られると思ったが、スタッフの部屋が分からない。明かりがついている部屋も、鍵を開けてある部屋も見当たらない。30分くらいモーテルの中をうろうろしても見つからない。濡れた手で主催者にやっと電話できたと思ったが出ない。入口の受付のホテルのスタッフが部屋番号を教えてくれた。が、部屋はロックされていた・・・。ちょっと切れかけていた。やっとドアが開いたと思ったら、食べ物無いし・・・。話をすると悪態をつきそうなので、車の中から食べられそうなチキンを適当にアルミに包んで、ゲーターレードをもらってさっさと部屋に入った。しかも2階。リカンベントを持ち上げるのに苦労した。とにかく濡れたものを脱いで、シャワーを浴びて寝た。明日、最終日は200kmナイトランは殆ど無いはず、単4電池のテールライト、Volt 800の充電済電池1つあれば十分だと思った。実際には、もしもの事を考えて、充電はしておくべきだと翌日反省することになる。ホテルについてから30分以上無駄な時間を使ったことで通常の判断ができなくなっていた。

6:30起床、十分とは言えないが3時間以上眠れた。準備をして、荷物を預けに行くとまた部屋に鍵がかかっていた。頼っていられないので勝手にトラックに荷物を入れ、ホテルの朝食を食べ、水をボトルに満たして、7:45に出発した。今日は最終日、追い風基調の200km余裕で日没前にゴールできるだろうと思ってた・・・。

ホテルを出たところでDNFしたが、最後の200kmを走ることにしたJ氏が丁度走り始めた所だったので一緒に行くことにした。20分も走らないところで、今回初のパンク。ついていない。走行距離は1400kmを超えていた。リカンベントは体を手で支えないので手を圧迫することはないが、今乗っているCruzbikeはペダリングの反動を手で押さえるため別な力が手にかかる。加えて手にできたまめをかばっていたため、指先に力が入らない、そのためJ氏がチューブ交換を助けてくれた。感謝。20kmほど走ると待望の海が見えてきた。1400km以上走ってやっと海!
e0059231_01215354.jpg
50km弱のKey Largoのマクドナルドに入って休憩。ゴールのクローズ時間は明日の夕方5時。事故さえなければ完走は間違いない。ここまでで、J氏の方が足に余裕があり、自分のペースに合わせると眠くなると思い、前を走ってもらった。

大きな伊勢海老のオブジェと思ったが、そんなことは無くロブスターのオブジェだった。
e0059231_01232889.jpg
翌日、帰るときにここでランチを食べようと思ったが残念ながら休みだった。60km地点のTavaniraのSubwayで眠気から50分ほど休憩。なかなか前に進まない。Florida Cityのコントロールでのいらいらに加えてゴールまであと150kmも無いことから集中力が切れていた。80km地点で今度はJ氏がパンク。そして、今日の半分の工程のところで昼食休憩。のんびりしたレストランで入ってから出るまでに1時間以上かかってしまった。セブンマイルブリッジ手前、120km地点のMarathonでまたまた休憩。なんと、135km地点のセブンマイルブリッジの頂上で日没を見ることになった。これはこれで良かった。が、時間かかりすぎ。

150kmを超えたところで最後の補給。夜9時近くにKey Westの島に入った。ここで先行していたJ氏が待っていてくれた。ありがたい。9:20にSouthernmost pointに到着。娘が待っていてくれた。ここで記念撮影。
e0059231_01091688.jpg
そして、Southwindsのモーテルでゴール・・・。誰もいない・・・。感動的なゴールを期待していたがこんなものかと。主催者に電話。でないし・・・。やっと連絡がとれてしばらくして主催者のジョンが現れ、カードにサインをして渡した。ともあれ無事完走!
e0059231_01100774.jpg
宿泊先で、シャワーを浴びて、待望のビール。2本で十分でした。翌朝、日の出を見にSouthernmost Pointまで行ったが見ることができなかった。戻って荷物を片付け10時くらいには皆でKey Westを後にした。セブンマイルブリッジが見える所で休憩したりしながら昨日走った道を戻った。昼食は昨日見た巨大ロブスターのお店だったが休み。その代わりに近くの海老が食べられるお店に行った。ここはあたりだった。カクテルシュリンプのソースが美味しかった。その後、Fort Lauderdaleの空港で娘を降ろして、ラーメン+おにぎりで夕食。Daytona Beachで宿泊した。翌日はアトランタで回る寿司、そして深夜0時近くに帰宅した。

まだ結果が確定していないので正確な数字は分からないか手元データでは下記の通りである。
 走行距離 1620km
 獲得標高 2443m
 総合時間 112時間30分
 実走行時間 84時間6分(移動平均19.3km)
気温は前半は15度~25度、後半は20度~30度前後で走りやすかった。フロリダの大きさを堪能できた。


by ntoshiyuki_jp | 2018-12-22 21:50 | ブルベ
2014 Fleche メモ
ここに書くの久しぶりです。
途中経過や写真をFBやTwitterに投稿しているのでこちらの必要性が・・・。
とりあえず今年もFleche走ってきました。これで6度目,5年連続で走りました。

