人気ブログランキング |
excitemusic
旧タイトル:風を感じて自転車記Ⅱ センチュリーラン、ブルベを中心に北米での自転車ライフを紹介しています。新テーマGPS活用を追加
by ntoshiyuki_jp
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Notes

人気blogランキングに参加しています。1日1回クリックにご協力を!


メールは"toshi.nemo at outlook.com"までお願いします。
当サイトの注意事項はこちら

最近blog.livedoor.jpから悪質なトラックバックが続いているのでURL拒否しました。そちらを利用している方がいましたら申し訳ありません。

リンク集


 Ohio Randonneurs
 RUSA
 チーム百哩走大王
 Cincinnati Cycle Club
 Blueglass Cycling Club
 ブルベって何だ
 TORITORI Photo Studio
 自転車生活向上委員会
 アメリカを自転車でエンジョイ
検索
カテゴリ
最新の記事
2018 Florida T..
at 2018-12-22 21:50
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-04 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-03 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-02 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-08-01 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-31 00:00
2014 CHC1200 P..
at 2014-07-30 00:00
2014 Fleche メモ
at 2014-04-24 21:57
OH600km
at 2013-06-25 09:05
ドライブトレイン見直し
at 2013-06-05 10:07
以前の記事
ブログパーツ
最新のトラックバック
RM1200 走行記17..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記16..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記15..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記14..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記13..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記12..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記11..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記10..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記9 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
RM1200 走行記8 ..
from 風を感じて(自転車記)Ⅱ
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2018年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2018 Florida Tip and Tail 1600km
久々に投稿しました。
リカンベントで初めてのRMなのでそのメモ書きです。

参加したのはフロリダで開催されたTip and Tail 1600km。MiamikからKey Westまでの200kmも1度は走っておきたいし、獲得標高3500mという超フラットコースという事でリカンベントで走らねばと思った次第です。参加要件はSR。オハイオで200,300,400kmをリカンベントで走りましたが、RAAM (Race Across America) でクルーをしたりと日程的にBRMの600kmが走れませんでした。そのため、Explorer 600 という自分が管理者のPermanentの600kmを走り主催者に相談したところ快諾してもらえ、無事参加にこぎつけました。9月に日本に行ったりしたため、継続的なトレーニングができず直近の1カ月の走行距離は300km程度で不安を残しての参加でした。
距離は1600km。主催者推奨は430+360+330+280+200kmで参加費にホテル4泊分が含まれています。ずっと1部屋を一人で使っていました。制限時間は5日半です。ここまで長いとどう作戦を立てたら良いか分からない。毎日朝出発できるようにというアバウトな計画です。徐々に距離が短くなることから2日目は朝9:00、2日目は8:00、3日目は7:00、4日目は7:00、5日目は6時出発で、日没をKey WestのSouthernmost Pointで迎えたいと漠然と考えました。Natchez Trace 1500kmの時も思ったが、自分には細かい計画を立てて走るのは1200km、4日間が限界です。

参加自転車はCruzbike Vendetta (V20)。Cruzbikeのリカンベントのフラグシップモデルです。V20はシートアングルが20度という意味です。前輪駆動でBBとハンドルが直結しており、腹筋が使え力がかけやすいのですが、半面ペダリングに対してハンドルが振られるためかなり癖の強いリンカンベントです。駆動系はSram Etap+Shimano 50x34 11-32。昨年8月から乗り始め、1年かかってフラットなコースであれば長距離でも大丈夫かなというレベルになってきたという感じです。勘の良い人ならもっと早く慣れるんでしょうね。ボトルはステムに1つ、両サイドに1本づつ積載しました。ライトは最初の2日はMagic Shine+大容量充電電池で乗り切り、後半はCateye Volt 800という作戦です。。霧の中では見づらく苦労しましたが、明るさ、電池の持ちは予定より良かった。補給食は低粘度のジェルを携帯し、それ以外はコンビニ補給で対応しました。荷物は、リアラックとシート下のバッグに入れました。
ここまで10年以上使ってきた、Garmin GPSMAP 60csxが自転車を立てかけ方が悪く、倒れた時にケースを打ってしまい防水機能がゼロになってしまったので、今回のブルべで引退となったのが残念でした。
e0059231_04030600.jpg

スタート地点はフロリダ州の西端のPensacola、ゴールはKey West。One Wayのブルべでまさにスタートからゴールまで1600km離れた所で、家からスタート地点、そしてゴールから家までのアクセスが問題になります。今回は娘がPensacolaからKey Westまで車を運んでくれたので非常に助かりました。これがなかったら、レンタカーでKey WestからPensacolaまで移動したことでしょう。同じ地域から参加したJimは車をPensacolaに置き、ゴール後飛行機でPensacolaに戻るよう手配していました。飛行機輪行がしやすいBike Fridayならではプランです。

スタートの2日前の金曜日、同じ地域のJ氏の自転車も載せて朝7時に車で出発。ケンタッキー、テネシー、アラバマを経由して約12時間のドライブでスタート地点のPensacolaに着きました。J氏は仕事の都合で翌日の飛行機で現地入りし合流予定。スタート地点のPensacolaは時差1時間、イリノイ州と同じ時間帯です。ブルべ中、1日目の夜に被害海岸の時間帯に入る予定です。加えて、スタート直前の深夜1時Daylight Saving time終了。スタート時間は朝4時ですが、実際の体感時間は朝6時で普段の起きる時間とあまり変わらない状態のはず。
e0059231_00503617.jpg
翌日土曜日、朝焼けを見るため少しドライブ、その後、ホテルの朝食を食べ、チェックアウト。ひとまず海を見に行きました。
e0059231_00522947.jpg
ドライブがてら走っていいたら有料道路。迂回するには遠すぎるのでそのまま有料道路を通過して海へ。橋を渡る時に結構な坂があるなというのが第一印象。久々の砂浜。砂は真っ白でした。それから、スタート地点のホテルに移動し、J氏、娘が到着するまで2時間程のサイクリング。予想通り橋は結構昇りがいがありました。
e0059231_01014216.jpg
e0059231_01023063.jpg
J氏、娘と合流した後は、海でしばらく遊んだ後に、車検(主催者がパンクで到着が遅れて予定通りには進まず)、ミーティング。ミーティングが終わったら、3人で夕食。翌日は朝4時スタート、準備を済ませて早めにベッドに入りました。

11/4 朝3時起床。着替えをして、預ける荷物を所定の部屋に運ぶ。ゴールまで運んでほしい荷物を車に入れて、カードにスタンプをもらい主催者が準備してくれた朝食を食べる。スタート15分くらい前に娘に連絡。そうこうしている間に朝4時になり暗い中スタート。

e0059231_01055286.jpg
最初の50kmは真っ平な直線コース。丁度良いスピードのグループについていく。J氏がその少し後を走っていたが信号で離れてしまったようである。グループも徐々に長くなり、自分のいたグループも5~6人になる。明るくなってくると走りやすくなり、向かい風の中ペースが上がる。50kmの左折ポイントで多くの人が休憩を入れる。止まらずにそのまま進んだのが4名程、徐々にうねった地形になり、ペースが合わなくなってくる。80km、最初のコントロール Nicevilleeに7:20に到着。約80kmを3時間半。まずまずのペース。チョコレートミルク・バナナ・ピーチのスライスで補給。10分程の休憩だったがコントロールに残っていたのは2人だった。この二人と2日目まではずっと前後しながら走ることになる。大柄で後ろに入ると全く風が来ない。あたかも熊が小径車に乗っているように見えたので熊さんペアと心の中で呼んでいた。


Nicevilleを出るとしばらくアップダウンが続いた。フロリダ走っている感じが全然しないなぁと思いながら淡々と進んでいく。途中足が攣りそうになりしばらく歩いてしまったのは内緒である。US331に出る手前で参加者と思わしきサイクリストを抜いたが気のせいか?Defuniak SpringsでUS90に乗る。ここからは平坦な道を西に、Tarahasseeの手前まで一本道である。町を出て直ぐに娘が運転する車に抜かれる。直接Tampaに向かったと思っていたが、ここまでコースを走ってきたようだ。
e0059231_01081921.jpg
およそ150km地点のPone de Leonのコントロールに11時に到着。向かい風の影響か、それほど貯金が稼げている訳ではなかった。ここでもおよそ10分の休憩。娘とはここで話をして別れた。
e0059231_01072645.jpg
Pone de Leonからも景色は変わらず。途中Alligator Creekという名前の看板にフロリダらしいなと思いながら先に進んだ。天気予報通りならこのあたりから風は弱まってくるはずだった。キューシートではMariannaの町の中で工事で迂回路の指示があったが工事は終わっていたようだったので、迂回路には入らずにそのまま進んだ。町を抜けて、高速道路の手前がコントロール。当初はレストランに入ってゆっくり食事と思ったが、予定より時間がかかってしまったのでコンビニで休憩・補給した。ここまで約230km、3:40に到着。25分の休憩で出発した。