昨年は向かい風プラス夜間は氷点下で苦しみましたが、今年は1ヶ月ほど遅い開催ということもあり、天候は晴れ、向かい風、夜間や気温一桁。昨年よりは格段にコンディションは良かった。

ここからは、走行経過のメモです。
 Cincinnati 6:00AM スタート
 Bethel   予定8:00着-8:30発 実7:52着-8:04発
           区間45km 区間平均24.1km.h 休憩12分
 Aberdeen  予定11:00着-11:30発 実9:57着-10:18発
           区間47km 区間平均25.1km/h 休憩21分
 Portsmouth 予定16:00着-17:00発 実14:48着-16:04発
           区間88km 区間平均19.5km/h 休憩1:16 途中休憩2回有り
 Lucasville  予定17:40着-18:00発 実16:53着-17:12発
           区間19km 区間平均22.9km/h 休憩19分
 Chillicothe  予定21:30着-22:00初 実20:58着-21:24発
           区間66km 区間平均17.9km/h 休憩26分 途中休憩有り
 Circleville   予定0:00着-0:30発 実23:02着-0:08発
           区間35km 区間平均20.2km/h 休憩1:06
 Etna       予定3:00着-4:00初 実2:46着-4:05発
           区間51km 区間平均19.4km/h 休憩1:19
 Columbus  Finish 6:00AM
by ntoshiyuki_jp | 2014-04-24 21:57 | ブルベ
OH600km
オハイオで開催された600kmに参加してきました。
結果は呟いていたので既に知っていると思いますが、160kmくらい走ったところでDNFを決めました。
前兆は朝3:50に起きた時に足が攣った・・・。

朝4:30にHome Depot(DIYショップ)の駐車場に集合。参加者は7人。寂しい600kmとなりました。
e0059231_0382849.jpg

かなり暑くなる予報だったので、サプリ類を多めに持ちいざスタート。

今回のテーマは「頑張らない」。無理して前を追わず、坂でも無理して重いギヤは踏まない。厳しいコースなのでエナジーを極力セーブした走りに徹したはず・・・。スタート直後は涼しくて気持ちが良い。既に半袖半ズボンなんですが・・・。3週間前に走った400kmでは気温数度で寒さに震えていたのが信じられない。

57km地点のSomerset。頑張らなかったが2時間半かかっていない。
e0059231_0443338.jpg

このルートはSomersetから本格的なアップダウンがはじまります。ちょっと長めの登りを終えた後で休憩。頑張っていないはずなのに足が攣りそうな感じ。ボトルの水の残量に注意しながら足にかけたり冷却に努めます。
e0059231_0511643.jpg

2つめのコントロールは110km地点のMcConnelsville。大型バイクを乗った人が沢山。日陰で休憩するが、食欲が後退しているのが分かる。既にピザとかハンバーガーとか臭いも嗅ぎたくなくなっている。TUMSを飲んで回復に努める。

McConnelsvilleを出るとしばらくは川ぞいの気持ちの良い道。後に続く登りを考えつつ今を楽しむ。
e0059231_0544785.jpg

そして川を離れると、かなり厳しいアップダウン。セーブしていたはずなのに力が出ない。何かがおかしい。
e0059231_13512.jpg

景色はオハイオらしいうねった丘が続く。しかし、完全に足が回らなくなっていた。日陰で10分ほど横になると多少ましになるが回復が遅い。この区間60km。唯一補給可能なのは40km走ったWatertown。過去に何度かお世話になったお店がある。そこまで行けば水も手に入るし氷で体が冷やせる・・・、はず。しかし、お店は廃業していた。Watertownって名前なのに水一滴買えるところ無し。とりあえず、庭に出ていた人にお願いして水道を使わせてもらい、ボトルを満たすと共に頭から水をかけた。そして木陰で横になるが、両足・両手が攣って動けなくなってしまった。過ぎていく時間が気になるが、足も手も指も曲げられない。1時間くらいしてやっと動けるようになったが、次のコントロールはどう頑張っても制限時間ぎりぎり。さらに次の区間は気象条件もルートも厳しく、引き返すことも難しい区間。残念だがDNFを決めた。

前のコントロールからここまでおよそ40km程に4時間近く費やしてしまった。公共交通機関がないアメリカ、妻を呼んだとしても片道5時間のドライブ。往復することを考えると自走で帰れる。日没を過ぎればもう少し楽になるだろうと、ゆっくり引き返した。ただし、ルートはある程度補給可能な大きな道を選んだ。無事スタート地点に戻ってきたのは深夜2時半。21時間を越えるの冒険になってしまった。

今回、天気は快晴、最高気温は32度。体感気温はもっと高かったはず。参加者は7人、完走者は2人だった。

次は、RUSA CUP達成のため、ノースカロライナの1000kmを走ることを計画していましたが、ちょっと別の問題が発生してしまい走らないことにしました。まぁ、その話はまとまったらしたいと思います。
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-25 09:05 | ブルベ
OH400
ケンタッキー600kmの翌週、5/25、オハイオの400kmに参加してきました。
ルートは2010年と同じ。前回は19時間半で走れたコース、安易に考えていました。

一生懸命走っている時、トラブルを抱えながら走っているときは基本写真ありません。
ということで、今回は写真殆どなし。

 ケンタッキーでは暑かったが、今回のスタート時の予想気温は2度。一度30度近い気温を体験しちゃうと数度が想像できない。日中の気温上昇との天秤で、スタート時の服装は、ウールのアンダーウェアにウールジャージ、ウィンドブレークベスト、レインジャケットの重ね着。下はレーパンにレッグウォーマ・・・、下はそれしかバッグに入れてなかった。足は夏用の靴下にレインカバー。手袋はウールの手袋に指きりグラブ。それに、ウールのフェイスマスク。上半身は良かったけど、下半身は失敗だった。スタートしてから4時間くらい足の指は痛かった。
e0059231_833318.jpg

 今回は安全のため、前泊。朝5:00に起きて、集合場所の映画館の駐車場へ。参加者の集まりが悪い。結局スタートしたのは13人。あれっ、3回続けて参加者13人???帰りのゴール直前の橋が工事中で進入禁止。迂回するかは任せるとか、なんかしまりがありません。頑張って走るぞって気になれない。そんな感じで、スタート時間。遠くの出口を回っても、芝生をショートカットしても良いとか。迷わず芝生を乗り越えて道路へ。で、どちらに走ればよいの???本当にしまりのない始まり方。でも走りだせば、まとまって走り始める。が、今回はスピードののりが悪い、すぐに無理して着いていくことはせずに一人旅モードへ切り替える。下半身の服装の選択ミスの影響か???先行していたMattさんはサドルの高さを変えるとかで止まったりしていた。この400km、最初の100kmがアップダウンが多い区間、足の力を温存して進む。40kmも走ったところで前走者2人を捕まえたが、上り坂でロー側3枚くらいのギヤの入りが悪く登りで失速。だめだめモードです。とにかくフロントをインナーにしてトルクをかけると歯飛が醜い。83kmのButlerには4時間弱で到着。とりあえず必要な物を補給。

 Bulterを出ると、アップダウンのあるMohican State Forest、そして、Pleasant Hill Damと入っていく。使えないギヤにいらいらしながら何とか使える所を探しつつ前に進んでいく。Pleasant Hill Damの湖畔の道、何度も走ったが好きな道。ここをを超えると、開けた畑の中の道、風は向かい風。時間が経つにつれ風が徐々に強くなってくる。こんなパターンが今シーズンは続いている。163km地点のLodiは7時間半程で到着。ペースはまずまずである。ここはSubwayでしっかり食べる。サンドイッチ、ポテチ、それとヨーグルト。食べたら、次はほぼ1本道で100km、Tiffinまで西に進む。風は横風・・・、が、予報どおり徐々に北西の風に変わっていった。つまり斜め前方からの風。40km走ってNew Londonのコンビニで休憩。コントロールではない。ここまで予定通りと思ったが、New Londonを出て、景色の変わらない一本道にやられたか、今シーズン初の眠気が来た。小さな町にあるお店、残っていたコーヒーをカップに入れてお金を払おうとすると、もっていけという合図。最近こんなのばっかだなぁ。何かオーラが出ているのかな。とにかく、ありがたくいただいて、向かいのベンチで休憩。20時間切るのは難しそうだった。
e0059231_8335045.jpg

Tiffinまで行ったら向かい風から開放される、とそれだけを思って走っていた。TiffinのコントロールはサークルK。日本でもなじみのあるマーク。中は普通のアメリカンなコンビニ。おにぎりなんて無い。次のコントロールまで40km。そこまでもてばいいという感じで食べる。そして、いざ追い風と思って走り始めたが何か変。気がつくと風は北東のほうから吹き始めていた。横風から向かい風・・・。あきらめモード、でも日没前に次の町Bucyrusに着きたいと頑張る。Bucyrusには日没とほぼ同時に到着。

ここでカップラーメンを食べる。まずいが、他よりましというレベル。まぁ、慣れました。
e0059231_834894.jpg

そして、ナイトランの準備、ここからゴール手前まで約80km無補給区間、気温も下がり始めた。真っ暗な中でバッグは開けたくないから。必要な物は全てポケットに移した。足の対策は、雨用に持っていたビニール袋で靴を覆いレインカーバーをした。今までの経験だと、これで耐えられるはず。月は不気味に赤かった。夜間、15kmくらい真っ直ぐな一本道では何度もGPSでどこまで走るのか確認してしまった。中間地点で止まってポケットに入れておいたバナナで補給。月は真上に来ていて、色も普通になっていた。そして、真っ暗な湖畔の道を経由して、ゴールのコロンバスへ、最後は前を走っていたJohnと一緒になる。迂回路は把握していたが最後の大きな道を走る気にはなれず、工事区間を選んだ。工事区間は歩道を走って通過。ゴールは夜中1時過ぎていた。ビールを1本もらい、シャワーを浴び、着替えをして、眠くなる前に帰りたかったので、他の参加者を待つことはせずに先に帰った。朝6時前には家に着いた。ギヤの不調で思ったよりしんどい400kmだった。