Mariannaからは先日のハリケーンの復旧工事の区間が続く。道の横には倒れた木々が纏めておかれていた。これが、路肩に出ているため、夜間は注意しないとぶつかってしまう。それと、落ちた電線も路肩に置いたままでこれまた注意が必要だった。コントロールを出てしばらく走ると、熊さんペアと中華ペアの4人に抜かれる。しばらくは一緒に走っていたが、復旧工事の作業区間でのストップ・アンド・ゴーで置いて行かれる。リカンベントにある程度乗れるようになってきたが発進はまだまだ苦手である。そして4時過ぎるとすぐに暗くなり始めた。ちょっと早すぎ。暗くなると、対向車の明かりで路肩に積まれた廃材の山が見えず危険だったがぶつかることなく済ますことができた。Mariannaから次のコントロールまでは約120km。40kmくらいの地点のBlountstownがこの区間唯一の補給可能な所だが、ハリケーンの影響で店は閉まっている。ここではボランティアスタッフが水やスナック類を提供してくれた。さらに80kmあたりの閉まったガソリンスタンドで手持ちの補給食でエネルギーを補給。ここで、前にいた熊さん+中華ペアに追いつく。多分この区間で時間帯は東海岸の時間帯に入ったはずである。ブルべカードは中部時間帯。まぁ、平坦ルートで5.5日の制限時間なので1時間の時間差は気にするほどではないはずである。340kmのCrawfordvilleには夜11時に到着。ガソリンスタンで済ませたかったが、開いていたのはWalmartのみ。大きなお店は時間がかかるが仕方ない。ここで、チキンヌードルスープを食べる。中華ペアはうまいこと店員に頼んでスープを温めてもらったようだが、頼み損ねた。熊さんペアは沢山食料をゲットして食べていた。

Crawfordvilleのコントロールではおよそ30分休憩。今日の宿泊場所のPerryに向かった。Perryまで100kmは無い・・・。まだ100km近くあった。中華ペアと一緒に出たが眠気もありペースがおち一人旅になった。25km走って、開いているガソリンスタンドで中華ペアが休憩していた。食べたくは無かったが、眠気があったので、彼らとは反対側の閉まっているガソリンスタンドの物陰で5分横になった。このあたりから霧雨が振って来て前が見づらい。US98に合流するとPerryまで一本道。65kmくらいだが、なかなか前に進まない。久々のロングライド、しかもナイトラン、疲れていないはずが無い。朝4:30、モーテル到着。約430kmなり。モーテルを行き過ぎてしまったのは内緒である。軽く食べて、部屋へ・・・。2階まで自転車を運ぶ気力は無く、出発しようとしていた人の部屋に入った。部屋に入ると、まずはテールライト類の充電。ヘッドライトは充電が間に合うとは思えないので電池交換。ヘッドライト点灯およそ14時間、200lm程の明るさで電池交換無し。予定通り大容量のバッテリーにして正解だった。シャワーを浴びて、翌日の準備を済ませて就寝。長い1日だった。部屋に蚊がいたのは余計であった。ここまでコントロールのクローズ時間は平均15km/h(普通のブルべと同じ)で計算している。