次の600kmまではきちんと整備しておかないといけないなぁ。3週間後で助かった。
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-04 19:12 | ブルベ
KY600
これまた古い記事で、5/18開催のケンタッキーでの600kmのお話です。

ケンタッキーはルートは厳しいけど、走るのは好きな所です。いつも遅いですが・・・。
で、ブルベをはじめて10年、ケンタッキーで600kmを走るのは2度目。なかなか日程の調整が難しいんです。今回は満を持しての参加。スタート・ゴールのモーテルが取れなかったのでお隣のモーテル泊となった。

ケンタッキーのルートは初日400km走り、スタート地点に戻ってきて、翌日200km走りまた同じ所に戻ってくるルート。なので、ドロップバッグは不要。荷物を運ぶ必要もありません。

スタートは朝4:00。3:00に起きる。気温は10度前後。指きりのグラブでも走れる。問題は朝8:00くらいまでの雨の予報。受付を済ませたときは降っていなかったがスタート直前でぱらぱらと雨が降り始めた。レインウェアを羽織って、レッグウォーマ、アームウォーマを着けた。が、他の人はレインウェアどころかレッグウォーマも着けていない。まぁ、人種の違いか・・・。
e0059231_875591.jpg

4:00になりスタート。暗い中走り始める。ケンタッキーのルートは最初の小さな登りでその日の調子が分かる。スピードは上がらないが、踏み込まずにゆるゆると登っていく感じ。自分のペースをキープすれば良い感じで行けそうだった。300kmで苦労したアップダウンも今回は良いペースで超えられる。50km地点のコンビニはパス(今回はコントロールでは無い)。雨は時折強く降るが感じは悪くない。97km地点のGeorgetownのコントロールにノンストップ4時間半で到着。一人旅にしては良いペース。いつものタンデムペアが休んでいた。

Georgetownを出ると雨は上がり、日が出て気温がぐんぐん上昇していく。良い感じでペースを刻んでいく、ケンタッキーの道は厳しいと思ってたけど、走りやすく10年かかってやっと友達になれたような気がした。そして、前走者に追いつき始めた。いつもはずるずる離れて一人旅が定番、こんなこと滅多にない。できるだけ足の残すため、ペースを維持すれば追いつけると言い聞かせて無理なペースアップは避ける。前を走っていたのはStephen。そしてタンデムペアも見えてきた。157kmのMiddle Townのコントロールまであとひと頑張りという所でチャリンと音がしてワイヤーみたいなものを踏んだ感じ。普段ならそのまま進んでしまうところだが、気になり引き返してみたら、見たことあるような棒・・・。この平たいアルミの棒ってキシリSLのスポーク・・・。止まってホイールを確認するとリヤのスポークが無くなっていた。ブレーキを開放すればとりあえず走行可能だが、キシリSLのニップル回しなんて持ってない。調整不可。完組ホール使用の問題点です。残り450kmをそのまま走るかしばし考えたが、スポークが少ないこのホイール、もう1本折れたらまず走行不能。夜間に動けなくなったら死活問題。それと、このホイールをだめしてまでこの600kmを完走する意味は無い。今年は1200kmを走らないので600km完走は必須ではない。ということで、残念だが走れるうちに引き返すことにした。それでも150km近く走らなければいけないのだが・・・。そういえば、学生時代旅していた頃は1日の走行距離は120kmくらいが常識だったような・・・。距離感が壊れているなぁ。
e0059231_893313.jpg

完全にサイクリングモードで引き返す。できるだけホイールに負荷をかけたくないのでダンシングするような所で迷わず押した。のんびりモードで走り、Georgetownではコントロールのコンビニの近くのマクドへ。昼ごはん。追加料金無しでポテトをLにしてくれたり、飲み物ただでつけたりの大サービス。食べ切れませんでした。
e0059231_895482.jpg

それからは、ちょっとコースから外れてみたりしてスタート地点に戻ってきたのは8:00近かった。でも16時間かかっていない。300kmでは18時間かかったのに・・・。確保していたモーテルの部屋でシャワーを浴びて仮眠。そして、帰路に着いた。これで今年のダブルSRは無くなった・・・。

体力的にはまだまだ余裕があっただけに、残念な結果だった。400kmで一度戻ってくるルートならスペアのホイールを車に入れとこうと思った。まぁ、日曜日に妻のバレエのパフォーマンスを見にいけたのでそれはそれでラッキーだった。
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-04 08:17 | ブルベ
OH 300km
走ったのは、5/4。一ヶ月ほど前です。

 スタートは朝6:00。家を朝4:00に出てスタート地点に向かった。スタート30分前に着いたが誰もいない。しばらくして主催者のBobが到着、そしてぱらぱらと人が集まり始めた。結局今日のスタートは13人。なんとも寂しい。他のイベントと重なったため参加者が少なかったらしい。少人数なので車検も特に無し。暗いうちのスタートなので見れば分かりますから。
e0059231_6232727.jpg

気温はそれほど寒くなく、指切りのグラブでも何とか我慢出来る範囲。が、とにかく風が強く、冷たい。車の影でスタート時間を待つ。雑談しているうちに時間になり、全員まとまってスタート。追い風、皆がんがん飛ばしていきます。50km地点のNew Lewisburgのコントロール手前で先頭でグループを引いて見たりもする。ありえない・・・。まぁ、最後までこのペースで行けるわけないので挨拶がわりです。
New Lowisburgの街に入った所で先頭グループから脱落。コントロールは51km地点。1時間40分くらいで到着。速すぎ。お店の開店は8:00から、開店前なのでガソリンの値段をカードに記入し、日焼け止めを塗って先に進。先頭グループは見送ったが、Flecheを一緒に走ったJimが待っていてくれた。

 New Lowisburgから103kmのRussell's Pointまではアップダウンのある区間。ここからはマイペースで進む。Jimの話では途中通過したBellefontaineの近くがオハイオの最も標高が高い所らしい。追い風の助けもあって、Indian Lakeの湖畔のRussell's Pointのマクドナルドまで4時間かからずに到着。Indian Lakeは家の近くを流れるLittle Miami Riverの源流らしい。ともあれマクドナルドの朝食ではらごしらえ。そして十分補給して先に進む。

Russell's Pointからはひたすら南に100kmほど。次のコントロールのはその中間地点のSt. Paris。何も風を遮る者のない畑の中の道。ひたすら我慢。風が強く吹くと10km/hも出ない、一人ならぐだぐだモードになるところだが、Jimがいたおかげで集中力が切れずに走れた。
e0059231_6233478.jpg


St. ParisからLondon、ここもひたすら我慢、途中Jimについていけずに離れた所で、Jimがミスコース。声をかけたが届かなかった。追いかけても追いつくける保証がないので、先に進み、自販機のある消防署で彼を待ちながら休憩・・・、見えるところに自転車を置いたはずだったが、気づかずにJimは先に行ってしまった。パーマネントやブルベで何度も来たYellow SpringでJimに追いつき一緒に走り、Xeniaのコントロール。ここからゴールへは東に進む。苦しい区間は終わったが、残りもまだ斜め前方からの風。

Xeniaから次のコントロールLondonまでは2週間前にFlecheで走ったバイクトレイル。木々が風よけになってくれる区間もあり少しは楽ができる。2週間前は氷点下で寒さに震えていたが、今回は暑いくらいだった。Londonのコントロールで最後の補給、日没前にゴールできそうだった。GPSは14時間ぎりぎりのゴール時間を示している。向かい風で無理したか左アキレス腱が痛み始める。ペースを崩さないように集中。そして、ゴールのモーテル到着。日没前にゴール。疲れた。シャワーを浴びて一日の汗を流し帰路についた。家には12時前には到着。心地良い疲れだった。
by ntoshiyuki_jp | 2013-06-03 06:22 | ブルベ
2013 Fleche
Flche 走ってきました。
出走チーム1、5人でスタートして、ゴールしたのは3人。常に誰かが遅れているような状況で、何とか必要要件だけ満たして完走したという感じでした。以下は忘れないようにメモを。

今回のメンバーは、RUSAの功労者の贈られる賞を2002年に受賞したDave、Ohio横断タイムトライアルの年齢別でのタイトルホルダです。BMBやPBPの完走経験者のJim、オハイオのブルベでは常に上位でゴールしているNed、それとマイミクのMattさんとのチーム。全員Fleche経験者。このメンバは前の週の寒い向かい風の200kmも全員10時間以内で完走しており死角はないはずでした。問題あるとすれば、今年は300kmまでしか走っていない自分かなと思っていました。

前日の夕方主催者のBobの家に先週忘れたバッグを取りに行き、Daveの家へ。先週の汚れ物は全て洗濯してくれていました。今回の天候だと、そのウェアがなかったらきつかったかも。本当に助かった。Daveの家に泊めてもらい、朝食までお世話になりました。

スタート時の服装は、ウールのアンダーウェア、半袖ジャージ、ウールの長袖ジャージ、ウィンドベスト、レインジャケット、ウインドブレークタイツ、ウールの薄手の靴下、足用の使い捨てカイロ、冬用シューズカバー、、シールスキンズの手袋、ウールのフェイスマスク。これでかなりの気温はカバーできるはず。

朝7:00のDaveの家の前で集合写真。冒険のはじまりです。
e0059231_21481283.jpg
e0059231_2148438.jpg

写真は基本、撮影係りのMattさんからいただきました。感謝。
天気予報は晴れ!しかし、風は終始向かい風の予報。Daveの家を出てすぐに自転車道を使って15kmくらい、コロンバス郊外の車通りの少ない郊外まで一気に走ります。
e0059231_21484685.jpg