11/5、朝7:00起床。1時間半くらいは横になれた計算だが、多分睡眠は1時間程度か。走行スピードが遅いので仕方ない。朝食を食べて、7:45スタート。霧雨だが、数時間の辛抱だろう。眠気があるなか、約40km地点のTenilleのガソリンスタンドで休憩。2日目もそれほど気温は上がらない。休憩後、同じ市内に済むJimが抜いていった。彼は小径のBike Fridayで参加している。丁度良いペースメーカーが見つかったのでついていったが、眠気からタイヤを路肩に落としてしまい転倒してしまった。芝生の上で肘を擦った程度ですんだ。ここからしばらく眠気から走っては少し寝ての繰り返しだった。そこうしていることろで、中華ペアが追い付いて来た。彼らと一緒にCross Cityのマクドナルドで休憩。ミルクシェイクで復活。Fanning Springs手前で熊さんペアに追いつく。そして、本日最初のコントロールFanning Springsに午後1:00くらいに到着。95km程走った事になる。ここで熊さんペアとレストランへ。中華ペアはガソリンスタンドで昼寝。ルーベンを頼んだが、パンは殆ど食べられず中身しか食べられなかった。胃がやられているなぁ。

Fanning Springsではレストランに入ったこともあり50分程休憩してしまった。フロリダの海岸線を走りたくて参加したはずだったが、ハリケーンの被害のためルート変更があり、4日目まではずっと内陸、オハイオ走っているのとあまり変わらないなと・・・、集中力が切れかけていた。途中、何でもない直進の交差点で左折してしまったりした。次のコントロールDunnellonの手前で日没となった。夜になって、目が冴えてきた気がする。Dunnellonのコントロールには夕方6:30に到着。走行距離180km。中華ペア、熊さんペアもほぼ一緒に到着。熊さんペアにメキシカンレストランに行こうと誘われたが、時間を浪費したくなかったので断った・・・。断っても全然引き下がらないので、後から行くねと言って別れた。今回のブルべで一番めげるのは、日没まで走っても1日の工程の半分くらい残っていること。日の出から日の入りまではが約11時間。まぁ、仕方のない事ではある。今日のホテルのTavaresまであと180km。30分の休憩の後、中華ペアと一緒に走り始めた。

Dunnellonから次のコントロールTrilbyまで約90km、ほぼバイクトレイルを走る。バイクトレイルまでの路面の色と霧、ライト全部真っ白で道が良く分からない。既に一人旅。慎重に進むも何度か道を間違えつつやっとバイクトレイルに入る。インフォーメーションコントロールのクイズにあったサインは良く分からなかったが、別の答えが書いてある看板を撮影して先に進んだ。途中町らしいところのベンチで横になったりしながら進んだが、一人旅だと結構心細い。Trilbyのコントロールにはボランティアスタッフの人が待機していた。ここではカップ麺で補給。スタッフからは水を分けてもらった。約30分の休憩。中華ペアは途中のお店に寄っていたようで出ようとしていたところで入ってきた。

次はSugerloaf のインフォーメーションコントロール。このルート唯一の山岳(?)区間。約70kmなり。Websterの町で休んでいたところで熊さん+中華ペアに抜かれるが、すぐに追いつき一緒に走ることになった。やっぱり夜間は一人よりは複数で走った方が走りやすい。が、Sugerloaf 手前のアップダウンが始まった所でスピード差がありすぎるため先に行ってもらった。ここですでにエネルギー不足だったと思われる。彼らも道を間違ったりしてSugerloafまではそれほど離れることはなかった。Sugerloafのインフォーメーションコントロールの答えを写真撮影してTaravesに向かった。ここからはほぼフラットなはずだったが、全然足が回らない。ホテルまであと数百メートルという所で道を間違える。キューシートのコメント通り最後、道路の左側の歩道を走ったが、間違いだった。歩道まで出ている草を気にしていたら、右側のコンクリートの壁にペダルを当ててしまい右ひざをコンクリートの壁で擦ってしまった。チェーンリングが破損しなかったのは幸運だった。そして、明るくなり始めた朝6時Taravesのコントロールに到着。本日の走行距離約360kmなり。コントロールのクローズ時間は600kmまでは15km/h、それ以降は13.3kmで計算しているようである。

Taravesのコントロールのボランティアスタッフはオハイオでブルべを走っていたポール。彼と多少話をするも披露困憊であまり良い受け答えが出来ていなかったと思う。食べて、部屋に行って、充電をセットして寝る。2日目にしてルーティン化してきた。ヘッドライトはMoonshineの電池をほぼ使い切ったのでVolt 800に切り替えた。朝8時過ぎに起床。1.5時間は寝たと思う。朝食を食べて8:40に走り始めた。