途中木製の橋の上でタイヤが滑ると思ったら凍結していました。寒いはず。郊外に出ると、昨夜あまり寝られなかったと言うJimが遅れ気味、斜め前方からの向かい風の中、彼を待ったり集団まで上がったりと序盤からかなり足をつかってしまいました。50km地点のCirclevilleには9:00ちょっと過ぎに到着。とりあえず予定通りだがまだまだ寒い。
e0059231_2149328.jpg

Circlevilleを出ると次はGreenfieldまで。多少のアップダウンは覚悟していた道。他の人たちはフラットなルートじゃなかったの聞いてくる・・・。そのために、Ride wigh GPSというサイトでルートを案内したのに・・・。そもそも、フラットなんて一言も言っていないし・・・。言ったのは後半Bike Trailでコロンバスまで戻ると言う事。いつもながら誰もきちんルートを把握していません。気温が上がってきたおかげかJimのペースが戻ってきた。なんとかなりそうな予感。遮る物が一切無い畑の中、道幅目一杯使って皆で助け合いながら走ります。
e0059231_2150783.jpg

しかし、アップダウンでチームがばらける。そして、気がつくとNedが見えない。メカニカルトラブルでペースダウン。彼の走力を信じて次のコンビニまで単独で行ってもらう。ディスクブレーキの問題で休憩中にショップに電話したりしながらとりあえず走れる状況にした。ディスクブレーキのトラブル見るのはこれで2回目。採用はまだ待ったほうが良いのかなぁ?
e0059231_21503587.jpg

Greenfieldで気温が多少上がったので、シールスキンズの手袋をやめてウールの手袋、それとフェイスマスクを脱いで、使い捨てカイロを捨てた。GreenfieldからLynchburgまでも同じような道、交通量も多く、うまく風をよけられない、ここで、Nedがまたまた遅れ、私とMattさんもDavid、Jimについていけなくなった。もう全然グループ走の体をなしていません。
e0059231_2151491.jpg

Lynchburgから折返し地点のNewtownまでも結局後半ばらけてしまい、個々に走ることになってしまった。Newtownに到着する頃、苦しめられた南西からの向かい風は向きを北西に変えつつあった。それは、後半も斜め前方からの風を意味していた。
e0059231_21513683.jpg

到着時間が遅れ、レストランが混む時間と重なってしまい、食事はあきらめて向かいのコンビニへ移動。まだ半分なのに全員疲れきっていた。復活を信じて長めの休憩を取る。Newtownでは妻が来てくれ、Nedの重すぎる荷物の一部を預かってもらった。助かりました。そして夜間の冷えに備えて、靴下を厚手のウールに、ベストを冬用のサーモベストに交換した。
e0059231_21515812.jpg

NewtownからLovelandはバイクトレイルの真平らな24km。ここをアベ20km/hを下回るようだと完走は難しい。24km/h前後で飛ばしていくが、気がつくとDaveとNedだけになっていた。Lovelandのコンビニには1時間ほど、日没直後に到着した。そして、JimとMattさんが遅れて到着。ここで、ペースが上がらないJimとMattさんが走るのを止める決断をした。残念だが仕方ない。残った3人で先に進んだ。

LovelandからLebanonも24kmくらい。良く知っている道だがペースが思ったほど上がらない。苦しみながらも1時間ほどでクリア。ここで、Daveの目の調子が悪くなり、加えてこれからの気温低下もあり走るのを止めるならレスキュー手段のあるここが良いという話になった。公共交通機関の無いこの辺りでは、誰かの助けがないとDNFも難しい。唯一可能性がある知人に電話するが繋がらず先に進むことにした。これで完走するしか選択肢はなくなった。これは走れと言う天の声か?夜10時、気温は4度くらいになっていた。

LebanonからXenia。この間40kmくらい。ここで、ペースが上がらなくなり、DaveとNedに置いていかれる。ペースダウンの原因はボトルの中身が冷たく走りながら飲めないこと。まだ間に合うと信じて暗闇の中進む。Xeniaのコントロールに着くと・・・誰もいない・・・。ミスコースしていたもようで5分くらいしてコンビニに到着した。1:30まで、50分程休むことにする。お店のすみっこでDaveが横になる。この時間を利用して防寒対策。足は使い捨てカイロ+ビニール袋で足を包んだ。顔はウールのフェイスマスクをまたかぶった。手袋はウールの手袋とシールスキンズの2枚重ね。そして、使い捨てカイロをその間に入れた。ちょっと出発が遅れ、1:40くらいに走り始めた。

次は22時間コントロール。距離は50km。普通に走れば何てこと無い距離。走り始めてすぐにNedが遅れ始める。そして、前を走っていたDaveが見えなくなっていった・・・。目の調子が悪いDaveは途中分岐のの度に待っていた。Londonに近くなってくると、気温がさらに低くなっていくのが感じられる。手の甲にカイロを入れていたが、指先の感覚がなくなりはじめていた。バイクトレイルの終端がLondon、4:00に到着。Daveとハイタッチそして抱き合って到着を喜んだ。それだけ苦しかったということか。Daveは到着するなり、すぐにコンビニの隅で横になっていた。彼は寝ている間震えが止まらなかった。ここでやめるべきか、というより救急車を呼ぶべきか悩んだ。そして、もう一つ気がかりはNedの遅れ。約20分遅れで到着。何とか完走が見えてきた。でもぎりぎりだと思った。外の気温は-2度。体感気温は-5度くらいだった。

朝5:00、最後の35kmを2時間で走らなければならない。走り出すのに手間取り、10分程遅れで走り始めた。震えながら走り始める。手のカイロを手のひらの方に置いたら暖かくなり始めた。これなら何とかなりそうだった。再びバイクトレイルにのって20km程。Nedが徐々に遅れ始める。そして、10kmくらい走ったところでDaveのペースが下がり始めた。彼の前に出て25km/hをキープする。バイクトレイルの終点に6:00に到着。周りが明るくなり始めていた。Nedを待って、纏まって走り始めた。最後の仕上げ、残り15km程。時間は1時間弱。GPSの表示する到着予定時刻は6:45。15分の余裕。何とか行けそうだが、ノントラブルでの話し、パンク一つで完走は危うい。皆体力も気力も限界、会話もうまく交わせなくなっていた。明るくなってきて、何とかペースが落ち込むのだけは避けられた。そして最後の曲がり角を曲がり6:50くらいに到着。
e0059231_21534574.jpg

JimとMattさんも来ていた。疲れた。そして、無事戻ってこれてよかった。関係した全ての人に感謝です。
e0059231_21535650.jpg

疲れた。主催者のBob,Pattiが朝食を準備してくれた。スクランブルエッグ、フルーツを沢山おいしくいただきました。

Flecheを企画するのは今年で最後にしていいかなと思っていたけど、今回すっきり終われなかった。また次回も走るのかな?!まぁ、それはまた来年考えます。

おまけ画像。何故か靴で遊んでいる猫。主催者宅にて。
e0059231_21555100.jpg

by ntoshiyuki_jp | 2013-04-26 21:49 | ブルベ
明日はFleche
明日はFlecheを走ります。
Flecheって何?と言う人は、こちら(Flecheとは)を見てください。
細かいことは色々あるけど、要は3~5台の自転車(何でこんな書き方するかというと、タンデム自転車を使えば10人のチーム構成とかも可能なので・・・)で構成されたチームが、主催者が決めたゴールまで、自分達で決めたルート(360km以上)を24時間かけて走ります。

日本だとすごい数のエントリーがあるみただけど、今回オハイオでエントリーしたのはうちのチームだけ。今年は、同じ日に開催されるケンタッキーの400kmを走るつもりだったけど、ブルベ始めた時からお世話になっているDavidが走りたいと言い出したので締め切り間際でエントリーしました。これで、Flecheは5回目。Davidはこれで9回目。彼は今年もう一箇所別の所で走ってFleche10回完走を目指しているそうな。

初めて走ったFlcheは2006年。オハイオのコロンバスからケンタッキーのジョージタウンまででした。Davidがルートを作成。途中トルネード警報が出たり、道路の陥没に気付かず転倒してヘルメットだめにしたり、はたまた、倒れていた大木にチームメイトがクラッシュしたりと話題に事欠かなかったFlecheでした。
2006年完走報告

2010年は初めて自分がデザインしたルート。シンシナティからオハイオのコロンバスまで。
結構雨に降られたのと、チームメイトが一人脱落したのが残念だったけど、楽しく走れました。2010年レポート

2011年は前年のルートを基本にさらに平坦な道を選択。
マイミクのMattさんが直前の落車で出走を断念、4人での走行でした。終始追い風基調で、最後の2箇所は早過ぎないように注意するのが大変だった。最大休憩時間の2時間を目一杯使え非常に楽に走れたFlecheでした。2011年のレポート

2012年は、前年のルートを基本に、海外参加者のために、オハイオらしい畑道を前半にアレンジしたルート。結局、ローカルメンバになってしまいましたが・・・。スタート直後にマイミクのMattさんがディレーラーハンガーを折るとうアクシデントで離脱。走行中はずっと軽い向かい風基調でしたが、奇跡的に雨に降られませんでした。2012年のレポート

そして、今年のルートは・・・、
e0059231_0281313.jpg

ループに変更しました。One Wayルートは、公共機関が乏しいこのあたりでは、事前/事後の移動のために、メンバー以外の助けが必要、かつ、計画を立てるのが面倒なんです。これまで、”Flecheは伝統的なOne Wayルートにすべし”と言ってましたが、今年はやめました。
 200km走って、Main Street Cafeでディナー、後半は、コンビニをBike Trailでつないでゴール。平坦コースです。200kmを8~9時間程度で走れる、強い人が2人いるのでなんとかなるでしょう。というか、ならないと車のピックアップとか困ったことになってしまいます。