Travaresのホテルを出ると、最初にLake Doraの湖畔を走る。気温も朝から20度を超えやっとフロリダを走っている感じがしてきた。ApokaからOrange Trailに入るが、途中通行止め。イベントの準備のための封鎖と思われる。数ブロック、トレイルをパスする。キューシートだけで走っている人はどうしたんだろうか?結構曲がりくねった町の中を通っていくトレイルで気が抜けない。今日最初のコントロールはSubway併設のガソリンスタンド。12:30に到着。ここでサンドイッチを食べる。主催者のJohnがいて写真を撮ってくれた。約70kmなり。

25分の休憩で再びトレイルに戻った。ここからしばらくアップダウンが続く。途中、ボトルを落としてしまい、芝生に自転車を置いて、ボトルを拾い走り始めたら足首に刺すような痛み。十数匹の蟻が足に登って来ていた。ルート上、道路わきに芝生がずっとあるが、蟻の巣が多く、あまり寝られる場所は無かったのは事実である。湖畔に天井に扇風機付きの休憩所があり、そこで5分だけ横になった。

トレイルから一度一般道に戻り、民家の少ない道を行くと、舗装路が切れるところが今日2つ目のトレイルの入り口。ここから40kmくらいの距離である。トレイルの前半は人気が少なく、誰が使うのか疑問に思うようなトレイルだった。休憩したところに亀がいたので撮影。眠気防止にiPhoneで音楽をかける。リカンベントではリアのバッグに頭が近く、iPhoneのスピーカーでも十分聞こえる。トレイルの終端Auburndaleで日没。ここまでおよそ160km、本日の半分の工程である。

Auburndaleのコンビニで休憩のち、はしりはじめるが、盛大にミスコース。注意しなければ。さらに左折個所を間違いミスコース。中央分離帯有の交通量が多く戻るのが難しかった。そして、今日走り始めて180km、トータルで970km、Bartowのコントロールに7:15に着いた。実は、トレイルを出て直ぐにAvon Parkのコントロールと間違って記憶して、ちょっと焦った。約25分の休憩。その間、ボランティアスタッフが来て、すぐ後ろに数名いること、J氏が車に足をぶつけたことなど話してくれた。J氏は大丈夫だろうか?

Bartowのコントロールを出るとすぐに1名追い付いて来た。ちょっと追いつかれるのが早い気がした。話していると、彼はコントロールを飛ばしてしまったみたいで、6kmくらいの距離を戻っていった。ナイトランはどこで走っても変わらない。ただ、フロリダでは夜間も寒くないのは良い。Avon Parkのコントロールには10:40に到着。本日の走行距離240km。トータルでも1000kmを超えた。600km以降1000kmまではクローズタイムは13.3kmで計算されていたようだが、これ以降ゴールまでは10km/hで計算されているようである。主催者の推奨プランに従って走る分には全然関係ない時間ではある。このコントロールではカップ麺を食べる。買い物の途中でシアトルから参加しているベテランのビンセントが来た。25分くらい休憩して、彼にはまた会おうと挨拶して先に出た。

コントロールを出て直ぐに後続の1名とすれ違った。先ほどコントロールをミスした彼だった。ここから今日のホテルのOkeechobeeまで100km弱である。この区間で苦しむとは思わなかった。町を出てUS98に入るまでは大きな問題は無かったが、ここから眠気との闘い。前に同じような所を走ったような気がしていたがどの場面に記憶を重ねているのか思い出せない。それとも眠気から幻影をみているのか?まぁこの2日間トータル3時間くらいしか寝てないのだから仕方がない。ガムを噛んだりしても眠気が消えない。ビンセント、さらに後続の1人に抜かれてから、体を起こして30秒ダッシュをすれば眠気をある程度緩和することができることが分かった。リカンベントで体を起こして走るのは、普通の自転車ではたち漕ぎするようなもの、体力勝負である。町にはいってからもなかなかコントロールに到着しない。後から確認すると町に入ったと思った所から10kmくらいあったのだから遠いはずである。苦労したが、朝5時、Okeechobeeに到着した。トータル1125km。グラブを外そうとふと手に目をやると大きなまめがいくつもできていた。30秒ダッシュを繰り返した予想外の代償だった。朝8時前に起床。2時間ちょっと寝られたはずである。朝食を食べてFlorida Cityに向かった。