さて、今年はどんなドラマが待っていることやら。
by ntoshiyuki_jp | 2013-04-20 00:17 | ブルベ
OH200K 2013/04/13
今年2つめのACPブルベ(フランス認定のブルベ)はオハイオで開催された200km。ルートはパーマネントのCup O Joe To Goというルートをブルベ用に修正したものです。2010年とほぼ同じルート。

2010年は寒かったけど風に助けられて8時間台でゴールしました。そして今年は・・・、寒さは問題なかったけど、スタートから140kmくらいずっと向かい風基調でした。

朝5:00に2人をピックアップして、スタート地点へ。車をシェアしてガソリン代セーブです。スタートはWalmartの広大な駐車場の一角。朝6:30くらい、30人以上の人が準備していました。受付を済ませ、Flecheでお世話になるDavidに挨拶。今日は日が出ているうちのライドなので車検なんてありません。ゴールは近くのモーテル。先に車をピックアップして、それからモーテルで最終チェックを受ければよいということ。アバウトです(笑)。
e0059231_1027087.jpg

35人がスタート。いつもながら皆速い。軽い斜め前方からの風の中30km/h以上進んでいきます。前が確認できる位置をずっとキープしてたら、気がつくと後続は見えなくなっていた。インフォーメーションCPは皆ちら見しただけで減速することなくパス(2010年と同じなので答えは知っていました)。44kmのCirclevilleのコントロールは1時間半で到着。アベ30km/hで来た・・・。ちと速すぎ。補給することなく先に進んだけど、何か食べておくべきでした。

Circlevilleを出ると北西に100km走ることになるが、風は西南西、斜め前方からの20mile/hの風、この単位が感覚的に良く分からない。計算すると9m/sくらい。何も遮る物の無い真平らな道。ひたすらペダルを回す。最初は10人くらいいたグループだが、一人、また一人と人数が減っていく。そして自分の番。力尽きました。それでも中間地点のMt Sterlingの手前ではDavidを吸収してコンビニへ。疲れた。ここまで、3時間半はかかっていない。

ここでピザを一切れとトマトジュース。Davidが一緒に行こうと言うので、断る理由も無く待つこと10分。来週Flecheを一緒に走る、Jimも合流して3人で走り始める。DavidもJimも自分より20以上も上ですが、いやぁ元気です。風に悩まされながらも140kmのMechanicsburgに到着。ここではバナナ2本とコーヒー牛乳で補給。主催者のBobも含めて8人くらいで話していたため結構な時間休んでしまった。
e0059231_10272982.jpg

ここからは待望の追い風区間、35km/hで楽に進めるとかるくペダルを回していたら、Davidが40km/h以上にペースアップ。楽できない・・・。後半、Davidがペースを下げてくれて助かった。そしてWalmartの駐車場に到着。コンビニストップが長かった割には9時間10分で到着。まずまずでした。そして、そこから車でモテールに移動。車移動の分もゴールタイムには含まれていました。まぁ、完走には変わりありません。

次は翌週、360km以上を24時間で走るFleche.天気に期待したいです。
by ntoshiyuki_jp | 2013-04-17 10:27 | ブルベ
LBC 300km ブルベ 2013/3/23
 パーマネントは何本か走っていますが、今年最初のブルベ。ケンタッキーのLouisville Bicycle Club主催の300km(200kmは諸般の事情により参加しませんでした)。新しいルートで、スタートのShelbyvilleから東へ150km行って戻ってくるルート。23人が出走したそうです。

いつもよりは長い登りは少ないですが、ずっとアップダウンが続くコースはケンタッキー標準。楽なはずはありません。ヘロヘロにながらも0時前に着こうと後半頑張りましたが、記録上は1分過ぎ。まぁシーズンはじめとしてはまずまずかな。朝夕は冷えましたが、太陽も顔を見せまずまずの天気でした。

今回小さなトラブルが結構あったのでメモを。
 ブリーフィングは遠くにいてよく聞こえなかった。実はコース変更の話をし
 てました。あとで一緒に走っていたMattさんに言われるまで気が付きま
 せんでした。直前までデータを確認するか、話はよく聞いておくべきでした。

 それから最近ずっと悩まされているのが、前輪から時々擦れるような音と
 ともに負荷がかかること。ベアリング回りがあやしい。3年使ったホイール。
 とりあえずショップ行きかな。

 あとは、GPSの地図が表示されなかったこと。前日、SDカードを外したの
 が原因か?使い始めて5年。初めてのトラブルです。ルートに細かく
 Waypoin入れていたので困ることはなかった。ということは、きちんと
 ルートを登録しておけば、地図付きのような高価なGPSは要らない??

 そして、最大の問題は財布忘れだった。一緒にいたMattさんに助けても
 らいました。感謝です。最終走者だったらアウトでした。

それ以外にも今年最初ということで、準備、補給でも忘れていることが多かった。距離はそんなに変わらないのに、勝手にお気楽に走るパーマネントとはやっぱり違うなというのを再確認しました。

次は、オハイオでの104km。主催者にやってとお願いした関係から要参加です。
by ntoshiyuki_jp | 2013-03-25 19:27 | ブルベ