8:30に出発、まずは湖畔のトレイルを目指す。朝から暑い。トレイル入口のランドマークは良く分からなかったが普通にトレイルに入ることができた。Lake Okeechobeeは対岸が見えない、海の様であった。ワニはいないのかと気にしながらトレイルを走るが見かけることは無かった。途中にあるゲートの注意書きがあったが確かにスピードを落とす必要があった。今日最初のコントロールCanal Pointには11:30に到着。ここまで50kmに対して3時間。気温が上がったこと、緩い向かい風もありペースが落ちているのを体感している。20分の休憩。

ここからはマイアミを目指して走ることになる。市街地に入るまで、映画にあるような川沿いのような道まっすぐ進んでいく動物の死骸に目をやると緑が買ったちょっと手足の短い・・・、これってワニ?!いくつも目にするが生きたもの見ていない。朝から走り始めて100kmくらいで交通量の多い市街地へと入っていく。約115km地点のコンビニで休憩を入れる。暑いが驚くほど水を摂取していない。大丈夫なのか自分?コンビニを出るとLyons Rdで30km真直ぐ南下する。この道路に夕方4時。夕方のラッシュの時間帯に入り始めていた。交通量が多く走りづらいとかかなり渋滞を作ってしまったと思う。Parklandのコントロールまで数キロという所で日没。今日もほぼ半分の工程を残して日没になってしまった。Parklandのコントロールには夕方6時到着。25分の休憩で先に進んだ。

Paklandのコントロール後のCoral Ridge Drの約10kmの直線も車が多くて辟易した。何故か知らないが、左のレーンが空いているのに自転車の後ろについてクラクションを鳴らす車が結構いたのには驚いた。このあたりはできればもう走りたくないと思った。Coral Ridge Drから離れると車も少なく、抜いていく車もスムーズに抜いていってくれて安心して走ることができた。そしてバイクトレイル。予想通り、大きな通りを横切るところが走りづらかった。それと、大きな黒いものが見えたと思ったら3人ほど乗馬している人たちがいた。せめて明かりは点けてほしいと思った。US27に入ると高速道路の様な道で路肩も広く走りやすかった。200km地点のWestonのコントロールには9:45に着いた。カップ麺を食べて15分ほど休憩。

Westonのコントロールを出ると、同じようにUS27の路肩の広い道を南下。途中でUS27からSR997に分かれ、同じような路肩の広い道をさらに南下、240km地点のMiamiには深夜0時到着。15分程の休憩で、40km先の今日の目的地Florida Cityを目指した。Miamiのコントロールを出るとしばらくは新設されたバイクトレイル。快適な道である。トレイルの終端で道路を渡り、トレイルが続いているようで従ったが数メートルで終わり。一般道に戻った。ここから5km程が路肩が無く、高速で車が抜いていきちょっと危ない区間であった。SR997から離れると全く車の通らない道。走りやすい。が、5km程走ったところで雨が降ってきた。iPhoneを袋に入れている間に土砂降り、頭からつま先まで一瞬でずぶぬれになってしまった。寒くならないようにレインジャケットを着こみ走り出すも、前が見えない。唯一救いはフロリダは道路の陥没が皆無な事。センターラインを頼りによろよろ進む。もうFlorida Cityに入ったのだからもうすぐと思っていたが、予想以上に広い。結局1時間くらい雨の中走ってやっとモーテルに着いた。夜2:40くらいになっていた。これでシャワーを浴びて寝られると思ったが、スタッフの部屋が分からない。明かりがついている部屋も、鍵を開けてある部屋も見当たらない。30分くらいモーテルの中をうろうろしても見つからない。濡れた手で主催者にやっと電話できたと思ったが出ない。入口の受付のホテルのスタッフが部屋番号を教えてくれた。が、部屋はロックされていた・・・。ちょっと切れかけていた。やっとドアが開いたと思ったら、食べ物無いし・・・。話をすると悪態をつきそうなので、車の中から食べられそうなチキンを適当にアルミに包んで、ゲーターレードをもらってさっさと部屋に入った。しかも2階。リカンベントを持ち上げるのに苦労した。とにかく濡れたものを脱いで、シャワーを浴びて寝た。明日、最終日は200kmナイトランは殆ど無いはず、単4電池のテールライト、Volt 800の充電済電池1つあれば十分だと思った。実際には、もしもの事を考えて、充電はしておくべきだと翌日反省することになる。ホテルについてから30分以上無駄な時間を使ったことで通常の判断ができなくなっていた。

6:30起床、十分とは言えないが3時間以上眠れた。準備をして、荷物を預けに行くとまた部屋に鍵がかかっていた。頼っていられないので勝手にトラックに荷物を入れ、ホテルの朝食を食べ、水をボトルに満たして、7:45に出発した。今日は最終日、追い風基調の200km余裕で日没前にゴールできるだろうと思ってた・・・。

ホテルを出たところでDNFしたが、最後の200kmを走ることにしたJ氏が丁度走り始めた所だったので一緒に行くことにした。20分も走らないところで、今回初のパンク。ついていない。走行距離は1400kmを超えていた。リカンベントは体を手で支えないので手を圧迫することはないが、今乗っているCruzbikeはペダリングの反動を手で押さえるため別な力が手にかかる。加えて手にできたまめをかばっていたため、指先に力が入らない、そのためJ氏がチューブ交換を助けてくれた。感謝。20kmほど走ると待望の海が見えてきた。1400km以上走ってやっと海!
e0059231_01215354.jpg
50km弱のKey Largoのマクドナルドに入って休憩。ゴールのクローズ時間は明日の夕方5時。事故さえなければ完走は間違いない。ここまでで、J氏の方が足に余裕があり、自分のペースに合わせると眠くなると思い、前を走ってもらった。

大きな伊勢海老のオブジェと思ったが、そんなことは無くロブスターのオブジェだった。
e0059231_01232889.jpg
翌日、帰るときにここでランチを食べようと思ったが残念ながら休みだった。60km地点のTavaniraのSubwayで眠気から50分ほど休憩。なかなか前に進まない。Florida Cityのコントロールでのいらいらに加えてゴールまであと150kmも無いことから集中力が切れていた。80km地点で今度はJ氏がパンク。そして、今日の半分の工程のところで昼食休憩。のんびりしたレストランで入ってから出るまでに1時間以上かかってしまった。セブンマイルブリッジ手前、120km地点のMarathonでまたまた休憩。なんと、135km地点のセブンマイルブリッジの頂上で日没を見ることになった。これはこれで良かった。が、時間かかりすぎ。

150kmを超えたところで最後の補給。夜9時近くにKey Westの島に入った。ここで先行していたJ氏が待っていてくれた。ありがたい。9:20にSouthernmost pointに到着。娘が待っていてくれた。ここで記念撮影。
e0059231_01091688.jpg
そして、Southwindsのモーテルでゴール・・・。誰もいない・・・。感動的なゴールを期待していたがこんなものかと。主催者に電話。でないし・・・。やっと連絡がとれてしばらくして主催者のジョンが現れ、カードにサインをして渡した。ともあれ無事完走!
e0059231_01100774.jpg
宿泊先で、シャワーを浴びて、待望のビール。2本で十分でした。翌朝、日の出を見にSouthernmost Pointまで行ったが見ることができなかった。戻って荷物を片付け10時くらいには皆でKey Westを後にした。セブンマイルブリッジが見える所で休憩したりしながら昨日走った道を戻った。昼食は昨日見た巨大ロブスターのお店だったが休み。その代わりに近くの海老が食べられるお店に行った。ここはあたりだった。カクテルシュリンプのソースが美味しかった。その後、Fort Lauderdaleの空港で娘を降ろして、ラーメン+おにぎりで夕食。Daytona Beachで宿泊した。翌日はアトランタで回る寿司、そして深夜0時近くに帰宅した。

まだ結果が確定していないので正確な数字は分からないか手元データでは下記の通りである。
 走行距離 1620km
 獲得標高 2443m
 総合時間 112時間30分
 実走行時間 84時間6分(移動平均19.3km)
気温は前半は15度~25度、後半は20度~30度前後で走りやすかった。フロリダの大きさを堪能できた。


by ntoshiyuki_jp | 2018-12-22 21:50 | ブルベ